※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は桜田ジュン、十七歳だ。
中学受験の時と同じように高校受験にも落ちて、引きこもってるヒッキーだ。
のりは部活や友達やなんやかんやで家に帰ってくるのは遅いので、
基本的には一人という僕にとっては最高のシュチュエーションだ。
毎日やっているネット通販での遊びは僕の、僕の一番の楽しみで、
毎日、毎日それで充実した日常生活を味わっていた。
あいつらが、あいつらが押しかけてくるまでは・・・


ある日のことだった。
ブウン、ウンウウウウゥン、キキー。珍しく家の側に車が止まったらしい。それも数台。
「あっちょっとお客さん、お客さん!」
運転手の声が聞こえる。タクシーか。
「うるさい下僕ね、少し黙っていなさい。」
「そうですぅ。すこしだまりやがれですぅ。」
女性のものらしい高い声も2種類聞こえる。・・・・え?マジかよ
この家に女性が?ハウスキーパーでも来たのか?のりの友達か?
「やっと着いたわぁ。車の中狭いし揺れるし、とっても苦しかったわぁ。」
気品に満ち溢れた声が聞こえる。3人目もいたのか。・・・さんにん?
「そうなのかしらー。水銀燈の羽、とっても邪魔だったのかしらー。」
子供っぽい声もする。4人目だ。・・・よにん?
「黙りなさぁい、金糸雀。さもないとあなたをボコボコにしちゃうわよぅ?」
「そ、それだけはやめてなのかしらー!」
新たな声がまた聞こえてくる
「水銀燈、そのへんにしなよ。」
少しボーイッシュな声。いや、今のところの唯一の男か?・・・ごにん?
「雛疲れたのー。」
子供の幼そうな声。子供?家族連れか?・・・・・ろくにん?
「お腹、減った。」
かすれた小さな声。聞き逃してしまいそうになった。
ここで僕は思考をめぐらせる。何故だ、何故よりによってうちに来る?
見た限り、この家が目標のようだ。
「いくわよ・・・。」
はじめに聞こえた声。少し緊迫した感じだった。
『ピンポーン』、無視。『ピンポーン』無視。『ピンポーン、ピンポーン』
ひたすら無視する。


無視だ無私だ無視だ。僕の直感がそういっている。否、そうさせている。
「・・・・・」
呼び鈴攻撃も止んだらしく、留守ならおとなしく帰るだろうと安堵する。しかし、
『ダンダンダン!!!!』
何ィー!ドアまで侵攻してきたのか!しかし僕の要塞の門はそんな攻撃では開かない。
『ダンダンダンダン!!!!!!』さらに強くなる、まだまだ。
『ドンドンドンドンドドドンドン』ドンまでいったか。なかなかやるな。
「いるのでしょう!開けなさい!出てきなさい!」
少々ヒスっぽい声がする。ふっそんな口撃でみすみす出て行く僕じゃないぜ。
『ドンドンドンドっパリンン!!!!』
ん?僕は青ざめた。まさか、まさか、やりやがったな、やったな
割れたな、あの音は・・・
「これ以上割られてたまるか!」
すぐに椅子から立ち、部屋を出て、階段を降り、玄関へまっしぐら。
新記録だ!おそらく人生中最速であろう。

「人の家のドアに何やってんだよ!」
そこには赤いドレスを着た少女が立っていた。
「あら、いるんじゃない。最初から素直に出てきてくればよかったのよ。」
銀髪の娘が「そうよねぇ。」
黄色の服を着た幼女が「そうなのかしらー!」
緑のドレスとオッドアイも「そおですぅ。その無視虫がすべてわるいですぅ。」
青い服のオッドアイが「どっちもどっちだと僕は思うけど・・・」
ピンクの服着た幼女も「みんなにさんせーなの!」
薄紫の服着た眼帯少女も「そいつが、悪い・・・。」
そんな反論は聞き流し、
「割ったのはお前だろ!割れるほど強く叩くんじゃない!」
「原因は?」
タクシー運転手含め、その場の全員の視線が僕に注がれる。
「ほら、やっぱりあなたじゃない。」
「納得いかねー!!!!!」

|