※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お昼
笹「時代はロボ娘」
JUM「だな」
薔「・・・・・」

放課後
べ「JUM、帰ろう」
JUM「笹塚は?」
べ「廊下に立ってる」
JUM「じゃあ帰るか」

JUM「でさ・・・」
べ「本当か?・・・・あ」
JUM「ん?・・・・あれ、薔薇・・・水晶?」
薔「違う・・・私はアンドロイド薔薇リン」
JUM「・・・・・」
べ「・・・・・」
薔「・・・・・大車輪ロケットパンチ」
ドコオオオォォォォォ!!
べ「あべし!?」
ヒューーーーーーーー・・・キラーン
JUM「あ・・・星になった」
薔「・・・・・どう?」
JUM「・・・・・・・」
薔「・・・・(ご褒美ちょうだいオーラ)」
JUM「え、えっと・・・凄い凄い(なでなで)」
薔「あん・・・・えへへ」








薔「ロックマン・・・難しい・・・」
JUM「そりゃノーマルショットで戦ってりゃな・・・」
薔「?」
JUM「そのボスにはこの武器が・・・で、このボスにはこの武器が・・・」

薔「・・・なるほど」
JUM「つまりジャンケンの法則だな」
薔「・・・・・・」
JUM「?」
薔「私とJUMの関係は?」
JUM「は?」
薔「関係は?」
JUM「・・・薔薇水晶の方が強い?」
薔「JUM・・・そういう趣味なんだ・・・私頑張るね?」
JUM「いや、僕の方が強」
薔「JUM・・・私JUMになら何されてもいいよ」
JUM「い、いや、相子だ」
薔「つまり相性ピッタリだね、結婚しよう」
JUM「・・・・・・・」









薔「JUM・・・勉強教えて」
JUM「教えてもらうほど成績悪くないだろ」
薔「男女二人っきりで個室で勉強って素敵じゃない?」
JUM「別に」
薔「JUMは幼稚園の頃私のパンツを見て鼻血を」
JUM「さあ勉強しよう」

薔「JUM・・・ここ教えて」
JUM「ああ、ここは・・・だからこうなるんだ」
薔「わかった・・・付き合おう」
JUM「何がわかったのやら」

薔「JUM・・・ここ教えて」
JUM「ああ、ここは・・・だからこうなるんだ」
薔「OKわかった、キスしよう」
JUM「何を聞いていたんだ」

薔「JUM・・・ここ教えて」
JUM「ああ、ここは・・・だからこうなるんだ」
薔「話はわかった・・・しよ?」
JUM「一度病院に行く事をおすすめする」

薔「JUM・・・ここ教えて」
JUM「ああ、ここは・・・だからこうなるんだ」
薔「わかった・・・ここはこの法則を使うんだね」
JUM「だから人の話を・・・あ」
薔「引っ掛かった・・・・」
JUM「・・・・・それで?」
薔「・・・・・・・さあ?」
JUM「・・・・・・・」








薔「・・・寒い・・・もっと厚着すれば良かった」
JUM「昨日と比べてかなり気温低いからな・・・ていうか天気予報見なかったのか?」
薔「朝にはテレビじゃなくてJUMの事を思うのが私の日課」
JUM「天気予報は毎日見ろよな」
薔「・・・流された」

薔「・・・ねぇ」
JUM「ん?」
薔「男女二人っきり+気温が低い+女の子が寒がっている=体であた」
JUM「ほら上着貸してやる」
薔「・・・JUMの匂い」
JUM「馬鹿な事言ってないで・・・うわ、雨降ってきた、天気予報じゃ晴れって言ってたのに」
薔「濡れちゃう・・・」
JUM「走るぞ」
薔「うん」

次の日かしらー
JUM「大丈夫か?」
薔「・・・風邪引いた・・・」
JUM「何かして欲しい事あったら言えよ」
薔「JUM・・・ごめんね・・・折角の休みなのに・・・」
JUM「はぁ、僕とお前の中だろ、遠慮すんな」
薔「ありがと・・・やっぱりJUMは優しいね・・・」

薔「ね・・・JUM・・・」
JUM「ん?」
薔「・・・大好き」
JUM「はいはいワロスワロス」
薔「・・・・ちぇ」
薔(JUM・・・ほんとにほんとにね・・・大好きだよ)









JUM「・・・なあ」
薔「なに?」
JUM「なんで僕らは二人して床に寝そべってるんだ?」
薔「・・・GWだから」
JUM「GWだと意味も無く床に寝るのか」
薔「だって暇じゃない」
JUM「旅行でも行け」
薔「暇だから遊んだり」
JUM「聞けよ、つーかどんな遊びだよ」
薔「人間神経衰弱」
JUM「・・・・二人でか?」
薔「うん」
JUM「・・・・カード二枚分しかないんじゃ?」
薔「・・・・これは盲点」
JUM「・・・・・・」


薔「・・・・眠くなってきた」
JUM「寝れば良い」
薔「JUMがキスしてくれれば寝るかも」
JUM「おやすみ」
薔「JUMの横げとー」
JUM「・・・・ぐー」
薔「ね・・・JUM・・・しよ?」
JUM「・・・・ぐー」
薔「・・・・・」
JUM「・・・・ぐー」
薔「おやすみ」
JUM「おやすみ」










薔「・・・好き」
JUM「はいはいワロスワロス」
薔「・・・好き」
JUM「ねーよ」
薔「・・・好き」
JUM「・・・・・」
薔「・・・好き」
JUM「僕は君が嫌いだ」
薔「・・・・・」
JUM「・・・・・」
薔「・・・・・」
JUM「ごめん嘘」
薔「・・・好き」
JUM「あるあ・・・ねーよ」
薔「・・・おやすみ」
JUM「おやすみ」








水銀燈や真紅にまとわりつかれているジュンを見て焦りを覚えた薔薇水晶が、浮気防止策を謀るようです。

薔「…あ、もしもしジェバンニ? 一晩でやって欲しい仕事があるんだけど…。
  え、できる? …まだ内容言ってないのに、即答だね…。まぁいいや。で、その内容だけど……」



翌日、秘蔵のエロ本を開いたジュンに衝撃が走ったようです。

ジ「全てのページの写真に薔薇水晶の顔がアイコラされているっー!!?」









薔「陰謀の匂いがする」
JUM「は?」

薔「GWにどこも出かけずのんびりなんて陰謀の匂いがする」
JUM「ないない」

薔「GWといえば二人っきりで旅行と相場が決まってる」
JUM「ないから」

薔「きっとこれは宇宙人の仕業」
JUM「ありえないから」

薔「火星人ってなんでタコなんだろう」
JUM「知らないから」

薔「宇宙旅行行ったら彗星のカケラを瓶に詰めて持ち帰りたい」
JUM「無理だから」

薔「まあ旅行行くお金ないけどね」
JUM「旅行行きたいとか言い権利もないじゃない」

薔「いうだけはタダ」
JUM「悲しくならないか?」

薔「それよりご飯できたよ」
JUM「いただきます」








薔「ねえ」
JUM「うん?」
薔「お風呂上がった後は牛乳が定番だよね」
JUM「まあそうだな」
薔「けど私はデカビタドリンクも良いと思う」
JUM「知らんがな」
薔「JUMはフルーツ牛乳とコーヒー牛乳どっちが好き?」
JUM「コーヒー牛乳」
薔「けど私がこの前盗撮した時ははちみつレモン飲んでたよね」
JUM「あるあ・・・待て」
薔「しってる?コーラって宇宙人が地球に持ち込んだんだよ」
JUM「ねーよ」
薔「ちなみに火星人」
JUM「またか」
薔「持ち込んだのはダックソンⅧ世」
JUM「誰だよ」
薔「誰だろ?」
JUM「知るか」
薔「のぼせてきたからそろそろ上がろ?」
JUM「コーヒー牛乳でも飲むか」









綺麗に言えば以心伝心。
でもそれは退屈な関係と隣り合わせ。

謎めいたところにひかれるなんて、
眼帯つけて言うけれど、
そのくせ彼女は知りたがり。

いつかはなくなる僕の秘密、
知られたそばから新しく、
秘密つくらにゃ間に合わん。

ミステリアスを貧りあい、
僕らはいつしかお腹一杯。
それでも僕は彼女のため、
天井裏に隠しとこう。

それが僕の秘密。
幸せなふたりの秘密。








薔「しってる?GWって言うのはカナリアワールドの略」
JUM「ねーよ」
薔「話的にはカナリアが雛苺を誘拐して巴がカナリアをボコりにカナ城まで大冒険する話」
JUM「はいはいワロスワロス」
薔「ファイヤカナリーを取ると真紅ボール、スーパーカナを取ると巨大化、水銀燈を取ると飛べる」
JUM「パクリじゃん」
薔「ところでやらないか」
JUM「だか断る」
薔「じゃあ私の事好き?」
JUM「・・・・・・好き」
薔「・・・・えへへ」
JUM「・・・・・・」
薔「ね・・・・JUM・・・・」
JUM「今日は良い天気だな」
薔「もう一回好きって言って」
JUM「明日の朝は大根の味噌汁が食いたいな」
薔「・・・・」
JUM「全ての超常現象はホラにすぎない、どんとこい超常現象」
薔「照れてる?」
JUM「・・・・・・」
薔「・・・・大好きだよ」
JUM「・・・・寝るぞ」
薔「・・・うん♪」








薔「JUM・・・大事な話があるの」
JUM「なに?」
薔「・・・できちゃった」
JUM「な、なんだっ」
薔「というのは嘘で」
JUM「おい」
薔「大事な話なの・・・耳かして」
JUM「あ、ああ」
薔「実は・・・」
JUM「・・・ごく」
薔「・・・・・ふぅー」
JUM「うおえわあ!?な、なにする貴様!?」
薔「・・・・引っ掛かった」








べ「やっぱり純愛だよな」
JUM「まあ歪んだ恋は勘弁だな」
帰り道
JUM「でさ・・・・」
薔(物陰から)「ジー・・・・」
笹「・・・・・・」

夕方
携帯<ブーブーブーブー
JUM「ん、メールか?」
送信者・薔薇水晶
内容・好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好
JUM「・・・・・・」


JUM「さて、そろそろ風呂入るか」
ガラガラ
薔「・・・・・背中流してあげる」
JUM「なんで人の家の風呂場に待機してるんだよ」

深夜
JUM「さて、もう寝るか」
布団に入るJUM
薔「・・・・・おやすみ」
JUM「なんで人の布団の中にいるんだよ」

雪「・・・ばらしーちゃん」
薔「・・・なーに?」
雪「純愛とストーカーは違いますよ」
薔「・・・・・そうなの?」
|