※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


翠星石は一人、夕暮れに照らされた道を歩く。
翠「これからどうしようです・・・。」
 落ち着いたものの、気分は落ち込んだままだった。
翠「ジュンのせいです・・・ジュンの馬鹿・・・。」
 西の空には、黒い雲が浮かんでいた。

ジュンの部屋
 ジュンはベッドの中で後悔していた。

   翠星石は君のことが、好きなんだ。―――

ジ「そんなわけが・・・。」
 ジュンにとって、人生で始めてのほろ苦い恋の味。

  お前らなんか大嫌いだ!皆この家から出てけ!――― 

ジ「僕は、翠星石にひどいことを・・・何も、あいつのことを何も知らないで。・・・」
 ジュンは自分が惨めになった。
 今まで、怪我をしても心配するのは、のりぐらいしかいなかった。
 赤の他人なのに、涙を流して心配してくれた人を、自分が泣かせた。


ジ「帰ってきたら・・・謝るか・・・。」
 もう一度寝ようとしたところで、水銀燈と、雪華結晶が起きた。
銀「ふぁぁ~、よぉく寝たわぁ~。」
 あくびをしながらむくっと起き上がる。
雪「あら?私はいつの間に・・・。」
 目をこすりながら、こちらもむくっと起き上がる。
ジ「起きたら、早く出てってくれ。」
 自分では分かっているのに、口からは冷たい言葉しか出てこない。
銀「あ・・・、ごめんね、ジュン・・・。」
 水銀燈は、早足で部屋を出て行った。
 雪華結晶は、ジュンのベッドにもたれかかる。
ジ「何だよ、お前も早く出てけよ。」(僕の馬鹿野郎・・・!)
 気づいたジュンは、布団の中から雪華結晶に言葉を投げかける。
しかし、雪華結晶は動かない。


ジ「だから、早く」
雪「出て行きませんわ。」
 雪華結晶の突然の言葉に、ジュンの発言は妨げられる。
ジ「何でだよ、ここは僕の部屋だぞ・・・。」
雪「ジュン様のお側にずっといる。そう誓いましたから。」
 誓いなど、ジュンが知っているわけもなく、
ジ「はあ?そんなの僕は知らないぞ。」
 予想通りの言葉。
雪「ジュン様が寝ている間に誓いましたわ。」
ジ「勝手に誓うな・・・。」
 単なる言い合い。しかし雪華結晶にとっては、とても楽しい。
 雪華結晶は笑っていた。
 
両者が黙り込み5分程たった頃、雪華結晶が口を開ける。
雪「あの・・・ジュン様?」
ジ「何だよ・・・。」
 ジュンの言葉は落ち着いていた。
雪「ベッドに腰掛けてよろしいですか?」
ジ「勝手にしろ・・・。」

   ずっと一緒にいます。ずっと―――


雪華結晶はベッドに腰掛けると、ジュンに言った。
ジ「ジュン様は、本当はお優しいお方です。ですから、もう少し、
もう少し素直になれませんか?」
ジュンからの返事はない。
 雪華結晶は立ち上がり、ジュンの部屋を後にした。微笑みながら。

  ジュン様。ありがとう―――

 雪華結晶には分かっていた。自分の言った事を、ジュンが理解していることを。
 部屋のドアをゆっくりと閉め、雪華結晶は出て行った。
ジ「なるよ。もう少し素直に・・・。」
 雪華結晶が部屋を出て行った後、ジュンは小声で返事をした。微笑みながら。
 それは、ここ一年ほどなかった、ジュンの本当の気持ちだった。

|