※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


放課後の屋上、僕のお気に入りの場所だ。この時間、晴れた日なら綺麗な夕日を見ることができる。
最近では、帰る前にほぼ毎日ここに寄るようになった。人がいることも滅多にないし、ぼーっとしたい時や考え事をするには最適だから。

いつものようにそこに行くと、彼女を見つけた。

「真紅姉ちゃん」

僕の声を聞いて彼女は振り向く。その目には涙がたまっているように見えた。

「……泣いてたの?」
「ジュン? な、泣いてなんかいないのだわ」
「そんな目をしてるよ」
「馬鹿ね、夕日のせいよ」

そういって笑顔を見せる。でも付き合いの長い僕にはわかってしまう、それがつくりものの笑顔だって。

真紅姉ちゃんは僕より一つ年上の高校三年生だ。お互いの家は目と鼻の先で、小学生になる前の本当に小さなころから仲がよかった。
気が強くてわがままで、たまに優しい。
いつのころからだろう。僕は幼なじみとしてではなく、ひとりの女の子として真紅姉ちゃんを見るようになった。


必死に勉強して同じ高校に入ったのに、話し掛けるのが気恥ずかしい、そんな感じで昔より二人の距離は遠くなっていった。

今日、真紅姉ちゃんに会ったのもずいぶん久しぶりだ。彼女は昔と変わっていない。
自分の弱いところを他人には見せたがらない。それは僕に対しても同じだ。
以前と変わらないそんな姿が少し嬉しくて、少し悲しい。

二人の距離を前とは違う形で縮めたくて、僕はいつもより少しだけ勇気をふりしぼる。

「泣いたっていいじゃないか」
「え?」
「別に恥ずかしいことじゃないだろ。泣くだけの理由があるんだから。
何か悩んでるなら僕は……真紅姉ちゃんの力になりたい」
「ジュン……ありがとう、嬉しいわ」

髪をかきあげ、微笑みながら真紅姉ちゃんは言った。

「言いたくないことなら無理に言わなくてもいい。それなら気が済むまで泣けばいいんだ。
泣きやむまで僕がそばにいるよ」
「……」


真紅姉ちゃんは夕日を見ながら泣いた。僕のほうは見ない。
ただ、僕の左手を小さな右手でつかみ、ほとんど声もあげずに泣いている。僕はそれを横目で見ていた。
くちびるをかみしめ、夕日を睨むように涙を流す姿はとても綺麗で、かっこいいとすら思ってしまう。



「手、大きくなったのね」
「え?」
「前につないだ時は私のほうが大きかったわ」
「……何年前の話だよ」

真紅姉ちゃんの目にはもう涙は見えなかった。

「気がすんだ?」
「ええ、もう大丈夫」
「よかった。じゃあまたいつもどおり小さな胸をはればいいよ」
「ちょっと! 小さなは余計よ!」
「ごめんごめん、冗談だよ」
「まったく。ジュンは大きくなったら可愛いげがなくなったのだわ。
小さなころは真紅ねえちゃん大好き~なんて言ってくれていたのに」
「そ、そんな昔のこと出さなくてもいいだろ!」
「あら? 顔が赤いわよ」


そう言って真紅姉ちゃんは笑った。今度の笑顔は、昔毎日のように見ていた本物の笑顔だった。
そう、僕はこの笑顔を見ていたいんだ。そのためなら下手な冗談だって言える。



「泣いたらおなかがすいてしまったわ」
「それなら帰りに甘いものでも食べにいこう」
「ええ、いいわ。もちろんジュンのおごりよね?」
「……真紅姉ちゃん年下におごらせる気?」
「年なんて関係ないわ、誘ったほうがおごるのが礼儀でしょう?」
「なんか納得できない」
「さ、行くわよ」

彼女は僕の手をひいて歩きはじめる。
手をつないで歩くのは小さなころに何度もあったことだ。やっていることは変わらないのに、僕の心の中は昔とはちがっている。
いつか、この小さな手の持ち主を守ってあげられる存在になりたい、そんな気持ちで一杯だった。。

「それにしても驚いたわ」
「なにが?」
「あなたのことよ。女の子にあんな言葉をかけてあげられるなんて……少しだけ、かっこよかったのだわ」
「真紅姉ちゃん……」
「ほ、ほら! はやくしないとおいていくわよ!」

今日、僕たちの距離は再び近づいた気がする。
前とは違う形で。

fin


|