※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トランプタワー


銀母「水銀燈ーご飯よー」
J「お母さんよんでるよ、いかなくていいの?」
水「いいの、すいぎんとうはジュン君のそばがいいのぉ!」

何処にでも居る仲の良い幼馴染。
そして、時は経ち。高校生・・

J「ちょ、待ってくれよ水銀燈、歩くの早すぎ」
水「もぉ、早く歩きなさいよ、これじゃあ遅刻するわよぉ・・まったくぅ」
J「お前がどうしても全クリしたいゲームがあるからって言うから徹夜、付き合ったのに・・」
水「その件は感謝してるわぁ~。まあ、それに免じてユックリ歩いてあげるわぁ~感謝なさぁ~い」

思春期のいざこざも何のその、二人は親友に成っていた。


教室
べ「なあ、ジュン君。君はあの超美人の水銀燈の幼馴染らしいじゃないか・・」
J「そうだけど、今更如何した?前から知ってる事だろ?」
笹「だから、さ。チョトぐらい浮いた話あるんだろ?」
べ「ホラー映画を見た後『怖くて一人じゃ寝れないのぉ・・一緒に寝てくれる?』とか」
笹「『今日は親が居ないから、家に泊まりに来なぁい?』とか、そう言うのは」
べ・笹「ないのかいっ!?」
J「へっ?ないよ」
~1分経過~
べ「きぃぃぃぃぃぃ、この馬鹿野郎がっ!あんな美人な幼馴染が居るんだぞ?間違いの一つぐらい起こすだろ!?」
笹「いや、起きるだろ!!僕なら・・うへへへへ(妄想にトリップ)」
J「いやいや。俺と水銀燈はだな(ry」

巴「銀ちゃん・・凄い人気ね」
水「まったく、困った物だわぁ」
巴「でもさ。銀ちゃん、本当はジュン君と付き合ってるんじゃないの?」
水「へっ・・?私がジュンとぉ?そんな事ないわよぉ、あはは、可笑しぃ~」
カッパの皿が太陽電池だと聞いたかのように笑う水銀燈。
巴「(ムッ)じゃあ。誰か好きな人でも居るの?」
水「そうねぇ・・サッカー部の白崎さんなんて、良いかしらぁ」
巴「あの白崎さん?もしかして告白するのっ!?」

各々好きな話題で盛り上がる面々。そして、放課後


J「よう、水銀燈一緒に帰ろうぜ。今日こそはトランプタワーを完成させよう」
水「ごめんねぇ。今日はちょと残らないと駄目なのぉ、先に帰ってくれるぅ?」
J「ま、そう言う日もあるよな。じゃ、先に帰っとくよ、又な」
水「じゃあねぇ~」
 ↓
水「よし、これで終わりぃ(・・すっかり、遅くなっちゃったかしらぁ)」

ガラガラガラ

白崎「なあ、水銀燈。ちょと話があるんだが・・いいよな?」
水「し、白崎さん・・(憧れの先輩が私に話し?)」
白崎「行き成りだが。俺と付き合ってくれないか?」
水「えっ・・で、でもぉ・・私先輩の事良く知らないしぃ・・」
白崎「よし、なら明日は休みだし俺とデートしよう。それで考えてくれ」
水「で、デートぐらいなぁ・・大丈夫ですけどぉ・・(きゅ、急展開ねぇ」
白崎「よし!じゃあ明日11時ごろに古時計前な、じゃ!」
水「あっ、ちょと・・行っちゃったぁ・・でも、ふふ。私にも春が来たのねぇw」

ベ「・・と、とんでもない所を目撃してしまった・・」
ロッカーの中からベジータが見ていた


夜7時・水銀燈自室
『ガチャ』
J「お帰り、お邪魔してるよ。トランプタワーもあと一段で・・」
水「(ぽけー)・・・トン」
『ばらばらばらばら』
J「う、うわああああ!!!俺の努力と愛の結晶がっ!!な、何をするだー!」
そう言い水銀燈に掴みかかるジュン
水「ちょっ、きゃー!何で私の部屋にジュンが居るのよ?!出てってっ!!」
顔を真っ赤にしてジュンを部屋から押し出そうとし
J「お、おい。呼んだのはそっち・・」
『ガチャ パタン カチン』
押し出された。
J「あ、あれー?水銀灯の奴どうしたんだ?」
 ↓
ジュン自室
J「まったく、どうしたって言うんだ・・」
『ピリリリリリリリ』携帯が鳴り響く
J「こんな時間にどうした?」
時計の針は11時を指していた。
べ「き、聞いてくれ!カクカクシカジカ、でよ。大変だぜ・・」
J「いやいや。それは逆に喜んでやる事だろ?」
べ「ちげーよ!あの白崎って奴は色々悪い噂が絶えないんだよ!」
J「はあ、例えば?」
べ「自分の女を仲間数人で輪姦してたりするらしい・・」
J「ちょ、何言ってるんだよ。そんなのガセに決まってるだろ!?」
べ「言いたい事はこれだけだ。明日の11時、古時計前。忘れるなよ!守れるのはお前だけだからな!
  俺はオナって寝る、又な!」
J「おい、待て・・って、抜きすぎは体に毒だぞ・・」


古時計前、10時45分
水「(んー白崎先輩まだかしらぁ・・)」
男「ようよう、お姉ちゃん。暇なら遊ばない?」
水「えっ・・私人を待ってるから・・」
男「そうかー残念、今度暇な時に遊ぼうな」
待ち始めて約15分、彼女は3分置きにナンパされてた
J「(こ、これで5人目だぞ?)」
そして、それを見守るジュン。

白崎「やっ、待った!?」
水「ぜ、全然待ってません!」
時計の針は11時30分を指していた
白崎「じゃ、まずはご飯でも」
水「は、はい・・(ぽけー)」
J「あの野郎、1時間も待たせやがって・・」
ジュンが一人怒っていた。
 ↓
白崎「はははーそれでねー」
水「は、はぁ(聞いてたのと、ちょと違うような・・)」

不良1「おいおい、あの娘可愛くね?」
不良2「ひひひ。だな、ちょとゲットしに行こうぜ」
J「・・・おい、その二人。ちょと来い」
不良1・2「あぁぁぁん!?上等じゃねーか!!」
『ぼこぼこ、バカスコ』
J「まったく、二人を見失ったじゃないか・・」
路地裏から一仕事終えたジュンが出てきた。

その後も色々と仕事をしながら二人について行くジュン。

J「はぁ・・何だよ、白崎って奴超いい奴じゃねーか・・はぁ、俺の休みを返してくれ('A`)」
J「っ!(白崎がこっち来る!?)」
携帯電話で話しながらこちらに近づいてくる
白崎「・・な、ああ。8時ごろに薔薇公園で待っててくれ、なーに大丈夫。ビデオでしっかり撮ってやろうぜww
   おう、おう。じゃ、又なw」
電話切る
白崎「くそっ!あの害虫共がっ!あの写真さえなかったら・・一人で楽しんでるのに、くそっ!!」
そう言い、水銀燈の所に戻っていく。
J「・・・・ありがとうな、ベジータ」

薔薇公園
見るからに不良が10人ほどたむろしている。
不良A「へへへ、白崎様様だよなww」
不良B「ああ、この写真がある限り楽しめるぜww」
 ↓
J「おい、お前ら。白崎からの伝言を伝えに来た」
不良A「おっ。どうした、何か急用か?」
J「ああ、急用だな。ふっ!」
『ドガッ、』
ジュンの掌が不良Aの顔にめり込み不良Aが倒れる
不良達「!!」
J「急用だ、お前らを掃除しに来た。8時まで後30分しかないのでな」
不良B「お前ら行くぞ!!上等だこの野郎ぉぉぉ!!」
不良達がジュンに襲い掛かる



不良B「ひっ・・ひっ・・すみません、許してください・・」
ジュンに胸倉を掴まれて立たされている不良B以外は
全員地面とキスをしている。
J「で、白崎を脅してるんだろ?どんなネタだ?」
不良B「は、はいっ!あいつが女子トイレの汚物入れを漁ってる所を
    写真に撮りまして・・はいっ、コレです。それから、それをネタに・・色々と・・」
J「ん、ご苦労」
『ゴボッ!』
ジュンの拳が鳩尾に叩き込まれる。
不良Bも地面とキスが出来たようだ。
J「・・さて、あの二人が来るまでに片付けないとな・・」

30分後・薔薇公園
白崎「(ん?あいつらが居ない?)」
水「あのぉ、そろそろ帰ろうかと思うんですけどぉ・・」
白崎「おいおい、ちょと待ちなよ。これからが楽しいんだろ?」
水「えっ・・いや・・私そんな気はないんですけどぉ・・」
白崎「ちょ、ふざけるなよ。今日散々楽しんでおいて、これか?(あいつらも居ないし・・」
水銀燈の細い腕を掴む
水「きゃ、や。やめて・・」
白崎「誰も来ないぞ、この公園はそう言う所だがらな・・」
水「や、やだぁ!助けてぇ!」


『ピリリリリリリリリリ』
携帯が鳴り響き、二人の動きが止まる。

水「・・・出ていいかしらぁ?」
白崎「ああ、いいぞ。だけど変な事を言ったら分かってるよな?」
水「わ、分かってるわよぉ・・(ガチャ)はい、もしもしぃ・・」
J「今近くに居るんだけど一緒に帰らないか?」
水「えっ、ええ?ここが何処か分かってるの?」
J「ああ、薔薇公園d」
白崎「おいっ!何話してるんだ!」
水銀燈から携帯を奪い取り、強制的に通話終了をする。

J「よう。水銀燈こんばんは」

ジュンが公園の暗闇から出てくる
白崎「お、お前は桜場!何でこんな所に・・」
そして近寄り、白崎にだけ聞こえるように
J「女子トイレの汚物入れは漁る物じゃないですよ?」
白崎の動きが止まる
J「じゃ、僕は水銀燈と一緒に帰りますので、それでわ」



帰り道、水銀灯が先頭に立って歩いてる。

水「それにしてもぉ、白崎先輩があんな奴だったなんて思わなかったわぁ・・」
J「ああ、俺の名前も間違えるしな・・」
水銀灯が振り返り
水「そういえば、一応助けてくれたのよねぇ。ありがとぉ」
J「気にするなよ。俺とお前の仲じゃないか」
水「あはははっ。そうね、それもそうよねぇ」
又、前を向く。
後ろ手に組んでる手に、ジュンの手が伸びる。
水「そう言えば、何であんな所に居たの?」
振り返る。
J「えっ、いや。ジョギングにだな・・その・・」
手を掴めず、自分の手が空を切る。
水「ふぅーん?それと、その手は何かしらぁ。もしかして私と手を繋ぎたいのぉ?」
J「い、いや。水銀燈の袖にゴミがだな・・その・・」
立ち止まってしまう。
水「ふふっ、まあ良いわ、家に帰ってトランプタワーの続きしましょうよぉ」
その手を掴む事は簡単だけど、掴んでしまったらこの関係が崩れていきそうで。
水「ほら、何してるのぉ?早く行きましょうよぉ」
考えるのは止めにしよう。今、この時を楽しむ為に。
J「ああ。そうだな、直行くよ」
僕は水銀燈の元に駆け寄った。

FIN

|