※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あなたを呼ぶ」





紅「……ジュン、お茶を入れて頂戴」
ジ「はいはい」
僕はいつもどおり紅茶を淹れる。
真紅と僕だけのいつもどおりの部屋。
違うのは、真夜中であること。
紅「……ねぇ?」
ジ「ん?」
紅「……本当にいってしまうの?」
ジ「ああ、僕は、東京の学校に行って、服飾について学ぶ」
真紅に言い聞かすように、そして、僕自身にも言い聞かすように言った。
真紅には、ずっと前から言っていた事だ。
でも、真紅は、信じられない、いや、
信じたくないのだろう。
ジ「ほら、できたぞ」
真紅はいつもどおり優雅に紅茶を口に運ぶ。
いつもどおり、静かな空間。
違うのは、その沈黙が心地の良いものではないこと。
紅「……明日は早いんでしょ?遅いのに呼び出して悪かったわね」
ジ「別にいい。じゃあな、真紅」
僕は立ち上がる。
紅「待って」
ジ「ん?」
僕は振り返らず立ち止まった。
紅「私は、……その……
  ……いいえ、お茶を淹れてくれてありがとう。」
ジ「…………うん」
僕は、そのまま振り返らず、真紅の家を出た。
多分、真紅は泣いていたと思う。
見たら、決意が鈍る気がして、振り向かずに外に出た。


東京に行く電車には、友達が見送りにきてくれた。
「元気でやれよ」
「たまには、帰ってこいよ?」
いろいろな人に、いろいろな声をかけられたが、
真紅の姿はなかった。
でも、そっちのほうが良かったのかもしれない。
真紅とはずっといっしょにいた。
恋人や親友って表現が適切ではないにしろ、ただの友達でもない。
何も言わなくとも、大体のことはわかる、居心地のいい関係。
僕自身、真紅としばらく会えなくなるのが、
嘘のように思えるくらい、日常の欠かせない、空気みたいな関係。
だから、真紅の泣き顔を見てると、
僕も泣いてしまうだろう。
いろいろ考えているうちに、電車は、走り出した。
紅「ジュン!」
ふと、真紅が僕の名を呼ぶ声が聞こえた。
窓の外を振り返ってみても、真紅の姿は見えない。
幻聴が聞こえるなんて、相当参ってるな。
僕は、自分を笑いながら、少し、泣いた。
|