※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『何気ない日常の一コマ、乙女の会話』

「ねぇ…私ふと思ったんだけどぉ」
「何を思ったのかしら?」
「なぁにーなぁにー!」
「いや、期待されてもアレなんけどねぇ…」
「いいから話してみるかしら」
「ガンホーガンホー!!」
「じゃあ話すわぁ…あのね、私達の中で一番“萌え”なキャラは誰だと思う?」
「むむむ!それはカナに対する挑戦と受けとっていいかしら!?」
「――――ヒナに対する挑戦でもあるの……!」
「ままま、待ちなさいよぉ、二人とも!イキナリ殺意の波動に目覚めようとしないでぇ!!」
「「じゃあどーいう意味かしら(なのー)」」
「言うから、言うからその懐かしい構えは解いてぇ!」
「さっさと言うかしら!」
「言うのー!」
「…あのね、私達の中で一番萌えなキャラは“巴”なのよ」
「「いやいやいやいや、それはない」」
―――ビシッ!(横手でツッコミ)
「最後まで聞きなさいって…巴をローマ字にしてみて」
「TOMOE、なのよ」
「そうねぇ。じゃあそれを“と”と“もえ”に分割すると…」


「TO……MOE……ハッ!!」
「流石ねぇ…金糸雀。すぐそれに気づくなんて」
「な、なんてことかしら…」
「うゆ?どーいうことなのぉ、水銀燈?」
「ToMoe……簡単に訳せば“萌えに至る”って感じかしら…」
「そ、そんなぁ…」
「うゆぅ……」
「これだけよ、私が思ったことは…」
「「つまんねぇことにもったいぶって話すんじゃねぇぇぇぇぇッッ!!」」
「えぇええ!?」
「やっぱり御仕置きが必要かしら…」
「スパーキングスパーキング、なのぉー!」
「ちょ、ちょっと待ってよ!最初言ったじゃない、期待されてもアレだって!!」
「もう…カナは聞く耳を持たないかしら…」
「さよなら…水銀燈…なの」
「い―――イヤァァァァァァァァァ……」

うん、酷い目に遭う銀ちゃんが好きなんだ。後悔はしていない。
だから落ち着いて聞いて欲しい。
―――オチってなんだ、食えるのか!?(最後までネタは仕込む、それが俺のジャスティス!)

ちゃんちゃん♪









「真紅、竹で出来てて水がたまるあれなんて言ったかしら?」

「……それだけではわからないわ」

「ほら!一杯になったらカコーンって音がなるあれかしらー!!」

「あれね、なんといったかしら……思い出せないわ」

「真紅ったらおばかさぁん、あれは松葉くずしって言うのよぉ」

「「……///」」

「あらぁ?二人ともどうしたのぉ?」

「な、なあ水銀燈、それを言うならししおどしだろ?」

「ちがうわよぉ、じゃあ松葉くずしってなによぉ?」

「……松葉くずしって言うのはな」

ゴニョゴニョ

「いやあああああ!!JUMの馬鹿あああああ!!///」

「なんで僕が……ぎゃあああああ」


「ちょっとめぐぅ!!この間教えてくれたの間違ってたじゃなぁい!!」

「この間?なんのことかわからないわ」

「とぼけないでよぉ!!ま、松葉くずしのことよぉ///」

「ああ、あれ冗談で言ったのよ?……まさか誰かに話したの?」

「そうよぉ!!おかげで大恥かいたわぁ!!JUMが教えてくれなかったらどうなってたと思ってるのぉ?」

「ジュ、JUMくんが教えてくれたの!?」

「え?そうよぉ?」

「……(゚д゚)」

「え?え?……ってそうじゃないわよぉ!!」

「いいのよ隠さなくて……大人になったのね、水銀燈」

「もぉ!!めぐの馬鹿ぁ///」







「どうして・・・どうしてなの。」
少女の願いは空を握った。

「・・・ごめん。」
男はそう一言。たった一言いい残し、暗闇の中へ消えていった。
少女がいくら暗闇を弄れど、一度離したそれはもう戻ることはなく。

「・・・謝るのはボクだよ・・・。・・・ごめん・・・ごめんね・・・。」
少女の思い。

「・・・で?なんでわざわざ私のところに来たのかしら?」
水銀燈の苦笑まじりの返事。それは男へ、と。
「捨てられた。・・もしくは捨てた。」
「・・・・・・・・早く戻りなさい。・・・本当に失う前に、ね。」

思いはいつか恨みとなり 身体を蝕んでいく。
その前に。・・・その前に。
永遠を掴みたい。

-eternity-

近日開始…。

星屑ほどの脆い願い。
その本当の姿は。







銀「そういえば…明日は真紅の誕生日ねぇ」
薔「そういえば…」
雪「なにかプレゼントを…」
…………
銀「ふん……まあ、プレゼントぐらいは送ってあげるわぁ」
蒼(その割にはまじめに選んでるなぁ…僕はなに送ろうかな)
翠(真紅の欲しそうな物…)
金(これしかないかしらー!)

次の日
プレゼント[豊乳パット×6]
真「………………」
銀「ちょ、ちょっと、なんでみんな同じなのよ!」
薔「…怒ってる?」
雪「やっぱり同じ物ばかりでは…」
蒼「かな…?」
翠「なんか違う理由の気がするです」
金「あ、真紅が手をグーに…」

………
巴「なにプレゼントしようか?」
ジ「紅茶の葉とか…」
雛「豊乳パットなのー」
巴「それは…」
ドコォン
雛「あ、6っこの流れ星なのー」
ジ「…………」


《お酒は二十歳になってから》


J「お客様、ご注文は?」
雛「『ストロベリーコラーダ』にするの。」
J(苺のお酒か、甘めだから大丈夫だろ。)
金「カナは『フライド・エッグ』にするかしら。」
J(ここでも卵か。ミルクで割っとけばいいか。)
真「JUM、『ティフィン』でなにか作ってちょうだい。」
J(ダージリンを持ってきたか。ホットにしてやれ。)
翠「ドランブイがあるです。ここは『エメラルド・ミスト』にするですぅ。」
J(やるな翠星石、目の付け所が違う。)
蒼「やっぱり『チャイナ・ブルー』かな。」
J(ドレスもチャイナ・・・GJ。)
雪「『スノーホワイト』をお願いしますわ。」
J(おしとやかな雪華綺晶にピッタリだな。)
薔「・・・『ロゾーリオ』を。それからJUM、ここに名前を書いて。」
J「はは、気が向いたらな。」(結婚なんてねーって。油断のならんやつだ。)
銀「ねぇJUM、あたしをイメージして作ってぇ」

つチャールストン・フォリーズ

銀「ちょっとぉ、ボトルが銀色なだけじゃないのよぉ。」


《苺の春巻はヌーベルシノワ》


雛「のり~。春巻が食べたいの。」
の「そう、じゃあ今日は春巻にするわね。」
J「春巻か、ちょっと久しぶりだな。」
真「たまには中華もいいわね。」
翠「ぱりっとした皮に肉と野菜のうまみがたっぷり、たまらんです。」
雛「うゆー、違うの。普通の春巻じゃないの。」
真「なら、生春巻なのだわ。」
翠「シャキシャキの野菜とサーモン、待ちきれねぇです。」
J「タレも結構大事だぞ。」
雛「違うの違うの~。」
の「ヒナちゃん、どんな春巻なの?」
雛「苺の入った春巻なの。食べてみたいの~。」
の「苺?う~ん、聞いたことないわね。」
真「本当に春巻なの?菓子パンでなくて?」
翠「何でも苺を入れりゃいいってモンじゃねーです。」
雛「うー、ホントにあるの。ヒナ、本で読んだんだもん。」
の「でもどんなのかわからないと作れないわね。」
真「苺を使うとしたらやはり甘め、甜点心なのだわ。」
翠「だったら生クリームと苺を包んであげてやればいいです。」
J「そんなことしたらクリームが駄目になるぞ。」

あーでもないこーでもないと喧々諤々。
最終的には苺のクレープではないかということで落ち着いた。

の「ヒナちゃん、これかな?」
雛「違うの、表はもっとサクサクなの。」
真「一体なんなのかしら?」
翠「しょーがねーから巴に訊いてみるです。」
・・・

J「柏葉に電話してみたんだけどとこれから作って持ってくるって。」
翠「やはり知ってたですか。なかなかできたやつですぅ。」
真「ここで作ればいいのに。何かヒミツがあるのだわ。」

しばらくして巴が春巻を持ってきた。

巴「桜田君おまたせ、作ってきたわ。」
J「柏葉、助かるよ。雛苺がなかなかききわけなくて。」
雛「ともえー、持って来てくれたの~?ありあとー。」
翠「そのくらいにしてはやく準備するです。」

テーブルに用意されていたお皿に春巻を盛り付ける巴。
春巻きは細い筒状で見た目は葉巻みたいなものだった。

雛「あっ、これなの。」
巴「さ、準備できたわ。」
の「それじゃおやつにしましょうか、ヒナちゃん。」
雛「ありあと巴。おいし~の。」
J「これが苺の春巻か、うまいな。」
翠「外はサクサクとして苺の餡とよくあうです。」
真「やはり甜点心だったのだわ。JUM、お茶はまだなの?」
J「ほれ。ところで柏葉、どこでこれを?」
翠「おチビは『本で読んだ』って言ってたですぅ。こんなの見たことねーです。」
巴「それがね、この本なの。」

巴が取り出したのは凶悪面した主人公の料理漫画だった。

雛「文字通り春を巻きおったの。なかなかやるの~。」


J「ほぁー・・・」

春の昼下がり、桜田ジュンに数人の足跡が近づいてくる・・・

真「ジュン!私と付き合いなさい!」
翠「いいえ!私と付き合うです!」
銀「ジュンは私と付き合うのよぉ~」
蒼「ジュン君・・・付き合ってくれる?」
金「ジュン!付き合うのかしらー!」
雛「ジュンー!お付き合いするなのー!」
薔「ジュン・・・付き合って・・・」
雪「ジュン様、お付き合いしていただけませんか?」
J「え?あの・・・」
真「ジュン・・・まだ結果は急げないみたいね・・・良いわ今度答えを聞かせて頂戴・・・」

そう言って、8人は去っていく・・・

J「なんだったんだ・・・?」

ジュンの中学生日記
今年から、少し遠めの私立薔薇学園にいく事になった。
小学校の頃の友達全員と別れたが、学園の生活は楽しくやっていけると思う。
学校から帰る途中、知らない8人の女の人に、行き成り付き合えと言われた、正直誰が誰なのかサッパリだった。
皆美人だったが、如何して僕を知っているのか、疑問しか浮かばなかった。
今度会ったら何をされるのか、正直心配だ。




>>ローゼン1ロ-ゼン1、返答をお願いします。
>>こちらローゼン1、どうぞ
>1分後に作戦を開始する。作戦名オキミス・ミルト
「オキミス・ミルト。作戦名オキミス・ミルト。敵発見。攻撃を開始するのだわ」
「ツインレーザー砲をうってきたわよぉ」
「カレイに回避かしら~」
「レーザーなら・・・負けない・・・」
「さ・・ローゼン3、そっちはダメだわ。」
「まぁ、まかせなさぁい。そっちはそっちで頑張ってねぇ。」








J 「Zzzzzz。」
巴「桜田君。」
J 「んあ?何?柏葉。」
巴「竹刀袋の底が破けちゃったから修繕お願いしていい?」
J 「ん、了解。」
胸元からソーイングセット取り出す
ちくちく
J 「あー、これ底が限界みたいだな。とりあえず補修しとくけど長くは持たないぞ。」
巴「そう…。」
J 「とりあえず新しいの用意しとくから暫らくの間は、今のやつ使っておいてくれ。」
巴「うん、分かった。お願い。」
J 「了解。」
巴「それと最近形の練習で木刀を良く使うからサイズもう少し大きくして貰える?」
J 「あいよ。明後日までには用意しとくわ。」
巴「ありがとう。いつも助かる。」
J 「いいよ。これくらい。」

紅「…。」
翠「…。」
紅「巴の願いは直ぐ聞くのね。JUN。」
翠「そうですね。」
紅「やっぱり幼馴染だからかしら?」
翠「きっとそうです。」
紅「なら主人の私の願いを聞かない訳が無いのだわ。」
翠「そうです。きっと翠星石の願いもすぐ聞くに決まってるです。」
紅「あら、丁度良かったのだわ。ボタンが取れてしまっているのだわ。」
翠「あ、翠星石もスカートに引っかき傷があるです。」
紅「さっそくJUNに直させるのだわ。」
翠「そうするです。」

J 「Zzzzzzzzz.。」
紅「JUN、起きなさい。」
翠「やい、起きやがれです。」
J 「んぅ、何だよ。人が気持ち良く寝てるのに。」
紅「ボタンが取れてしまったの。直して頂戴。」
翠「スカートに傷が着いちまったです。さっさと直しやがれです。」
J 「…やだよ。それくらい自分でしろよ。」
紅・翠「!!!」
J 「じゃあな。僕は寝る。」
紅「起きるのだわ!早く私のボタンを着けるのだわ!」
翠「やい!このフニャチン!さっさと翠星石のスカート直しやがれです!」
J 「五月蝿いなー。邪魔だからあっち行けよ。」
紅「何その口の聞き方は。主人に対してそんな口の聞き方が許されると思ってるの!」
翠「このチビ!さっさと直しやがれです!巴は良くて何で翠星石のスカートは直さねえですか!?」
J 「ああ、うるせぇー!」

金「あれは巴云々より言い方の問題のような気がするかしら。」
薔「…それに気付くタイプならJUNも直すの嫌がったりしないと思う。」
金「確かにそうかも知れないかしら。」

|