※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある日の、桜田家ある意味今日も平和である。
今日ジュンは、恋人の蒼星石を呼んでいる。
昨日の授業中ジュンは思った、もしかして俺って、変態値数が足りねぇんじゃねぇの!?、と。
そこでジュンは、今日は色々蒼星石にアヤシイ事をしてみようと思う。


J:蒼星石ー、アイス持って来たよー。
蒼:あ、うん、ありがとう。
蒼:・・・ジュン君、何かこれ、ヌルヌルするんだけど?
J:ん?蒼星石は、オリゴ糖入りアイスは知らんのかい?
蒼:お,オリゴ糖?・・・まぁ、美味しいからいいや。
J:ガジガジ・・・(あ~やべぇオリゴ糖アイスと、格闘する蒼星石可愛い・・・鼻血が出そう・・・)
蒼:ペロペロ・・・(?何か視線が気になるような・・・)
J:ムシャムシャ、ゴクン・・・(あ、蒼星石の小さな手が、白くてベタベタに・・・)
蒼:はぁはぁ・・・(何かこのアイス、硬くて食べづらいなぁ・・・)
J:・・・ポタポタ(あ、鼻血が・・・)
蒼:ジュン君!?ちょっと待っててね!


そう言うと蒼星石は、自分のポケットのティッシュを千切って、ジュンの鼻に詰めた。


J:あ、ああ、有難う。
蒼:ふふっ、如何いたしまして、暑さにやられちゃったんだね。
J:(蒼星石は無垢で良いねぇ、つーか蒼いから蒼星石なのでは?)
蒼:ジュンくーん?
J:(あー、やっぱり無垢で天然だから・・・)
蒼:ジュン君?気が付かないと・・・キスしちゃうよ?


そう言って蒼星石の顔が、ジュンに徐々に近づいてくる。
初めてのキスまで後30㎝の所で、ジュンが意識を取り戻す。


J:・・・うわぁ?!
蒼:ひゃあ!・・・び、びっくりしたー
J:どうかしたのか?(まさか、今日の計画が・・・まさかね・・・)
蒼:いやちょっと、さっきのアイスの液体で、身体がちょっと汚れたから、お風呂を貸してもらおうと思って・・・


そう言うと、蒼星石はアイスの掛かった、胸元を見せた。
意外と、胸は・・・有るようだ。


J:・・・(この子は、本当に天然ボケですね?神様。)
蒼:?取り合えず、入ってくるから・・・あ!そうだ、ジュン君も一緒に入る?
J:いやいいや。(俺の理性が絶対持たない。)
蒼:そう・・・(しょんぼりしている。)それじゃ、行って来るね?
J:ああ・・・(今のうちに次の物を用意するか・・・)


そう言うと、ジュンは台所に入っていった。


蒼:いい湯だな♪アハハ♪~
蒼:それにしても今日は、色んな液体が身体にかかるなぁ・・・


そう言うと、蒼星石は風呂からあがって行った。
その頃、ジュンは晩飯の為に、とろろを擦っていた。


J:ああ、眠い・・・何で蒼星石呼んだんだっけ・・・あ、そうか遊ぶためか。
蒼:ジュン君ーあがったよー。
J:うぇーい!・・・って、腰タオルだけで来るな!!!
蒼:あ、そうか風邪引くもんね?
J:(ああっ!この子ったら!!何て不憫なんでしょう!)
蒼:?大丈夫?何か病気?
J:!い,いや何でもない・・・
蒼:そう?それじゃ、着替えてくるね?
J:・・・ああ。(危ない危ない、もうすぐでまた、鼻血が出る所だった・・・)
蒼:ジュン君ー。
J:うわぁ!?な、何だ蒼星石か、んで何?
蒼:服が汚れちゃったから、服を借りたいんだけど・・・
J:ああそうか、それなら2階の階段の前の姉の部屋にあるから、好きなのを取ってきてくれ。
蒼:はーい。


そう言うと、蒼星石は2階に上っていった。


蒼:えーっと?コレかな?・・・何か華やかだなぁ・・・似合うかな・・・まぁ良いや、下に行こうっと。
J:あー、指がとろろ臭い・・・
蒼:ジュン君着てきたよー。


其処に現れたのは、白をモチーフにした・・・いや!むしろプリキュ○!!何で姉がこんな物持ってんのおぉぉぉ!?


J:ポカーン・・・
蒼:ど、如何かな・・・似合う?
J:似合う、まさかそんなに似合うとは・・・
蒼:有難う、そう言って貰えると嬉しいよ♪
J:(・・・ああ、何でこんなに可愛いのに、心が痛むんだぜ?)
蒼:?ジュン君、今日は本当に大丈夫?
J:(ズキン!!)はは、大丈夫、大丈夫・・・(コレ以降は、もう変態的行為はやりたくねぇ・・・)
蒼:所で今日、ジュン君の家に泊まって良い?
J:ああ、良いよ。(さぁさぁ、もう6時ですよ。)


そして、夕方は更けていく。
その後、蒼星石はジュン君と一緒に寝たことを、悪びれる事無く、楽しそうに皆に話していた。


後日談


俺:世界で一番怖いのは何?
J:天然乙女。
俺:気分は?
J:MOTHER3楽しいですね。アッハッハッハッハー・・・はぁ・・・

|