※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  翠×雛の『マターリ歳時記』

―如月の頃 その3―  【2月4日  立春】


空は、スッキリと晴れ渡っている。
大気が澄んでいるせいか、遠くに連なる山々の稜線まで、ハッキリと見えた。
けれど、眼下に見おろす街並みは灰色で、どこか暗く、寒々としていた。

暦の上では春となったものの、季節はまだ冬なのだと思い知らされる。
翠星石は、病室のベッドで半身を起こして、窓の外に広がる景色を眺めていた。

(はぁ……検査入院なんて、退屈ですぅ)

病室は四階なので、眺望なら悪くない。
口の悪い人間は『バカと煙は高い所が好き』だなんて言うけれど、
翠星石は、見晴らしの良い場所が大好きだった。
山の頂や、東京都庁の展望台、レインボーブリッジを歩いて渡ってみたり――
思えば、色々な場所に行ったものだ。
蒼星石と一緒に行けば、どんな所でも楽しかった。
同じ景色を見て、同じように感じて、心を動かした日々……。
今となっては、それも美しい思い出。二度と取り戻せない、青春の1ページ。

翠星石は、ベッドの脇に置いてある小物机に腕を伸ばし、引き出しを開いた。
そこには事故当時の所持品がしまってある。
財布に携帯電話など、大した物は持っていなかったけれど、どれも肌身離さず
持ち歩くほどの貴重品だ。
殊に、携帯のストラップは蒼星石の手作りで、翠星石にとって一番の宝物だった。

衝突の際に落としたのだろう、携帯電話は擦り傷だらけだった。
指にザラつく外装に触れて、手に持った瞬間、翠星石に戦慄が走った。
思わず、喉が音を立てるくらいに、息を呑んだ。

(無いっ! 蒼星石から貰った、あのストラップが無いですっ!!)

落とした弾みで、千切れてしまったのか。そうとしか考えられない。
翠星石の視線が、窓の外に向けられた。
けれど、いくら見晴らしが良くたって、事故現場まで見える筈がない。
いま直ぐにでも探しに行きたい! しかし、それは叶わぬ願いだった。
入院中に居なくなれば、また、祖父母に心配を掛けてしまう。

ならば、祖父母に探して来てと頼めば良いのだが、生憎と、二人は居ない。
昨夜から付きっきりだった祖父母には、一旦、家に帰って貰ったのだ。
あの歳で、夜明かしは体力的に辛いだろう。
自分の検査入院に付き合わせた挙げ句に、過労で倒れでもしたら元も子も
ないと言って、今朝早くに、渋る祖父母を説得したのだった。

(どうしよう……ちょっと、雛苺に頼んでみようかですぅ)

二つに折り畳まれた携帯電話を開いてみたが、ディスプレイは真っ暗。
電源が入る様子も無かった。壊れてしまったらしい。
電話帳のデータは無事なのだろうかと心配しつつ、携帯電話を折り畳んだ。

(病院内の公衆電話から、かけてみるです)

ついでに、喫茶室で何か飲んでこようと思った。
病室は、四人部屋と言うこともあり、どうにも居心地が悪い。
元々、人見知りの強い性分である。
いきなり見ず知らずの人達の中に放り込まれて、かなり神経質になっていた。

(おじじも、おばばも、午後にならないと来ないし……。
 貴重品だけ持ち歩いてれば、留守にしたって平気ですよね)

どうせ、見舞客も来ないだろう。
深夜の事故だったし、知り合いにはまだ、連絡が行っていない筈だ。
今日は土曜日だからバイトも休みだし、雛苺の耳にも入っていないと思えた。

エレベーターで一階のロビーに降りて、喫茶室に向かう。
土曜日の午前九時を少し過ぎた時間だというのに、どこもかしこも混雑していた。
患者にとっては日常茶飯の風景なのだろうが、翠星石の様に、
病院に縁の薄い者から見たら、一種異様な眺めである。

(あまりジロジロ見るのも失礼ですから、さっさと通り過ぎちまうです)

足早にロビーの前を通過していると、後ろから肩を叩かれた。
誰だろうか? 病院で出会うような知り合いは、居ない筈だけれど。
翠星石が立ち止まって振り返ると、そこには、瞳を潤ませた娘が立っていた。

「あれぇ、雛苺? 偶然ですぅ。今、電話しようと思ってたですよ。
 でも、どうしたです? こんな時間に、病院に来るなんて。
 身内の誰かが、入院してるですか?」
「……違うの。ヒナは……ヒナはね、翠ちゃんのお見舞いに来たのよ」
「はあ? なんで知ってるです?」
「お爺さんに聞いたの。そしたら――」

雛苺は、いきなりポロポロと涙を零し始めた。
こんな人の多い場所で泣かれたら、弥が上にも目立ってしまう。

「あぁ……まずは落ち着くです。こっち来いですぅ」

翠星石は雛苺の手を引っ張って、喫茶室に入った。ここは、まだ空いている。
喫茶室が混み始めるのは、昼の前後なのだが、昨夜遅くに入院した翠星石が、
そんな事を知っている筈など無かった。

「ともかく、お見舞いに来てくれて嬉しいです。ちょっと待ってろですぅ」

雛苺を席に着かせると、翠星石は二つの湯飲みにセルフサービスの麦茶を煎れて、
二人掛けのテーブルに持っていった。その動作に、不自然な感じは全く無い。
事故の後遺症などは、心配なさそうだった。

「ほれ、麦茶ですぅ。何か、軽い物でも食べるですか?」
「……ううん。ヒナは、家で済ませてきたの」
「そうですか。私は、タヌキ蕎麦を注文するですよ。
 病院食って味薄いわ、量が少ないわで、最低最悪ですぅ」

翠星石は食券を購入して、カウンターに出してくると、再び席に戻った。

「それだけ食欲が有るなら、もう大丈夫なのね」
「うん。もう全然、問題なしです。月曜日には、バイトに復帰できるですよ」
「よかったぁ。安心したのー」

雛苺が、普段どおりの笑顔を取り戻した矢先、
カウンターから、タヌキ蕎麦が出来た事を告げる声が二人の元に届いた。



喫茶室で少し話し込んだ後、雛苺は病院を出て、翠星石は病室に戻った。
何をするでもなく、ベッドに横たわり、天井を見詰める。
プリペイドカード方式のテレビは標準装備だが、画面が小さくて目が疲れるし、
なにより、見たいと思える番組が無かった。

それに、今はテレビよりも重要な悩み事が有る。
昨夜の事故で紛失してしまった大切な物の事で、頭が一杯だった。

(雛苺に頼んでみたですけど……見付かるですかねぇ)

見付けて欲しい。出来ることならば。
けれど、時間も経っているし、誰かに拾われてしまったかも知れない。
犬や猫が、持っていってしまったら、もう見付からないだろう。

(ゴメンです、蒼星石。私は――)

窓の外は、俄に曇り始めていた。まるで、翠星石の心を写す鏡のように。


午後になり、祖父母が来てくれた事で、翠星石は緊張の糸が緩むのを感じた。
幾つかの精密検査を挟んで、翠星石は夕刻まで、祖父母とおしゃべりを愉しんだ。
他愛ない話題だけれど、こんなにも話し合ったのは久しぶりだった。

夏至に向かって、徐々に日が伸びているとは言え、午後六時を過ぎると、
辺りはすっかり暗くなっていた。それに、風は身を切るような冷たさだ。
帰宅する祖父母を一階のロビーで見送り、翠星石はエレベーターに向かった。
病室に近付くにつれて、足取りが重くなっていく。

病室に戻り、例によって薄味少量の夕食を摂り終えて、
何をするでもなくボ~っとしていた翠星石は、ふと、雛苺の事を思い出した。
窓の外は真っ暗。幾ら何でも、もう探すのを諦めて帰っただろう。

「でもまぁ……確認だけ取っておくです」

雛苺の携帯に電話をかけるべく、翠星石は病室を出た。
エレベーター前の小ホールにも電話が据え付けられている。
行ってみると、ホールには誰も居なかった。
最近では滅多に使わなくなったテレホンカードを挿入して、十一桁の番号を押す。
十回、コールを繰り返したが、雛苺は電話に出なかった。

「お風呂か晩御飯かで、手元に置いてないのかも知れねぇです」

仕方なく受話器を下ろして、テレホンカードを抜き取った。
なんとなく、このまま病室に戻る気がしなくて、小ホールの窓辺に近付く。
昼間は灰色だった街並みも、今は煌びやかに輝いている。
チカチカと瞬いているのは、パチンコ屋のネオン看板だろう。
遠く、岬の方では、灯台の明かりが規則的に回転していた。

「百万ドルの夜景――には、ほど遠いですねぇ」

誰も居ないのを良いことに、翠星石は、心に浮かんだ言葉を口にしてみた。
そして、何気なく――本当に無意識の内に――病院の門構えに視線を降ろした。
黒い影が、小走りに門柱の間を潜り抜け、ロータリーを小走りに横切ってくる。
急患? しかし、その影は、誰かを背負っている様には見えなかった。
こんな時間に面会というのも有り得ない。

不意に、影を見つめていた翠星石の胸が、ドキリと脈打った。
ある可能性が、頭をよぎる。
その可能性が、無い訳ではなかった。

「まさか、雛苺っ?!」

あの走り方……背格好は……彼女に似ている。
そう思うと、一挙手一投足、全ての動作が雛苺に見えてくるから不思議だ。
翠星石は小ホールを飛び出して、エレベーターに駆け寄った。
下に行くボタンを、何度も連打する。
それでエレベーターが早く来る訳はないのだが、そうせずには居られなかった。

漸く来たエレベーターに乗り込み、一階へ……。
緩い浮遊感の後、到着を告げる電子音が響く。ゆっくりと、扉が開いていく。
早く! 早く! 早く!
扉が開ききる前に、翠星石は一歩を踏み出していた。

彼女の身体に、軽い衝撃。小さな悲鳴が聞こえた。それは、聞き慣れた声。

「やっぱり、雛苺だったですね。そんな感じがしたです」
「す…………翠ちゃん……これ」

ずっと走ってきたのだろうか。雛苺は、息も絶え絶えに言って、
コートのポケットから、小さなマスコット人形を取り出し、差し出した。
それは、ところどころ擦り切れ、泥まみれになってしまっていたけれど、
紛れもなく、蒼星石がくれた物だった。
翠星石の、大切な大切な宝物。
緋翠の瞳から、止めどなく涙が溢れた。
見付かった感激と、見付けてくれた雛苺への感謝が、綯い交ぜになった涙が。

「事故の現場には無かったの。野良猫さんが持ってっちゃってたのよー。
 ヒナ、あの辺の野良猫さんの事は、よく知ってるの。
 それで、隈無く探してたら……こんな時間になっちゃったのー」

幾らか呼吸も落ち着いたようで、雛苺は一息で、それまでの経緯を語った。

「汚れちゃってるけど、これで間違いなぁい?」
「……うん。間違いねぇです。世界でたった一つしかない、私の宝物です」

翠星石が両手で包み込んだ雛苺の手は、氷のように冷たかった。
こんなになるまで、探してくれてたなんて――
翠星石は、震える声で、精一杯の感謝を伝えようとした。

「まあ、おバカ苺にしては大手柄ですぅ」

けれど、口を衝いて出たのは、いつもの憎まれ口で――

「翠ちゃんの宝物だって聞いてたから……少しでも早く渡したかったの」

雛苺の屈託ない笑顔に、あっさりと心の壁を突き崩されて――

「……うん。ありがと……ですぅ」

翠星石は、冷え切った雛苺を、しっかりと抱き締めた。
――少しだけ、素直になれた気がする。


そして、季節は冬から春へ――





『保守がわり番外編  水銀燈が、かく語りき』

「うょー。なんだか凄く壮大な大河浪漫を感じるのよー!」
(どこが? ですぅ)
(そこはかとなく、嫌な予感がするのだわ)
「銀ちゃん銀ちゃんっ! 二匹の勝負は、どうなったの?」
「それじゃあ、協議の場面からぁ――」

「ある日、いつもの様に小競り合いをした後、紅いキツネが翠のタヌキに
 こう言ったのよ。『ちょっと、タヌ公。いい加減に諦めるのだわ』と」
「……なんだか、私の喋り口調に似ている気がするんだけど?」
「偶然よぉ。気にしない気にしなぁい」
「まったくです。真紅は、不必要なところで神経質すぎるですぅ」
「んもう! いちいち話の腰を折ったらダメなのー!」

「対する、翠のタヌキの返答は『ふざけるなです。諦めるのは、そっちの方です。
 さっさと荷物を纏めて、出ていきやがれですぅ』と言うものだったのよぉ」
「ちょっと待つです! なんですか、その喋り口調はっ!」
「宇宙の神秘だってばぁ。気にしない気にしなぁい」
「……ワケ解んねぇです」

「そんなこんなで、二匹は殴り合い以外の勝負をすることになったわぁ。
 紅いキツネが『タヌ公! 化けくらべ、で勝負なのだわ!』と言うと、
 翠のタヌキも『望むところですぅ。けちょんけちょんに延ばして、
 襟巻きにしてやるですぅ』と、鼻息を荒くしましたとさぁ」


・・・続きは、またの機会に。
|