※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不定期連載「戦え!アルローズ!!」

突如町中にて破壊活動を始めたキャットクロス!!

その時、運悪くも一人の男の子が怪人ニャンザーに捕らえられてしまった!!

母「ああ…私の息子が…」
子「助けてー!!」
二「ええぃ!おとなしくしろぅい!!にゃ」
母「ああ…どうすれば…」
真「(見つけたわキャットクロス…!)今よ!変身!!」
キイイィィィン…!


?「そこまでよ!!」
二「な…その声は!まさか!?にゃ」
ア「サントマリオからの使者、アルローズ、参上!!(高い所)」
二「ぐぬぬ、またしても邪魔をするか!ニャ」
ア「ハッ!(シュタ!)」
二「クッ!戦闘残業員(ニャッカー)!!者どもかかれぇい!!」
戦「キィィィィ!!」

ニャッカーが一斉に襲い掛かってきた!!
ア「はいはい、ローズテイル。」
―ぎゃああぁぁぁ!!―
八割倒した!!
ア「ハァァァ…」
―ガス!!バキ!!ヌルポ!!ガッ!!―
アルローズは残った敵を体術で殱滅した!
ア「ニャンザー!後はあなただけだわ!!」
二「クソォォォ!!」
ニャンザーは装備した爪で切り掛かってきた!


二「ナアアァァァ…!」
ア「あまい!ディフレクト!!」
しかしアルローズは剣で攻撃を弾き返した!
二「な、なにぃぃぃ!!二」
ア「清流剣!!」
ズバッ!!
二「グハァッ!!」
ア「これで止めよ!!爆砕正拳絆パンチ!!」

ドッギャアアァァァンン!!

二「お、覚えてろにゃぁぁぁぁぁ……」
真「キラーン☆というような音が出そうな勢いで飛んでったわ。」

子「ママー!!」
母「ああ…!この子を助けて頂きありがとうございます。」
子「助けてくれてありがとう!アルローズ!!」
ア「いえ、私は当然の事をしたまでです。一刻も早くキャットクロスを壊滅させなければいけないので、では。」


そう言い残すと彼女は砂塵のごとく消え去った。
この世界に平和が訪れぬ限り彼女の戦いは終わらない。

次回予告!
真紅はある青年と出会う。どこか頼りない彼だか…
そしてまたまたキャットクロスの魔の手が!!
次回!戦え!アルローズ!!
「ニートの青年」

真「ぶっつぶしてやるわ!!」

※予定していた内容と異なる場合があります。


|