※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『翠xJの初デート』

(待ち合わせ場所にて)
翠「き…今日はチビ人間と初めてのデートです…。緊張するです…」
J「お~い!翠星石」
翠「あ!やっと来やがったですかチビ人間!女の子を待たせるなんてダメダメな奴です!」
J「待たせるって…まだ約束の30分前だぞ?」
翠「ギクッ!わ…私はここで30分も待ってたです!」
J「一時間も前に来るなよ………まぁいいや。じゃあ、行くか?」
翠「そうするです!まずは映画です!」

(並んで歩く二人)
翠(ふっふっふ~♪この日のために水銀燈が映画のチケット用意してくれたです!ジャンルは無難な恋愛もの!抜かりはないですよぉ!)
J「…石。翠星石!」
翠「え?ああ、JUM。何なんです?」
J「あ、いや、その……映画館ってここじゃないか?」
翠「ええと……そうです。ここの3階で間違いありませんです!」
J「よし、じゃあ時間までまだ余裕あるし、ロビーでゆっくりしてるか?その……なんか飲み物でも奢るからさ」
翠「そ…そうするです!」

(映画終了)
翠「……////」
J「……////」
あのあとJUMは結局何もしなかったのであった
J「そのーなんていうかー………ごめんな」
翠「あっ?いや…べつに気にしてねーです!」
J「…あまりに翠星石が可愛いかったから…」
翠「もう済んだことです!ほら、さっさと次いくです!」
J「う…うん…」
翠(さっきのキス…びっくりしたけど実はうれしかったです//////)

翠「さて、もうこんな時間だし何か食べに行くです」
J「ああ、もう1時だな。じゃあ…ファミレスでも行くか?」
翠「そうするです!」

(某ファミレスにて)
J「さ、好きなもの頼めよ。奢るから」
翠「う~~~ん…悩むです…」
J「俺はこのはなまるハンバーグのようなものにするけど、翠星石はどうする?」
翠「あ、だったら私も同じのがいいです!」
J「よし、決まりだな。すいませ~ん…」

(昼食後)
翠「ふぅ…なかなか美味かったです」
J「だな。…さて、つぎはどうする?行きたいところあるか?」
翠「そうですねぇ~。ゲームセンターいくです!」
J「おっ!いいな。じゃあ早速行くか?」

(ゲームセンターにて)
翠「あー!あのUFOキャッチャー見るです!」
J「ん?ああ、くんくんのぬいぐるみだな………ほしいのか?」
翠「べ…べつに私はどうでもいいです!JUMがどうしてもとりたいなら取るといいです!」
J「まったく…素直じゃないな。…わかったよ。取ってやるから待ってな」
翠「取れたら貰ってやるから感謝しろです////」

すっかり外は暗くなった。
JUMは結局くんくんのぬいぐるみを取ることが出来なかった。
それどころか間違えて●まネコのぬいぐるみを取る始末。
翠星石はなんだかんだ言って、結局の●ネコのぬいぐるみを貰っていた
翠「まったく…仕方ないですね~。だからお前はチビ人間なんです!」
J「はいはい…わるかったよ…」
翠「でも…まぁ、今日は楽しかったから許すです。」
J「そりゃどうも。僕も楽しかったよ」
翠「JUM…」
J「翠星石…」
そして二人は短いキスを交わした…

短いキスの後、JUMはきびすを返し、帰ろうとした
J「じゃあ…また明日会おうな」
翠「…ぁ……ちょっと待つです!」
翠星石は突然声を上げ、JUMの腕を掴んだ。
J「す…翠星石…?」
翠「じ…実は…今夜は……家に誰もいないです……」
J「えっ?」
翠「お前が来たければ…来ればいいです……」
J「それって…」
翠「…ああもう…!…さっさと来いです!」

(翠星石の家)
翠「ただいま~です」
J「おじゃましま…す~」
翠「こっちです。私の部屋です」
J「あっ……ああ…」
翠(家に男が入ってきたのはこれが初めてです…/////)
J(女の子の部屋にはいるなんて…人生初だ…////)
(ガチャ)
翠「ここです」
J「へぇ~なかなかいい部屋だな」
翠「おだてても何も出ないです////」
J「そ…そうか…」
翠「…」
J「…」
お互いを必要以上に意識してしまい、二人は黙り込んでしまった

翠「ジ…JUM!」
J「あへっ!?なんだ?」
翠「な~に動揺してるですか!」
J「いや、そのーだって…」
翠「女の子が異性を自分の部屋に招き入れたですよ!………どういうことか……察しろです……/////」
J「やっぱり…そうなのか…」
翠「そうなんです!」
J「ホントに……いいんだな?」
翠「…////(コクッ)」
J「…よし、わかった。僕は翠星石のことを抱く」
翠「…////(コクッ)」

シュルルル…シュルル…
翠星石は身に纏った服を自らの手で脱ぎ捨てていく
そして…ついには一糸纏わぬ姿になった
JUMは手早く服を脱ぎ捨てて、ベッドに陣取っていた
J「翠星石…すごく綺麗だ…」
翠「嬉しい…です…」
J「じゃあ…こっちに…」
翠「はいです…」

甘美な時間はすぐに過ぎるもの…

ことを済ませ、二人は寄り添うようにベッドに入っていた
翠星石はJUMの腕枕で幸せそうだ
翠「ねぇ…JUM…」
J「どうした?」
翠「ありがと♪です」
J「?どうした?」
翠「私の初めて……一番好きな相手にあげられたです♪」
J「翠星石…」
翠「もう…ぜったい離さないです!」
(ムギュー!)
JUMに抱きつく翠星石
J「ちょっと…苦しい苦しい…」
翠「うふふふ~~♪」
(スリスリスリ…)
翠星石は離れるどころかJUMにほっぺたをすりつけてくる
翠(この幸せが…いつまでも続きますように…です)
ふと窓の外に目をやったら流れ星を見つけた翠星石は、そんなことを思った


おしまい

|