※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水銀燈が泣いていた。
僕は、彼女のあんな顔みたくない。
僕がせめてできること。水銀燈が壊した人形を直すことくらいなものか。
“こんなもの”なんていってたけど、ずっと大切にしていたものだ。
今頃、後悔しているはず。
僕は水銀燈の部屋に戻り、人形を直し始めた。
しばらくして、このくんくんの人形に違和感を覚えた。
この人形は、なにか違う。
なにかがよく分からないんだけど……
僕は、直し終わったくんくんの人形を眺める。
僕の記憶をたどりつつ、
前後、上下左右、色々な角度からじっくり見てみる。
僕はようやく違和感の正体に気がついた。
水銀燈に伝えないと………、
彼女を慰めることができるはず。
けれど、彼女の行方はわからない。
手ぶらで外に出たし、そんな遠くへはいけないよな。
待ってたら部屋に戻ってくるはず。
入れ違いになるのは、避けたいし、水銀燈の部屋で待とうか。
 
午前2時ごろ、扉の開く音が聞こえた。
ジ「………よう、心配したぞ。」
水銀燈は、少し驚いたようなそぶりを見せたあと、口を開いた。
銀「なんで、私の部屋にいるのよ。
  放っておいてっていったじゃない………。」
ジ「いやだね。そんなこと、僕が聞くと思ってるのか?」
銀「もういや、放っておいて、私を一人にして!
  私なんて、誰からも必要とされない壊れた子なのよ。」
ジ「僕には必要だ!僕には、水銀燈が必要だ!!」
銀「え?」
ジ「お前は、キライかもしれないけど、
  僕は、水銀燈の髪、好きだ。すごい綺麗だと思う。
  僕の淹れた紅茶をおいしそうに飲んでくれるのが好きだ。
  僕は、水銀燈が僕の部屋に尋ねてくれることを楽しみにしてる。」
銀「ジュン………」
水銀燈は、少し黙り込んだ。
ジ「……水銀燈……コレ。」
僕は、直した人形を差し出す。
銀「え、………直してくれたの?」
少し嬉しそうに見えた。
やっぱり、彼女はオヤジさんのことが好きなんだ。
ジ「あぁ、まったく同じってわけではないけど、
  ……大切なものだからな。」
銀「……でも、こんなの持ってたって、お父様は……」
表情が曇る。
違う。僕がみたいのは、こんな顔じゃない。
ジ「こんなのっていうなよ。
  せっかくの手作りのぬいぐるみなんだしさ。」
銀「え、手作り………?」
ジ「そう、タグもないし……。それにしっぽの先が色ついていないしな。
  本当なら、尻尾の先も茶色のはずなんだ。
  僕も昔作ったことがあったから分かった。
  オヤジさんは、TVで見たくんくんを元に作ったんだと思う。
  あんまり、TVで後ろ姿はでてこないし。」
銀「そんな、お父様が……」
ジ「来れない理由は分からないけど、
  オヤジさんは、水銀燈のこと嫌ってなんかいない。
  それがなによりの証拠だ。」
銀「お父様……」
水銀燈は、ぬいぐるみをぎゅっと抱きしめる。
銀「……ジュン、ほんとに、ほんとに、ありがとう。」
彼女は、泣きながらだけど、少し笑ってくれた。
 
数日後、水銀燈が、僕の部屋を訪れた。
銀「あの時は、ほんとにありがと。
  ジュン、紅茶好きでしょ?
  これ、シャングリラって紅茶の葉なんだけど、よかったら貰って。」
ジ「おぉ、ありがとう。
  シャングリラか。
  よくこんなの手に入ったな。
  ただでさえ、生産量すくないし、
  日本には、ほとんど出回らないのに。
  どこで手に入れたんだ?
  高かっただろ?
  ……あー、ごめん、なんか一人で盛り上がっちゃって」
銀「ふふっ、かまわないわよぉ、
  すっごい嬉しそうだもの。」
ジ「とりあえず、一緒に飲まないか?」
銀「でも、あなたにプレゼントしたものだし、
  私が飲むのも……」
ジ「紅茶は、おいしく飲めればそれでいいと思うんだ。
  僕は、水銀燈がおいしそうに飲んでくれるのが嬉しいから、
  ひとりで飲むより水銀燈がいるとおいしく感じれるから、
  だから一緒に飲みたいんだ。ダメか?」
銀「ふふっ、そこまで言うなら、一緒に飲んであげるわぁ。」
その後、二人で飲んだ紅茶は
昔飲んだ、僕がずっと飲みたかったあの紅茶の味に近いような気がした。
 
きっと、誰もが、誰かを呼びたがっているし、呼ばれたがっている。
 
呼びかける声の内容は、変わるかもしれない。
 
呼びかける声が届きづらくなるかもしれない。
 
時には、その声が重荷になるかもしれない。
 
けれども、きっと、どんなになっても、
呼ぶ声は絶えないし、呼びかけてくれる声もまた絶えない。
 
だから、精一杯の思いを込めて、
 
 
       あなたを呼ぶ
|