※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チカンはベジータ


下校時。水銀燈は人が多い電車にのっていた。すると後ろに男がきた
銀「(はぁ満員電車ってやだなぁ)きやっ(嘘?!痴漢?!)」
銀「う…(お尻さわられてるぅ。怖くて声だせないよぅ)」
銀「ひっ…(きゃあパンツ脱がそうとしてる!やめて!やだ!)」
男「(うひっ、可愛いケツしやがってパンツ全部脱がせてやるぜ)」
ジ「おい、何やってんだ。」
男「え?!」
銀「え!?」
ジ「痴漢野郎。誰か!こいつ痴漢です!捕まえてください!」
男「やべっ!」
人「痴漢め!捕まえたぞ!」「逃がすか!」


ジ「大丈夫か?水銀燈」
銀「あ、ありがとう。ジュン君!」
ジ「別にいいよ。それより気をつけた方がいいぞ。最近痴漢多いみたいだから」
銀「う、うん。」
ジ「あ、じゃあ僕ここで降りるから。」
銀「あ、私もこの駅で降りるの。」
駅をでた二人
銀「さっきはほんとにありがとう。」
ジ「だから、別にいいよ。」
銀「ううん。よくない!あ、じゃあジュン君の役にたてる事があったら何でも言って。何でもするから!ね?」


ジ「何でも?」
銀「うん。でもやらしい事はなしね」
ジ「そんなこと頼まないよ。」
銀「じゃあ何?」
ジ「水銀燈ってご飯作れる?」
銀「ある程度はできるよ?」
ジ「じゃあ…今日、家の晩ご飯作ってくれないかな?」
銀「え?ああ、そんな事ならいいよ。でもお姉さんがいるんじゃないの?」
ジ「それが今部活の試合で4日ぐらい家にいないんだ。それで自分で作ろうとしても美味くできないからさ。頼んでいいかな?」
銀「うん。いいよ!助けてくれたお礼だもん。腕によりをかけて作ってあげるよ!」
ジ「じゃあついてきて。家こっちだから」
銀「うん」


こうしてジュンの家についた二人。
ジ「キッチンはここ。わからない事あったら何でも聞いてくれ。隣の部屋にいるから…」
銀「うん。じゃあ冷蔵庫の勝手に使うよ?」
ジ「あ、うん。悪いけどお願いな」
銀「うん。任せといて。ジュン君が絶対美味しいって言うの作るから。ウフフ」


銀「フフフ…ふーんふーん♪♪」
ジ「(なんか楽しそうに作ってるな…ご飯作るのそんなに楽しいかな?)」
キッチンからは水銀燈の鼻歌とリズムカルな包丁の音、鍋の煮立った音がしてきていい匂いもしてきた。
ジ「(何作ってんだろ?)」
銀「ねぇジュン君。塩ってどこ?」
ジ「え?ああ、右手の戸棚に…」
銀「ありがとう。もうすぐできるからね。ウフフ♪」
ジ「あ、ああ。」


しばらくして水銀燈はキッチンから料理を持ってきた
銀「はい、おまたせ。肉じゃがよ。ご飯もあるからね♪」
ジ「すごいうまそう。(涎がでてくる)」
銀「見た目だけじゃなくて味もいいと思うから。たんと召し上がれ♪」
ジ「いただきます。パク…うまい…うまいよ、この肉じゃが!」
銀「そ、そう?嬉しい。今日は結構頑張ったんだぁ。私」
ジ「あっという間に食べられるよ。この味なら」
銀「ウフフ。あ、私そろそろ帰らないと。」
ジ「ああ。今日晩ご飯作ってもらって悪かったね」
銀「気にしないでよ。お礼だから。じゃまた明日学校でねぇバイバーイ」
ジ「うん。さよなら。」


次の日の昼休み
ジ「購買でパン買うかな…」
ジュンは昼休みになるといつもパンを食べていた。水銀燈はそれを見て
銀「ジュン君って弁当つくれないのかなぁ?聞いてみようっと」
放課後
銀「ねぇジュン君。」
ジ「ん?水銀燈」
銀「ジュン君っていつもお昼パンだけど…弁当作らないの?」
ジ「ああ、面倒くさいし、起きてらんないしね」
銀「そんなんじゃ体に悪いよ?でさ、もし良かったら…ジュン君の弁当作ってきていいかなぁ?」
ジ「え?!いいの?」
銀「うん。家族の分私が毎日作ってるけど余っちゃうから…」
ジ「お願い!ありがとう。水銀燈!」
水銀燈の手を握るジュン
銀「うん。明日は期待しててねぇ?」
ジ「うん。期待してる!じゃな」
銀「バイバイ。 フゥ」
薔「お姉ちゃんは積極的だね…」
銀「薔薇水晶!ち、違うの。私はジュン君の体を心配してるだけだから!えと…」
真「銀姉さん。頑張ってね。」
銀「あぅ。真紅までぇ。もう私先帰るからね!」


銀「あの、ジュン君。お弁当作ってきたんだけど…」
ジ「あ、ありがとう。実はパン飽きてたんだよ」
銀「んん。気にしないで。これもあの時助けてくれたお礼だから。ニコッ」
ジ「そ、そう。(笑顔可愛いなぁ)」
弁当を食べ終わった後
ジ「水銀燈。おいしかった。卵焼きが特に」
銀「そんなにおいしかった?」
ジ「うん。それでちょっと頼みたい事があるんだけどいい?」
銀「なぁに?」
ジ「料理の作り方教えてもらいたいんだ。やっぱり自分で料理作れるようにならないと…」
銀「う、うん。いいよ。教えてあげるよ、私で良ければ…」
ジ「じゃあさ今日家に来てもらっていい?」
銀「うん。いいよ。じゃあ、い、一緒に帰ろうよ?」
ジ「う、うんわかった」


一緒にジュンの家にかえってきたジュンと水銀燈
銀「何教えればいいかな?」
ジ「簡単でうまいもんがいいな…オムライス、教えてくれない?」
銀「うん。わかった。じゃあまずはご飯炒めないとね。これはできる?」
ジ「やったことないから…」
銀「じゃあ最初から教えてあげるからね。まず具を切って。そしたらフライパンで具から炒めるの」
ジ「野菜をきるのか…トントントン…結構大変だな」
銀「ジュン君持ち方が怖いよ。包丁はこう握るのよ。」
ジ「こうか…むぅトントントン…ガリッうわっイテ!指切っちまった!」
銀「あ、見せて。ジュン君。こういうのは舐めて消毒しなきゃ。ペロ」
ジ「水銀燈!(うおっなんか可愛いしエロい)」
銀「あ、ご、ごめん!汚いよね。」
ジ「いや!そんな事ない!むしろ嬉しい…あ、いや」
銀「え?(それって…)あの…」
ジ「あ、バ、バンソウコウ貼ってくるから」
銀「う、うん…ドキドキ」


しばらくして
ジ「水銀燈。さっきはありがとう。」
銀「ううん。汚かったでしょ?ごめんね」
ジ「そんな事ないって!水銀燈が教えてくれてたのに、ごめん」
銀「あ、オムライス作っておいたんだけど…」
ジ「あ、じゃあ二人で食べよう?」
銀「うん…そうだね…」
ジ「うまい!やっぱ水銀燈の作るのはうまいよ」
銀「そう?…」
ジ「水銀燈…そんなに落ち込んで…ごめん!ごめん!」
銀「違うの!そうじゃないの!ジュン君に嫌なことしたって思って…」
ジ「嫌なことしたのはこっちだよ!」
銀「ジュン君…」
ジ「実は…さっき水銀燈が傷なめてくれたとき嬉しかったんだ。」
銀「え!?そんな。私はてっきり嫌なことしたって思ったのに…」
ジ「そんな事ないって言ったろ?!だってぼ、僕は…水銀燈の事…好きだから!」
銀「!!カァァァァァ」
顔が紅潮し、体が火照る水銀燈
銀「えっ…あの…」


銀「ジュン君。あのっ…ほんとにそう思ってる?」
ジ「嘘なんてつかないよ!僕は水銀燈の事好きだ!僕に弁当だって作ってくれたし…」
銀「ジュン君…あなたが私の事好きっていうのが嘘じゃないなら…私はジュン君の事が好きよ。」
ジ「え…」
銀「私もジュン君の事好きだったの。だから料理の作り方教えてって言われた時すごく嬉しかった。」
ジ「ほんとに僕の事好きなのか?」
銀「うん。好きだよ。」
そう言ってジュンに抱きつく水銀燈。ジュンも水銀燈を抱きしめる。
ジ「水銀燈も僕の事好きだったのか…」
銀「ねぇ、さっき言った事絶対嘘じゃないって証明して?」
ジ「目閉じたら。証明してあげるよ」
目を閉じる水銀燈。ジュンは静かに水銀燈の唇に自分の唇を重ねた。
水銀燈が目を開けて
銀「ジュン君…だぁいすき♪」


終わり

|