※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ~第六章~
 
 
巴の案内で訪れた湯治場は、とても小さな、隠し湯と呼ぶべきものだった。
ジュンと巴の他に、湯治客は居ない。
見張りを引き受けてくれた巴に感謝しながら、ジュンが鉱泉に身を沈めていると、
岩影から物静かな声が投げかけられた。

 「桜田さま。お湯加減は、いかがですか?」
 「少し熱めだけど、このくらいが丁度いいかな。それとさ、僕の事はジュンでいいよ」
 「でも、お武家様に、そんな無礼は――」
 「今の僕は、武士でもなんでもない。明日の糧にも困る、ただの浪人さ」
 「あの……じゃあ、ジュン?」
 「なんだい、柏葉さん」
 「それだったら、わたしの事も、巴……って、呼んで欲しいな」

命の恩人の頼みだ。聞き入れない訳にはいかない。
ジュンは「わかった」と返事をして、今後の事を思案し始めた。
なんと言っても重要な問題は、路銀である。
幾らかの持ち合わせは有れど、実入りが無ければ、いずれ食い潰してしまう。
蒼星石を追いかける事ばかりに気を取られていたが、これからは収入を得る方法も、
真剣に考えなければならなかった。

 (にしても、僕に何が出来るだろう?)

誰かの用心棒? 自慢じゃないが、剣の腕には大して自信がない。
大道芸? 宴席の余興として見ることはあっても、自分で演じた事など無かった。
では、何が得意なのか……と考えれば、裁縫くらいしか思いつかない。

 「待てよ……便利屋って言うのは、どうだろう?」

幸いにして、教養はあるつもりだ。
腕力も、剣を振り回せるくらいだから、まあ強い方である。
些か、器用貧乏な感が無きにしも非ずだが、気にしたら負けだろう。
とりあえず、便利屋と銘打っておけば、男が針仕事をしても違和感なさそうだった。

 「うん。これは、いけるかもな」
 「なにが、いけるの?」

不意に、側で話しかけられて、ジュンは口から心臓が飛び出すかと思うくらいに驚いた。
見れば、隣には、手拭いで胸元を隠した巴の姿。
いつの間に入っていたのだろう。考えに没頭していたせいか、全く気が付いていなかった。

返す言葉が見つからず、鯉のように口をパクパクさせるジュンの様子がおかしかったのか、
巴は控えめな微笑みを浮かべた。

 「なぁに? そんなにビックリしたの?」
 「あ、当たり前だろうが。大して親しくも無いのに、こんな――」
 「ごめんなさい……。もしかして、迷惑?」

悲しげに、目を伏せる巴。
――ずるい。そんな顔をされたら、文句を言う気も失せてしまう。
ジュンは気まずそうに頭を掻きながら、上気した頬を隠すように、そっぽを向いた。

 「ま、まあ、なんだ。迷惑だなんて、思わないって」
 「ホントに?」
 「本当だよ。巴みたいに大人しげな娘が、こんな大胆な事をするから、驚いただけさ」
 「……良かった。嫌われちゃったかと思ったわ」

そう呟くと、巴はジュンの背後に回り、彼の背中を優しく撫でた。
外気に冷やされた濡れ手の、ひんやりした感触が、火照った肌には心地よい。
ジュンの背筋に、ゾクゾクッと震えが走った。

 「落馬したとき、かなり酷く打ち付けたのね」
 「よく判るね。医学の心得でも有るのかい?」
 「気が乱れすぎてるから、直ぐに判るのよ。これは、完治まで少し時間がかかるわ」
 「一見すると、二、三日も休めば治りそうだけど?」
 「安易に考えない方がいいよ。見た目で判らない症状って、とても怖いの」

それは、なんとなく解る。目に見えないから、知識のない素人は程度を軽く判断しがちなのだ。
完治まで時間が必要と巴は言ったが、果たしてどの程度だろう。
訊ねようとしたジュンの機先を制して、巴が口を開いた。

 「背中、流してあげましょうか?」
 「えっ? なんだよ、いきなり――」
 「肩が痛むでしょう? それに、気を込めながら擦れば、少しは治りが早まると思うよ」

そう聞かされては、ジュンに拒絶する理由は無かった。
一刻も早く健康な身体を取り戻して、蒼星石を追いかけなければならないのだから。

 「それじゃあ……よろしく頼むよ」
 「うふふ……任せて。心を静めて、気持ちを楽にしてね」
 (この状況じゃあ、それは難しいかも)

心の中で苦笑しつつ、ジュンは巴に背中を預けた。
これが、蒼星石だったら良かったのに……と、思いながら。
 
 
 
 
――同じ頃、五人の犬士は、とある場所を目指して歩いていた。

 「ちょっと待って……この辺で、休憩するのだわ」

他の四人から少し遅れていた真紅が、弱々しい声を出した。
彼女の膝はガクガクと震えて、かなり疲労しているのが見て取れた。
戦士である他の四人と比べれば、術士の真紅が体力的に劣るのも無理はない。
脇の草むらに、へたへたと座り込む真紅を見て、蒼星石は眉を顰めた。

 「大丈夫かい、真紅。ゴメン、気が付いてあげられなくて」
 「確かに、朝から歩き詰めだったわねぇ。みんな、少し休みましょぉ」
 「しゃ~ねぇです。非力な退魔師さんの為に、水でも汲んできてやるです」
 「じゃあ……私は、その辺で疲労回復の薬草を……」

翠星石と薔薇水晶が連れ立って姿を消すと、水銀燈は真紅の隣に腰を下ろして、
懐から小さな瓢箪を取り出した。
くぴ……っと呷って、真紅に差し出す。

 「飲むぅ?」
 「それって……滋養強壮薬の?」
 「そう。薬流湯」
 「…………頂くのだわ」

真紅は瓢箪を受け取って、水銀燈と同じように、ぐいっと呷った。
甘酸っぱい液体が、するりと喉に流れ込んでくる。口当たりも悪くない。

 「あら……割とイケるじゃない。優しい味だわ」

言って、真紅は残りの薬流湯を、グビグビと飲み干してしまった。

 「ああっ! ちょっとぉ! 全部、飲んで良いなんて言ってないでしょぉ!」
 「あ、ごめんなさい。美味しかったから、つい」
 「あうぅ……お風呂上がりに、飲もうと思ってたのにぃ」

真紅たちは、蒼星石の案内で、打ち身に効くという温泉に向かっている途中だった。
このところの激戦で、真紅の身体は、かなり痛めつけられている。
その治療のため――というのが表向きの理由だが、各々の思惑は違っていた。
わけても、蒼星石には特別な意味があった。

昨夜、桜田家の草の者が、蒼星石に一通の文を届けてくれたのだ。
内容は、ジュンが予定されていた祝言を蹴って、蒼星石の元に向かっているというものだった。
それを読んだ途端、蒼星石の胸にしまい込まれていた感情が、抑えようもなく溢れてきた。
もう一度だけ、ジュンに会いたい。会って、きちんと話をしたい……と。
だからこそ、真紅の不調に託けて、湯治場に行こうと、話を切りだしたのだ。

 「どうしたです? 元気ないですぅ」

いつの間にか、翠星石が水を汲み終えて、戻ってきていた。

 「ん? 別に、どうもしないよ。いつもどおりだってば」

曖昧な微笑みを浮かべる蒼星石に「ふぅん」と呟いて、
翠星石は清水を入れた竹筒を、真紅に手渡しに行った。
だが、直ぐに戻って来るなり、蒼星石の頬を両手で押さえて、彼女の瞳を覗き込んだ。
今まで一緒に暮らしてきた翠星石には、どんな小さな変化も鋭く見抜ける。
その理由も、大方の予想は付いていた。

 「草の者が来たことぐらい、忍びである私には分かってるです」
 「……やっぱり、気付いてたんだね」
 「ジュンのこと、考えてやがったですね?」

矢継ぎ早に放たれる姉の質問に、蒼星石は「うん」とだけ答えた。

 「それで、あの湯治場へ行こう――と?」

距離的に見れば、丁度、湯治場の辺りで落ち合える筈だ。
翠星石は妹の頬を手放すと、ぽんと肩を叩いて、にんまりと微笑んだ。

 「やっと、決心を固めたですね。私は嬉しいですぅ。
  蒼星石とジュンは、きっと幸せになれると信じてたです」

桜田家に仕えていた時から、翠星石は、ジュンと蒼星石を応援し続けていた。
周囲の戯言など気にするな。身分の違いなんて、世間体に過ぎない。
好き合っているなら、駆け落ちしてでも添い遂げろ……とまで言った事もある。
だから、蒼星石がジュンに別れも告げず桜田家を飛び出した時は、
我が事のように癇癪を起こしたし、悲嘆に暮れたものだった。

けれども、喜ぶ翠星石に対して蒼星石が放ったのは、思わず耳を疑いたくなる言葉だった。


 「違うんだよ。ボクは、彼に決別の意思を伝えに行くんだ」
 「え? な、なに言ってるですか、蒼星石。ジュンは、蒼星石を追い掛けて――」
 「そんな事をされても、ボクは嬉しくない。彼は、そんな事をしちゃいけないんだ」
 「そんな……ウソですよね? 蒼星石だって、ジュンの事を……」
 「ボクはもう、彼のことなんか何とも思ってない。寧ろ、付き纏われると迷惑だよ」
 「蒼星石っ!」

翠星石が妹の頬を撲った音で、みんなが一斉に振り向く。
彼女の緋翠の瞳からは、ぼろぼろと悔し涙が溢れていた。

 「ちょっとぉ……どうしたのよぅ?」

見かねて、水銀燈が二人の間に割って入る。
翠星石は涙を堪えようともせず、蒼星石に罵声を浴びせた。

 「馬鹿! バカ、ばかっ! 蒼星石は大馬鹿やろうですっ!
  お前なんか、もう妹でも何でもねぇですっ!」
 「なに熱くなってんのよ。蒼ちゃんも、何とか言ったらぁ?」
 「別に……言うことなんて無いよ」
 「――っ!!」

翠星石は踵を返すと、脱兎の如く走り去った。
忍びである彼女を追い掛け、引き留める事は、誰にも出来なかった。

 「何があったの、蒼星石? 答えなさい」
 「本当に、大した事じゃないんだよ。暫く経てば、けろりとした顔で戻ってくるさ」
 「私…………ちょっと様子を見てくる」
 「それなら、ほらっ! 貴女も、一緒に行きなさいよぉ」

水銀燈は蒼星石の背を押して、薔薇水晶と共に、翠星石の行方を追わせた。
 
 
だが、忍びの足に追いつくのは、容易ではない。
暫くすると、全く足取りが掴めなくなってしまった。

 「参ったな。姉さんったら、どこへ?」
 「蒼ちゃん……あの吊り橋の上を走ってるのは……翠ちゃんじゃない?」

薔薇水晶の指差す方を見た蒼星石は、谷に架かる吊り橋を渡っていく翠星石の姿を捉えた。
 
 
 
 
その時、翠星石は唇をキュッと噛み締め、泣きながら走り続けていた。
バカだ。蒼星石は、本当にバカだ。
ジュンの事を今でも愛しているクセに、こんな時まで公私の区別を付けようとしている。
どうして、自分ばかり犠牲になろうとするのか。
翠星石には、そんな妹の不器用さが歯痒くて、口惜しかった。

少し、静かな場所で頭を冷やしてから、戻った方が良いだろう。
そう思って、翠星石は細い吊り橋を渡り、対岸へと辿り着いていた。
噎び泣きながら走ったせいか、息が苦しい。
翠星石は側に在った適当な大きさの岩に腰を降ろして、深い溜息を吐いた。

 「バカなのは、私の方かも知れねぇですね」

頭に血が上ったからと言って、こんな所まで突っ走って来るなんて。
蒼星石とジュンの気持ちが未だ通じ合っているというのも、実は、
自分の勝手な思い込みかも知れないのに。
すっかり落ち込む翠星石に声が掛けられたのは、その時だった。

 「どおしたのぉ? 泣いたりして」
 「誰ですっ!」

翠星石は、反射的に声のした方と反対側に飛び退き、油断なく身構えた。
クナイを取り出し、狙いを定めた相手は、いつか宿で見た蛇娘だった。

 「お前っ……確か、のり……って」
 「あらまあ、憶えててくれたのね。お姉ちゃん、感激で涙でそうよぅ」
 「くっ! なんで、こんな所に――っ!」

突如、背後に強烈な殺気を感じて、翠星石は咄嗟に真横に飛んだ。
くるりと地面を転がり、片膝を突いて止まる。
先程まで自分が居た場所を見遣ると、そこには緋色の鎧を纏う娘が立っていた。
その手には、禍々しい妖気を放つ刀が握られている。

 「初めまして。私は四天王が一人、めぐ。あなたの命、貰い受けるわ」
 「冗談じゃねぇです。お前らなんかに、くれてやる命はねぇです!」

叫ぶと同時に、クナイを投じる。
しかし、めぐは予想を遙かに超える速さで移動して、翠星石の目の前に飛び込んできた。

 「遅いわ、あなた。まるで、止まっているみたい」
 「なっ!!」

慌てて飛び退いた翠星石だったが、腹部に灼けるような痛みを覚えて、小さく呻いた。
なんて速さだろう。刀を振り抜く動作が、ちっとも見えなかった。
このままでは拙い。
たった独りで、四天王の二人を相手にするなんて、無謀以外の何物でもない。
翠星石は、発動型特殊攻撃精霊を起動した。

 「睡鳥夢ぅっ!」

一瞬にして地面から生えた植物が、のりと、めぐの身体を縛り上げた。
この間に、出来る限り遠くまで逃げなければならない。
が、走り出した翠星石の耳元で、希望を粉々に打ち砕く言葉が囁かれた。

 「だから……遅いんだってば」
 「ふぇっ――――」

自分の胸から飛び出した刀の切っ先を、翠星石は茫然と眺めていた。
これは、悪い夢だろうか?
まるで他人事の様に思えた光景は、刀が引き抜かれると共に、現実に変わった。
堪え難い激痛と、多量の喀血。右の肺を潰されて、呼吸が苦しい。

 「く! こ、こん……な」

よろよろと、吊り橋に向けて、歩を進める。
見れば、橋の対岸に、薔薇水晶と蒼星石の姿があった。

 「蒼星石…………追い掛けて……来てくれた……ですね」
 「あらあら~、助っ人の登場みたいよ。どうするぅ?」
 「あの二人も、誘き寄せて斃すだけよ。折角、罠を張ったんだもの。
  労力に見合った報酬は、頂かないとね」

背後から届くめぐと、のりの嘲笑が、翠星石の意識を喚び醒ました。
彼女たちを、こっちに来させてはいけない。
翠星石は息苦しさを我慢して、声を張り上げた。

 「お前たちっ! 来るなですっ!」
 「なに言ってるんだ、姉さんっ! 早く、こっちへ走ってくるんだ!」
 「待っていて、今……助けにいくから」

薔薇水晶が、腰の左右に吊した小太刀を引き抜き、橋を渡ろうとしている。
蒼星石も、その後ろに続こうとしていた。
 
 「ダメですっ! 来るな……ですうっ!」

翠星石の叫びを聞いた直後、蒼星石は信じられない光景を、目の当たりにした。
対岸にいた翠星石が、吊り橋を斬り落としたのだ。
丁度、橋に踏み出そうとしていた薔薇水晶は、わあっと声を上げて尻餅を付いた。

 「そんなっ! 姉さん、何のつもり――」
 「うるせぇです! お前なんか……妹じゃねぇですっ!」
 「こんな時まで、何を言ってるんだっ! 姉さんがどう思おうと、ボク達は姉妹だ。
  一緒に、そうやって生きてきたじゃないか! 姉さんが居なければ、ボクはっ!」

苛立ちに語気を強めた蒼星石に、翠星石は、にこっ……と微笑みかけた。

 「普段から、そうやって本音をさらけ出せば……良いです。
  ジュンとの事も……世間体だの周囲の眼だの……気にする事ないです」
 「解ったよ! 解ったから――」
 「じゃあ……ジュンに、本当の気持ちを伝えるですよ。
  それと、さっきは……撲ったりして、悪かったです」

それだけ伝えると、翠星石はめぐと、のりに向き直った。
せめて、どちらか一方だけでも斃さなければ。刺し違える覚悟は出来ていた。

 「ふ……友情だの愛情だのと……そんな欺瞞には、虫酸が走るわ」

めぐの妖刀が煌めく。
その切っ先は、寸分の狂いなく、翠星石の腹を刺し貫いていた。


 「あぁ……そ……蒼……せ…………き」

刀が引き抜かれると、翠星石の身体は仰向けに傾いでいき、谷間へと墜ちていった。


 「ね…………姉さぁ――――んっ!!」

深い渓谷に、蒼星石の絶叫が、いつまでも響き渡っていた。
 
 
 
 =第七章につづく=
 
 

|