※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • プロローグ
  • 第一話 真紅
  • 第二話 庭師
  • 第三話 策士
  • 第四話 違和感
  • 第五話 魔術師
  • 第六話 幕間
  • 第七話 鏡の姉妹
  • 第八話 ジュン
  • 第九話 命の天秤
  • 第十話 旋律(一)
  • 第十一話 旋律(二)
  • 最終話 夢幻
  • エピローグ






  • ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





    以上です。没原稿も含めて原稿用紙が500枚近くなっていたことに自分で絶望しました。
    今まで書いた全作品の量を超えてしまった……orz


    作品について、折角ですので少しばかり後書きを。
    構成上の反則的なところ、とは。皆様をどう驚かそうと考えるがあまり、物語の最終的な
    キーパーソンとなった指輪の正体を、最終話まで仄めかすことが出来なかったところです。
    おかげで壮大な後付感が……
    ノックスの十戒という訳でもありませんが、文章の所々に、最終章へと繋がるようなヒントを
    織り交ぜつつかつそれがさりげないものになるよう、もっと意識すべきところはありました。
    まだまだ修行中です。

    原作の方に、究極の少女の在り方(というか彼女自身の知覚)は描かれていません。
    ですが私の中で、彼女は本当は存在しないのではないか……という脳汁が爆発してしまった
    ので書いてしまいました。

    世界観、についてのお話。
    世界観とは、その名前の通り『世界』の『観方』だと何処かで聞きました。物語の登場人物が
    どのようにその世界で感じ、ものを見ていくか。そして物語は動き始める。
    その動いている状態が、本来の意味の『世界観』なのだ、と。
    『設定』=『世界観』と思っていた私には相当ショックな言葉でした。
    本来は設定を組んだ上で書き始めないといけなくて、てんてこまいになってしまいそうなので
    すが……『ローゼンメイデン』は根幹となる背景、キャラが既に確立されています(そこからの
    味付けはまた別のお話となりますが)。
    ですので今回、新しい登場人物がぽんぽん出てきたわけですけれども。そういう手法がとれる
    のは、ssならではだなあと思います。そしてそれを書いているのは非常に楽しいです。
    基本はやっぱり、妄想ですから。


    スレの方でも書きましたが、ss書きはちょこっとだけお休みさせていただきます。
    次回作は、また日常を描いたものにしたいのですが……
    今まで自分が書いてきたものの中で、割と重要な役を任されながら、メインになれなかった
    ドールズが一人だけいます。次はその娘……でしょうか?

    それでは。五割の妄想と三割のお酒と二割の胃痛で出来上がっている文章。
    お読みいただき、本当にありがとうございました。感謝しきれません、本当に。
    この元ネタを出してくださった方にも、もう一度感謝を。

    最後まで続けられたのは、皆様のお陰です。


    またいつか、お会いできることを願って。それでは、失礼します……




|