※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆は言い渡された仕事をきっちりとやっている。新鮮な光景だ。
今まで家には二人しかいなかった。殺風景な誰も居ない部屋、
二人で静かにご飯を食べたリビング、決して開けることの無かった玄関、
しかしコイツラが来てから家のものすべてが新鮮に感じる。
そう感じているところへ真紅が水をさした。
真「何をしているの?さっさと手伝いに来なさい。」
ジ「もう、わかったよ。」
少しむっとしながら玄関に足を運ぶ。
そこで待っていた真紅が少し不満そうな顔で、
真「使えない家来ね。」
いきなりこれだ。こいつらの傲慢さにはあきれてくる。どんな生活してたんだよ。
ジ「何で僕が家来なんだよ!」
僕は迷わず反論した
真「あら、当然よ。それに名前だって聞いてないわ。」
ジ「あ、そうか。」
真紅にしては納得いく言い訳だった。


真「それじゃあ、改めて自己紹介。私は真紅。誇り高き薔薇乙女七姉妹の五女よ。」
僕は自己紹介の言葉の中に奇妙な違和感を感じた。
ジ「あれ、おまえ五番目だったんだ。」
こいつなら次女あたりだと思ってたんだけどな・・・
真「五番目とは失礼ね。それに、薔薇姉妹に年齢なんか関係ないわ。」
ジ「じゃあ順番が分からないから全員分言ってくれよ。」
真紅は明らかに嫌そうな顔をしながら、
真「いやよ、めんどくさい。知りたいなら自分で他のみんなに聞きなさい。それと、ガラスの掃除をしておきなさい。」
ジ「はあ?何で僕が。」
明らかにむちゃくちゃだ
真「当たり前よ。私のげ・・・」
僕は背中に悪寒を感じた。振り返ってみると、蒼星石がこちらを見ていた。
蒼「真紅、サボっちゃだめだよ?」
真「も、もちろん私がサボるわけ無いわ。」
真紅はたじろいでいた。
「そう。良かった。」
そういって蒼星石は引っ込んだ。僕は感じとった。今のあいつは鬼だと。
|