※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「保守…っと」
薔「何してるの?」
ジ「スレを保守してるんだよ。人が居ないスレは保守してあげないと落ちちゃうからね」
薔「……」
ジ「…わかった?」
薔「うん、言いたいことはわかった。結婚しよう」
ジ「話聞けよ」






槐「ふりーむくーなー涙をみせるーなー」
真「ゲッタアアアアアシャアアアアイン!!」
銀「行け!フィンファンネル!」
翠「3!2!1!」
蒼「シュート!」
金「ゴーフラッシャー!」
雛「石破!天驚拳!!」
雪「ラ゛─────ッ!!!」




薔「・・・・どう?」
ジ「どうって言われても」
薔「今度の新刊、ウケるかな?」
ジ「微妙、僕は(スパロボは)好きだけどな」
薔「そう、ジュンは(私が)好きなんだね」
ジ「なんで君はそう都合良く考えるかな」







薔「ジュンはエスパー」
ジ「何が」
薔「私は口に出してないのに私の気持ちが分かるなんて」
ジ「流石にもう予想できるようになって来ただけ」
薔「つまり私達は以心伝心相性バッチリ、結婚しよ」
ジ「・・・・・」








薔薇「雨にも負けず
風にも負けず
ただ保守をする
そういう人間に
私はなりたい」

JUM「・・・宮沢賢治?」

薔薇「素敵に詩的」

JUM「・・・」









ジ「薔薇水晶、次どこ行きたい?」
薔「・・・・・・(チラ」
ジ「ん、じゃああの店入るか」

薔「・・・・・・(ジー」
ジ「あれ欲しいのか?」
薔「・・・・・・(コクコク」

ジ「ところでさ」
薔「・・・・・?」
ジ「なんで今日は喋らないんだ?」
薔「ゼルダの伝説やって気付いた・・・時には初心に帰るのも大事」
ジ「だから昔見たいに喋らないと」
薔「・・・・・うん・・・・それで?」
ジ「何が?」
薔「・・・・・萌えた?」
ジ「別に」

薔「・・・・・くすん」







薔「ジュン、やらないか」
ジ「・・・少しは恥じらいを持ちなさい」

薔「ジュ、ジュン・・・やら・・・ないか」
ジ「お淑やかにすれば良いって訳じゃない」

薔「ジュン・・・しよ?」
ジ「変わってないだろ」

薔「ジュン、セ○ロス」
ジ「恥じらいはどこに消えた」

薔「ジュン・・・注文が多い」
ジ「・・・・・・」









薔「私はこんなにジュンの事を想ってるのに・・・」
ジ「・・・・・・」
薔「もう、ジュンに全てを捧げる覚悟もあるのに・・・」
ジ「・・・・・・」
薔「こんなにジュンを誘ってるのに・・・」
ジ「・・・・・・」
薔「ジュン!私の何が至らないの!?さっきから胸の谷間強調してるのに!」
ジ「そういう所だよ」








私、薔薇水晶。
今年の春から私立薔薇学園に入学した俗に言う女子高生というやつだ。
この話は四月から始まった私の高校生活の様子と、
私が入る事になってしまったある「部活」での日常を書き記したものである――。

新番組 薔薇学園ホスト部予告編

薔「…ふぅ。」
私、薔薇水晶。
今年の四月から晴れて高校に入学する事が出来た。
私が通う事になったのは私立薔薇学園。
私の家からは約45分位の距離である。
この学園は勉強スポーツ共に地域でもナンバーワンと言われる優秀校でもあり、
周囲からの評価は素晴らしいものらしい。

しかし、実際に入学してみた私から一言言わせて貰うと、

薔「…ここどこ?」

――広すぎる。

ここ、薔薇学園は世間一般でいう「超超超お金持ち学園」らしい。
これは後でしった事なのだけれど、この学園の卒業生の中には、
日本有数の大企業の社長をはじめ、政治家、投資グループのリーダー、IT企業の社長などの
日本経済の中心人物と言いきっても過言ではないだろう、
大富豪達が勢揃いしているという非常に由緒正しき学園なのである。

だがしかし、生憎私の家はそのような大金持ち……なわけもなく、極めて普通の一般家庭。
では何故に私がこの学園に入学出来たかというと、学園独自?の特待生制度を利用したからだ。

この特待生制度というものは受験時の獲得点数が極めて優秀な人物に
学園卒業までにかかる費用の完全免除というまあ何処にでもありそうな制度である。

薔「…なんで音楽室が四個もあるの?」

話を元に戻そう。
解りやすくいうと、今の私は完壁な迷子だ。
私は来週から始まる入学後試験に備え、静かに勉強できる場所を探していた。
特待生とはいっても、学園のテストでは必ず上位10番以内に食い込まなければ退学だ。
入学早々いきなり退学というものは余りにもかなしすぎる。


そうならない為に落ち着いて勉強できる環境を求めて今まで巡っていた図書室はどれも全滅。
超大金持ち一家の御子息達の憩いの場となってしまっていた。

薔「…こうなったら手当たり次第に空けてみよう。」

このまま何も勉強出来ずに終わってしまうのは非常にまずい。
何せ来週からは即テスト。
成績が悪ければ即退学の危機。
この年でいきなり浪人になってしまうのは非常に宜しくない。

薔「…まずはここ。」

私は意を決して目の前にある第四音楽室の扉を開けた。
そこには――、

銀「いらっしゃいませ。」

「「「ようこそ、薔薇学ホスト部へ!!!」」」

薔「…え?」

私の経験した事がない、未知の世界が広がっていた――。




キャラ設定
水銀燈
薔薇学三年生。ホスト部部長にして押しも押されぬナンバーワン。
初代薔薇学ホスト選手権優勝。文武両道才色兼備のいわゆる超天才。
個別のファングループとしては学園最大派閥の「水銀党」名誉党首。

金糸雀
薔薇学三年生。ホスト部会計。自称ホスト部の孔明。
世界有数の天才カメラマンであるみっちゃんの姪。

翠星石
薔薇学二年生。双子の妹である蒼星石とのプレイ(?)が売り。
客に媚びない活発な姿勢が一部の客に大人気。

蒼星石
薔薇学二年生。翠星石の双子の妹。
そのボーイッシュな外見と育ちのよさを感じさせる言動から男女問わず大人気。

真紅
薔薇学二年生。ホスト部副部長にして、次期部長候補筆頭。
前回のナンバーワン決定戦にて「年功序列」の壁の前に敗れ去った悲劇の乙女。
でも水銀燈の事は大好き。ホスト部での雛苺の保護者。

雛苺
薔薇学一年生。真紅と一緒にある人物の家に住んでいる。
その可愛いらしい外見から年上のお友達に大人気。Fカップ。

薔薇水晶
このお話の主人公にして薔薇学一年生。とある理由からホスト部に入部する事に。
父子家庭で、父の名前は槐。腕前は超一流の人形師だが、最近女装に走り出そうとしている。




|