※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

推奨BGM「サスケ」:彼女


J「・・・誰だ?こうしたのは?」
蒼「あー、あー。」


蒼星石は、ジュンの机の上の白い液体から、明らに目を反らしていた。


J「・・・お前か。」
蒼「ははっ!何の事だい!?」
J「正直に言わないやつには・・・」


その瞬間、そっぽを向いている、蒼星石の顔をこっちに向け、甘いキスを・・・


蒼「うぇっ!にがっ?!、何コレ!?」
J「残念、99カカオだ。」
蒼「もう、僕がそれ嫌いなの知ってるのにー。」


そう言って、無邪気に頬を膨らませる、彼女の姿に、そのただ穢れの無い、その無垢な姿に。
ああ愛しい、素直にそう思った、ただ彼女と恋人であるだけ、ただそれだけなのに。
彼女がいなくなったら、全身が萎んでしまう、そう思うことすらある。
僕は駄目だな、彼女とはとても、釣り合いが取れないかとすら、最近思う。
こんなに近いのに、僕は彼女の心を守れるだろうか?


蒼「もー、今日は一緒に手を繋いで帰ってもらうからね?」
J「・・・ああ分かった、けど少し、ほんの少し、聞きたいことがあるんだ。」
蒼「何だい?」
J「君は本当に、僕と一緒で言いのかい?」


数秒の間が空く、その後彼女はこう言った。


蒼「ふふっ、あはははははは!!」
J「なっ、何がおかしいんだい?」
蒼「馬鹿だなぁ、君がソレだから良いんだよ、君みたいに心の底から、本当に安心できる人は、早々居ないし。」
蒼「それに君は、その上どんな困難にも、気丈に立ち向かえるような、丈夫な心を持っている、だから僕は君を選んだんだ。」
J「そう、か。」
J「御免な、変なこと聞いて。」
蒼「良いんだ、僕も本当は少し心配だったから。」
蒼「それじゃあ、帰ろうか。」
J「ああ、そうだな・・・」


そして、僕と彼女と、手と手を握って帰る途中、彼女はこう言った。


蒼「ただ愛している、ただそれだけ、なのに壊れそうなこの心。」
J「・・・僕もだ、愛してる。」
蒼「うん・・・有難う。」


そう言って、彼女は僕に身を摺り寄せて向かい合い、こう言った。


蒼「何時までも、私は貴方を求めます。」
J「?、なんかの御呪い?」
蒼「君が僕のことを好きなら、何時までも貴方を守りますって言って?」
J「分かった。」
蒼「何時までも、私は貴方を求めます。」
J「何時までも、私は貴女を守ります。」
蒼「ふふっ、さぁ、行こうか・・・今日、君の家に泊まってもいい?」
J「ああ、良いよ。」
蒼「有難う、ちょっと姉と喧嘩しちゃってて・・・ありがとう。」
J「如何いたしまして、私の大切な恋人よ。」
蒼「ふふっ。」
J「はははっ。」
2人「あははははは・・・」


そう言うと、2人は夕暮れの小道を、身と身を合わせて帰っていった。


推奨BGM「サスケ」:青いベンチ


その後の川の端のとある2人。


真「・・・どう?気分は。」
翠「複雑ですね・・・」
真「・・・きっと良い事有るわよ。」
翠「そうだと良いですね・・・」


その、珍しく気弱な彼女の発言に、今は何も言わないのが、得策だと考えた彼女は、黙って隣にいた。


翠「・・・明日あの2人におめでとう、とでも言うですか・・・」
翠「そうですね、自分の妹の門出ですもんね・・・真紅胸借りてもいいですか?」
真「ええ・・・」


そう言うと彼女は、溜まった物を、吐き出すかのように真紅の胸で啜り泣き始めた・・・


翠「ひっく・・・ありが・・・ぐすっ・・・とうです・・・ぐすん・・・真紅・・・」
真「今日だけは、我慢しなくてもいいのよ?」


そう言って、翠星石はダムが決壊したかのように、大声で泣き。
真紅も、つられたかのように、すすり泣き始めた。

|