※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


蒼「JUM君!大変な事に気付いた!」
J「今回で何回目だ・・・で、どうした?」
蒼「ポンキッキーの夏の決心って歌声フリーザなんだよね」
J「そうだが?」
蒼「つまりさ、爽やかな笑顔と汗を振りまき歌うフリーザ!」
J「・・・マックシェイク飲むか、間接キスになるけど?」
蒼「うん。むしろ口移しで」
J「了解」









蒼「僕がバカルディ好きだってこと…皆には内緒だよ…」

翠「…………」







蒼「はぁ・・・・・・誰もいない・・・寂しいよ・・・うぅ・・・・・・JUM君・・・JUM君っ!・・・んっ」
J「呼んだか?蒼星石」
蒼「ひゃぁぁぁうぅ!じ、JUM君、どうしてここに!?学校はっ?」
J「早退してきた。蒼星石が心配でな」
蒼「JUM君・・・うれしいっ」ぎゅっ
J「・・・それにしても」さわっ
蒼「あっ、ぅ、JUM君、どこさわってるの!?んぁっ」
J「こんなにしちゃって・・・いけない子だなぁ」
蒼「うっ・・・だって、寂しかったからっ・・・」
J「ふふ・・・たっぷりお仕置きしなきゃな」
蒼「ぁあっ・・・んっ・・・だ、ダメだよっ、い、いじっちゃぁっ・・・あぅっ」
 ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  。0
蒼「ふふふ・・・・」
J「(見舞いに来たのはいいが・・・寝てるみたいだし・・・不気味な笑いだな・・・)」
蒼「・・・・・JUM君」
J「うおっ、起きてたのか」
蒼「・・・夢は叶える為にあると思わないかい?」
J「へ?」
蒼「僕は、叶えたいっ!」
J「ちょっ何をすr・・・っやめっ・・・アッー」









J「ここはどうかな?蒼星石」
蒼「あぅ・・・・そこはだめだよJUM君」
J「蒼星石はホントにここ弱いよな」
蒼「だって・・・・・・」
J「とうっ!」
蒼「うわぁ!ダ・・・・メ・・・・イキナリ・・・激しい」
J「よし・・・・次はコイツを使うか・・・・・」
蒼「駄目だよJUM君!そんなの卑怯だよ!・・・・そんなの使われたらぼ・・・僕・・・」
J「よっ!はっ!」
蒼「ダメッ・・・痛っ・・・・JUM君・・・んっ・・・同じ所ばかり攻めるの・・・・やめて・・・よぅ」
J「まだまだこんなんじゃ満足しねぇぜ~」
翠「おおおおおおお前たち何やってるですか!!」
J「何って・・・・・KOFだよな?」
蒼「もう!JUM君裏イオリばっか使うんだもん!」
翠「・・・・・・・・・・・・・・・・・」








J「ほれほれ」
蒼「らめぇ・・・そんな二つ同時にやられたらイっちゃうぅぅぅ」
翠「だから何やってんですかぁ!!」
J「今度はストリートファイターだ」
蒼「JUM君真豪鬼しか使わないんだもん!!卑怯だよ!」
翠「・・・・・・・・・・・殺意の波動に目覚めそうですぅ」







J「あれ?なんか机がガタガタ鳴ってる・・・・・」
ガラッ
J「ブッ!な・・・なんだ!引き出しが勝手に開いたぞ!」
蒼「・・・・・やぁJUM君!僕は蒼星石だよ!未来からやってきてJUM君の引き篭もりを直しn」
J「バカヤロウ!!!!」
蒼「えっ!ちょっ・・・・・いたいいたい閉めないでぇぇぇ」
ガチャ
蒼「鍵閉めないでよぉ・・・・開けてよぉ・・・・なんでこんなことするんだよぉ・・・・グスン」
J「放送局が違うんだよお前訴えられたいのか!!!」
蒼「・・・・・・・・・だいじょぶだよJUMくんぅ~」
J「黙れ」








蒼「・・・サンガコロンダ」
J「おはか」
蒼「・・・サンガコロンダラ」
J「キス」
蒼「翠サンガコロンデイダキ」
J「かなかな」
蒼「にゃん」
J「おわーんだ」
・・・
蒼「あちゃー負けちゃった」
J「甘い甘い」

金「解らない・・・解らない」
真「解らないわね」
水「ルールあるのかしら」

蒼「じゃあ次はJUM君がGacktね」
J「なら蒼星石がBerryz工房か」

一同「(解らねぇ)」

薔「なる程」









ジ「まだ暑いなぁ…」
蒼「暑いねぇ…」
翠「ちび人間、なんか涼しくなるようなことを言えですぅ!」
ジ「んなこと言われても…」
蒼(よし、たまには僕が)
蒼「みんな、見てくれ!」
ジ・翠「?」
蒼「アルミ缶の上にミカンが乗ってる!まさにアルミ缶の上にあるミカンだね!ハハハ!」
翠「…蒼星石?」
ジ「どういうこと?それ?」
蒼「…あっ、いや…涼しくなるかと思って…ハハハッ…」
ジ「そうか…な、なんか涼しくなってきたな?」
翠「…です!寒すぎるくらいです!」
蒼「す、涼しくなって良かったね…(恥ずかしい)」









ジュン「蒼星石って、犬みたいだよな」蒼星石「え? それってどういう意味?」
ジュン「だって、抱きしめてナデナデが好きなんて、まるで犬みたいじゃないか」
蒼星石「む~……ジュン君の手が気持ちいいんだもん、仕方ないじゃない」
ジュン「……ったく、甘えん坊なんだから。そういうトコも犬だよな」
蒼星石「犬、犬って……じゃあ、今晩犬耳でもつけてみよっか?」
ジュン「……想像したら結構クるな」
蒼星石「冗談なのに……ジュン君のえっち」
ジュン「どうせえっちですよ~だ」
蒼星石「……今日だけ、だからね……」







J「もっと強くしてくれよ蒼星石」
蒼「え・・・こうかな?・・・んっ・・・」
J「あぁ・・・良い感じだ・・・もっとこう全体をくまなくやってくれ」
蒼「んっ・・・んっ・・・ハァハァ・・・僕疲れちゃったよ・・・」
翠(あ・・・あいつら何をやってるんですか・・・)
J「じゃあ変わってやるよ、俺が上に乗るから」
蒼「え・・・うん・・・わかったよ・・・ハァハァ・・・」
J「・・・・・ハァハァ・・・・つ・・・・疲れた・・・」
蒼「コシが弱いよJUM君・・・もっと続けて・・・・」
J「わ・・・わかった・・・・ハァハァ・・・」
翠(も・・・・もう辛抱たまらんですぅ!)「2人とも何やってるですかぁ!!」
蒼「丁度良い具合にコシが出たね」
J「よし、あとは切って茹でて完成だな」
蒼「あれ?翠星石もUDON食べたいの?」
翠「・・・・そ・・・・そーです!2人だけで食べようったってそうはいかんですぅ!」








蒼「……っぐわ!くそ……また暴れ出しやがった……」
ジ「どうしたんだよ一体」
蒼「っふ…邪気眼を持たぬ者には分からぬだろう」
ジ「オッドアイだろ」








蒼「ねぇJUM君、暇だししりとりでもやらないかい?」
J「俺は今忙しい」
蒼「え?だってどう見ても暇そうだよ?」
J「お前のハミパンを見るのに忙しい」
蒼「ちょっと何見てるのさぁ!」
J「パンツだが」
蒼「もうそれはいいよ!」
J「2人じゃエンドレスに続いてしまうからルールを決めるか」
蒼「わかったよ、じゃあ3文字限定、制限時間は5秒他のルールは普通のと同じで」
J「了承した」
蒼「じゃあ僕からいくよ・・・リンゴ!」
J「ゴリラ」
蒼「・・・ラッパ・・・・フフフ・・・」
J「・・・・・・・・・パン粉」


蒼「・・・・・・・・・・あれ?」







ジ「…秋だなぁ。
」蒼「うん、秋だね。」
蒼星石と帰る秋深まる金曜の道、ジュンはいつもより高くなった空を見上げつぶやいた
蒼「そうだ、ジュン君は明日の休日は何をするの?」
ジ「う~ん、暇だし1日家でゴロゴロするかな…。」
蒼「せっかくの休日に勿体ないよ。ほら、秋はいろいろ楽しいことがあるじゃないか。」
ジュン「あぁ、スポーツの秋、読者の秋、食欲の秋…とかな。」
蒼「そうそう。」
ジュン「でも僕は真紅みたく読者家でもないし蒼星石みたく運動好きでもないし雪華綺晶みたく大食いでもないぞ?」
蒼「はは、ジュン君、最後のは失礼だよ…」
ジュン「兎に角、明日は久しぶりにネットでもしながらのんびり過ごすさ。」
蒼「むー…何か不健康だなぁ、…そうだ、この際だから何か新しい趣味でも見つけたら?」
ジュン「趣味ねぇ…例えば?」
蒼「う~ん…そうだ!僕が最近始めたものとかどうかな?」
ジュン「何だ?蒼星石のことだから囲碁か盆栽いじりか(笑)」
蒼「それは前からやってるよ!」
ジュン(…やってるんだ…)
蒼「外で新鮮な空気と太陽をたっぷり楽しめるんだ。たまに遠出して自然の中で楽しめることなんだよ。」
ジ「ん~、アウトドア系か…で、何なんだ?その趣味って。」
蒼「うん、ヘラブナ釣りだよ♪」
ジュン「ヘ…!ヘラブナ釣り!?(渋ゥっ!!)」
蒼「うん、この前おじいさんが連れて行ってくれてハマったんだ。」
ジ「はは…バス釣りとかじゃないんだ…」
蒼「何を言うんだい!?あんな流行りものの遊びとヘラを一緒にしちゃいけないよ!!いいかい?そもそも釣りとはヘラに始まりヘラに終わると言って……くどくど」
ジ「は…はぁ。」
その後も蒼星石にヘラブナ釣りとは何たるかを小一時間ほどみっちりと語られたジュンでした…
ジ「…一度蒼星石の精神年齢を調べてみたいな…。」




|