※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淳 よ、元気してる?
真紅 …何か用?
淳 いやぁ、たまには同期の顔がみたくなってね~。
   ……所で、その鉄鍋で何合成してるの?
真 ……昼御飯よ。
淳 オレは未だかつて水酸化ナトリウム入りの鍋を見た事がないのだが。
真 後で中和するから問題ないわ。……柔らかくなって美味しいのよ。
  まってて。何か飲みものを入れるわ。一一はい。
淳 ありがとう。しかし、客にバニラエッセンスをたらした水を
  ビーカーに入れて出すと言うのも…。
真 ……それとも私が入れた紅茶を飲みたいの?
淳 僕が知る限り紅茶って言うのはだな、酢酸だの、硫酸だの、エタノールだの、
  不純物が混じっていないものを言うのだよ。……死にかけるのは一回だけで沢山だ。
真 あの時は、非常勤のバイトで作ったエステルがたまたま余ってたの。
淳 だからってそれを人間様の飲み物に入れるかよ。
  一一さて、そろそろ分析の終わる時間かな。
真 食べていかないの?
淳 あいにく舌の機能は健全なんでね。
  しかし主食がカロリーメイトのお前が『料理』するなんて珍しい。
真 ……今日バイトで解剖やったの。
淳 ………………。
真 あら、アフリカツメガエルって美味しいのよ。

第一ラウンド勝者:真紅 TKO

淳 実は僕、今度結婚するかも知れないんだ。
真 そう。
淳 親が知らない間に話を進めちゃってさ。今度の日曜日に先方にあう事になってんだ。
  相手は良いトコのお嬢さんらしい。
  オヤジがいつまでも下らない研究やってないで
  将来の為に早く身を固めろってさ。
真 何でそんな事、私にいうの?
淳 つまり、まあ、なんだその、愚痴りたくなっちゃってさ。
真 そう…。私は貴方の事好きだったわ。
淳 え…。
真 でもね、私も今度結婚する事になったの。
淳 !!!
  ………それは…おめでとう…。お幸せに。
真 ありがとう。じゃあ、さよなら。
淳 ………。

   当日
父 いや、これで安泰と言うものです。
相手父 全くですな。
父 まったく不肖の息子で。
  いつまでもフラフラしていてはどうしようかと思いましたが。
相父 貴方の息子さんなら安心して嫁にやれると言うものです。
   これからも末永くお願い致しますよ。
相手娘 …………。

相手父 淳くん、不束な娘だが、よろしく頼むよ。
淳   ………あの…申し訳ありませんが、
    此の縁談はなかった事にしていただけませんか?
父  なッ!!お前は突然何を言い出すんだ!
相父 …どう言う事ですかな?
相娘 ………。
淳  僕は、ずっと好きな娘がいたんです。
   だけど、勇気がなかったからなんか惰性でずるずるいっちゃって…
  意気地なしで最後まで告白出来ませんでした。
  こんな気持ちのまま娘さんを貰う訳にはいきません。
  だから、此のお話はなかった事にしてください。
相娘 クスッ
淳  ?
相娘 クスクス…。貴方ってホントにドン臭いわね。全く、見合い相手の名前位確認なさい。
淳  そ、その声は!!お、おまえ真紅!?
真 遅くなったけど、その勇気に免じて許してあげる。

第二ラウンド勝者:淳 TKO

エピローグ

真 フフフ。
淳 どうしたんだい?急に。
真 あれから3年もたつのね。
淳 なにが?
真 貴方がお見合いの席で私のお父様相手に大見得切った事よ。
  全く、あの時のお義父様の顔は見物だったわ。
淳 ああ、あのことね。………今だから言うけどさ、
真 なぁに?
淳 実は、あの時の『好きな娘』って実はお前の事じゃなかったんだ。
  あの後告白してすぐに振られちゃったよ、HAHAHAHAHA.うぇ、うぇwwww
真 ………………。
淳 HAHAH............

  …OK、待て。時におちつけ。話し合おうじゃないか。
  うぁ、ちょ、おま、それで何す…
  いや、ちょっとやめ、やめてくぁせdrftgyふじこlp;@
第四ラウンド勝者:真紅 K.O.(嘗て淳だったもの戦闘不能)

オハリ。







「JUM、ちょっと止まるのだわ!!」

「な、なんだよ」

「見なさい、もう少しで蜘蛛を踏みつぶすところなのだわ」

「おっと、ほんとだ」

「まったく・・・でもこれで私は死んでも蜘蛛のおかげで救われるのだわ」

「おいおい何言ってんだよ、僕が踏まなかったから助かったんだぞ?」

「あら、私が言わなければ気付かなかったでしょう?」

「そうだとしてもだ。実際に行動したのは僕だからな。蜘蛛の糸で助かるのは僕の方だよ。まあついでにお前もひろってやるから心配すんな」

「それはこっちのセリフなのだわ。カンダタになるのは私なのだわ」

「赤が好きなお前なら血の池地獄なんかいいんじゃないか」

「なんてこと言うのだわ!!」



(・・・なんでこのふたり地獄におちること前提で話してるかしら)







真「じゃがいも、にんじん、たまねぎ、・・・あとは牛肉ね。」
J「またカレーか。たまには他の料理にしないか?」
真「これしかうまくつくれないのだわ。」
J「まあ、真紅のカレーはうまいから好きだけどな。」
真「な、なら文句いわないでちょうだい。」
J「はは、あとはなんかデザートでも買っていくか。」
真「そうね。なにかいいものは・・・。」

和菓子・洋菓子コーナーから順にまわってみるがどれもいまひとつ。
しかし、アイスの棚を物色していた時に懐かしい文字が目に入った。

真「『ビエネッタ』!JUM、これにするのだわ。」
J「なんだ、アイスクリームか。」
真「『なんだ』じゃないのだわ。あの『ビエネッタ』なのよ。
  高級感あふれるネーミング。
  アイスのようで、それでいてケーキのようなフォルム。
  バニラアイスとチョコレートのもたらす至福のひととき。
  子供のころの憧れだった至高の氷菓子。それがこの『ビエネッタ』なのだわ。」
J「確かに500円は子供には大金だけどそこまでのものとは(ry」
真「JUM、あなたは少年の心を忘れてしまったの?イヤな大人になったのだわ。」
J「わかったわかった。買えばいいじゃないか。反対なんかしてないし。」
真「それでいいのだわ。ああ、あのひとときをもう一度味わえるなんて・・・。」

ここぞとばかりに大量に買い込む真紅。結局樋口一葉が1枚生贄として捧げられました。
終わり

一口メモ

ビエネッタは

59年 1984年日本食糧新聞社 「昭和59年度 第3回優秀ヒット賞(ビエネッタ)」

賞をもらっていたらしい。







真「こ、これは!?」
ジ「どうした?」
雛「うゆー?」
ジ「ゼリーのパンフレット?えーと…なになに…?」
『はもやのゼリー、当たりが10個でくんくん特製目覚まし時計プレゼント!』
ジ「はもやのゼリーって…あのコンニャクゼリーか」
真「買い占めよ…付近一帯買い占めるのよ!そしてこれから我が家の食事は朝昼晩とゼリーなのだわ!」
ジ「…本気か?」
真「当たり前よ!当たりが10個でるまでよ!」
雛「うー、ゼリーだけなんてやーなのー」
真「ダメよ!拒否権はないのだわ!いいわね、のり!」
の「お姉ちゃんもダイエットしたかったからいいわよー」
真「決まりよ!」
ジ「…マジかよ」

一か月後
真「や…やったわ…」
ジ「や、やっと10個でた…ながかった…雛苺は途中で巴の家に家出するし…体重は10キロほど減るし…」
の「二人ともガリガリだねー」
ジ「こいつはなんで平気なんだよ…」
真「ひ、ひとまず…はもやに送りましょう…」

更に一週間後
『拝啓、桜田ジュン様、このたびはくんくん目覚ましキャンペーンに応募ありがとうございます。
残念ながら目覚まし時計は既に在庫ぎれですので代わりにはもやのゼリー1年分をお送りします』

真「…………」
ジ「…………」








銀「ほらぁ、プレゼントよぉ、寄せて上げるブラあげるわぁ」
真「………」
ジ「水銀燈、そんな゛気にしてる゛ことを言ってやるなよ」
真「…なるほど……つまりジュンも私がツルペタ陥没胸だと言いたいのね?」
ジ「え、ちょ、ま」
銀「あらぁ……さ、さよなら」
ジ「水銀燈、まて、し、真紅、いや、まて、誤解d」




ドコォン


僕は天高く舞い上がり星となった








真「……ご飯なのだわ」
ジ「これって、お前の手作りか?」
真「だったらなんなのだわ」
ジ「いや、形が余りにも歪だから」
真「なら、食べなくていいのだわ」
ジ「食べるよ、それにお前がまな板……包丁が苦手だからな」
真「……」
ジ「あれ? 真紅? 真紅さん?」


うん、冗談だ
まな板に他意はない







真「ジュン、もっと早く漕ぎなさい」
ジ「あのなぁ、二人乗りって結構キツいんだぞ」


真(ジュンの背中…いつのまにか大きくなったのね)


真(ジュン…)


ギュ…


真(…暖かいわ)


真「ジュン…」


ジ「真紅ってやっぱ胸薄いよな」
真「…………」
ジ「ははは、冗談だって」



ジ「真紅、なんで手をグーにしt」
(人生の)終わり







薔薇宮真紅の憂鬱

真「ただの人間には興味ありません。
  この中に元ヒキコモリ、
  裁縫が趣味、
  眼鏡をかけたヘタレ主人公、
  がいたらわたしのところに来なさい。以上」
ジ「……真紅、何やってんだ?」
真「!」

続くわけがない








「ちゃんと前を見なさい」

彼女は凛とした声色で、しっかりとそう言った。ドキリと胸が一つ高鳴った。
柔らかにうねる金色の絹糸のような髪、伏し目がちな濡れた瞳は青く濁りがなく、長い睫毛が垂れる。ぷっくりと赤く瑞々しい果実のような唇から紡ぎだされた、その澄み切った声。

美しい、しかしそんな有りふれた言葉じゃない。
そんな安っぽい言葉じゃない。形容しがたい、うまく言い表わすことが出来ない程に、彼女は美しい。

触れたくて堪らない、
沸き上がる衝動を、このもどかしさを抑えつけ、普段通りの『何も出来ない僕』を演じ続ける。


「ほら、何をしているの。まったく」


呆れるようにため息を吐く。そんな仕草も、そんな仕様もないと呆れる表情も、漏れる吐息も。


嗚呼、早く手に入れたい。


でも、まだまだ。

だって、彼女は熟されていない果実。

いい時期に刈り取る。
それがどんなに遅くとも、きっと君は、あまくおいしいだろう。

甘美な果実。
収穫まで、あと少し…?










紅「……ふぅ」
翠「どうしたですぅ、溜息なんて付いて何かあったですか?」
紅「いえ、JUNに『保守』しておいてくれと言われたのだけど、何をしていいのか判らないのだわ」
翠「どれどれですぅ、hosyuって打ち込んでこれ押したらいいのですよ」
紅「あ、貴女! この機械のことがわかるの!?」
翠「今時パソコンすら使えない子なんてダメダメですぅ。時代遅れですね、真紅」
紅「や、やり方はわかったのだから貴女はもう帰ってもいいのだわ」
翠「そうですかー、ではまた明日ですぅ」

紅「こうやればよかったのよね、保守、保守、保守、保守、保守……」


J「あ、真紅。保守しておいてくれたか?(まあ、真紅には期待してないけど)」
紅「ええ、任せなさい。ちゃんと保守しておいたわ」
J「どれどれ……Σ」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/28(日) 16:11:37.40 ID:Rozen5550
保守

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/28(日) 16:11:57.17 ID:Rozen5550
保守

(省略)

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2006/05/28(日) 18:23:22.02 ID:Rozen5550
保守

J「げっ、保守ばっか……しかも全部僕のIDじゃないか」
紅「感謝しなさい、下僕の為に私自ら一分に三回も保守とやらをしてあげたのだから」
J「……あ、ありがとう真紅(もう頼まない方がいいな)」









今日はジュンの引越しの日…
ああ、行ってしまうのね、私のこの気持ちを打ち明ける前に
あなたは見送りには来なくてもいいといったわ
でも最後に伝えたい事があるんだもの、行かないわけにはいけないわ

ジ「あ、真紅…来なくていいって言ったのに」。
真「来てしまったものはしょうがないわ、何か手伝えることあるかしら?」
ジ「うーん、それじゃあトラックに荷物を積むの手伝ってくれる?」
真「ええ」

もくもくと作業を続ける
あなたは悲しくないの?寂しくないの?ねえ、ジュン!これからは簡単には逢えなくなるのよ?

ジ「よし、これで最後だ。手伝ってくれてありがとな」
真「やりたくてやったのよ、礼には及ばないわ」
ジ「じゃあ行くな…。運転手さんお願いします」

ジュンはトラックの荷台に乗り込み運転手に出発を促す
これが正真正銘最後のチャンス…!

真(「ジュン!!今まであなたに伝えたい事があったの!)」

声にならない
トラックはその間にも走り出す
待って!待って!待って!!!
無意識のうちに体が走り出す、無我夢中でトラックの後を追う
ジュンが何か言っているが耳に届かない
絶対に、絶対に、今日こそこの思いを伝えるのだわ


100メートルほど走っただろうか、トラックがスピードを緩めた
今のうちだわ、追いついて思いを打ち明ける――

運「坊ちゃんついたよー!」
ジ「ご苦労様です。いやー、近いところにいい物件があって助かったよー」
運「でもなんでこんな近くに引越しを?」
ジ「それはですね、僕が今まで住んでいたアパートが取り壊されることになったんですよ」
運「ほえー、それで引越しかい。大変なこった」
真「………」
ジ「…真紅?」
薔「…壮大な勘違い、乙w」
真「///」

|