※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は今、真紅に強制されて、お湯を沸かしている。
園芸部の部活動が、終わったあとは、お菓子と一緒に、
紅茶かハーブティーを飲むのがお決まりになっている。
といっても実際に部活動しているのは、
翠星石と蒼星石くらいで他のメンバーは、
ただの数合わせなんだが。
とりあえず、頼まれた水やりを僕一人でこなした。
真紅と雛苺は、はやく~といいながら見てるだけ。
少しくらい手伝ってくれてもよかったのに。
 
ん?なんで、部室にコンロがあるのかって?
真紅が紅茶を飲みたいがために、僕に運ばせたんだ。
ついでに、冷蔵庫と棚とソファーとテーブルも。
おかげ、部室はかなりのくつろぎ空間となっており、
この部屋の中だけで、生活するのに足りないのは、
シャワーくらいなものだと思う。
 
そんなことを言ってるうちに、
お湯が沸いたみたいなので、ティーポットにお湯を注いで暖める。
葉を入れ、再びお湯を注ぐ。
蒸らしている間に、カップを棚から出す。
僕のカップ。特に言うことのない普通のカップ。
真紅のちょっと小さめのカップ、何時見ても、品のいいカップ。
雛苺の大きいカップ、体は小さいのに、食い意地はって大きめのカップ。
翠星石と蒼星石のお揃いのカップは今日は出番がない。
翠星石は部長参加の予算会議で、蒼星石は生徒会の会議で今日は来れない
……はずだったが、
翠「疲れたですぅ」
と扉を開く音と、翠星石の声が聞こえる。
翠「チビ人間、翠星石のも淹れやがれですぅ。」
J「ハイハイ。」
翠星石のカップも取り出し、全部のカップに紅茶を注ぐ。
冷蔵庫から、ヒナ専用と書かれたイチゴジャムを取り出し、
ミルクと砂糖と、お菓子と一緒にお盆に載せ、テーブルまで運ぶ。
やけに、手馴れているのが、少し悲しくもある。
 
雛「いちご~、いちご~、いちごのこうちゃ~♪」
と歌いながら、紅茶にドボドボ、イチゴジャムを入れる。
真「……いつもより、お茶請けが少なくなくて?」
J「しょうがないだろ?こんだけしか残ってなかったんだから。」
雛「うにゅ~。ヒナ、もっと食べたいの。」
翠星石の目が怪しく光る。
翠「チビチビ、チョコをやるです」
翠星石は板チョコをカバンから取り出した。
J「お前が?雛苺にチョコを?……悪い物でも食ったか?」
雛「……ヒナ、うにゅ~のほうがいいのー」
雛苺も危険を感じてか、はたまた、本当に苺大福のほうかは、知らないがそう答えた。
翠「おめーら、失礼ですぅ。もう、チョコやんないです。」
翠星石がチョコをバックに入れようとしたところで、やっぱり欲が出たのか
雛「あっ、ダメなのー、雛苺やっぱりもらうのー」
翠「いやしいチビチビめ、ほれ、くれてやるです。」
雛苺は受け取った、チョコの包みをはがし、幸せそうに
雛「いただきますなのー」
といってチョコを頬張った。
 
チョコを噛むうちに、雛苺の顔がどんどん歪んでいく。
雛「このチョコおかしいのー。すっごい苦いのー」
雛苺は涙目になっている。
J「んなバカな。ちょっと貰うぞ。」
ヒトカケラ、チョコを貰って、口に放り込む。
噛むほどに、口いっぱいに苦味が広がる。
J「……なんだこれ、ほんとにチョコか?」
ジュンは、たまらず紅茶で苦味を飲み込んだ。
翠「たいへんですぅ。チョコの神が怒り狂って、世界中のチョコを苦くしたですぅ
  チビチビが、そのチョコ全部食うまで、チョコの神の怒りは静まらないですぅ」
演技がかったノリノリの声で翠星石が言う。
紅「紅茶は静かにいただくものだわ」
と、いつものセリフをいいながら、真紅は優雅に紅茶を口に運ぶ。
雛「そ、そんな、ヒナのせいなのー?」
雛苺は、顔を上げ、
雛「ヒナがんばるもん。チョコ全部食べるもん」
そういいながら、チョコを
イチゴジャムたっぷりの紅茶と一緒に泣きながら頬張ってゆく。
 
J(…………というか、こんな馬鹿なことがあるわけがない
  ………あ、そういえばたしかCMで……)
J「翠星石、これ、カカオ99%のチョコか?」
翠「その通りですよー。チビチビはやはりおバカ苺ですぅ」
雛「ふぇ?なんなのーそのカカオ99%って」
そういいながら、最期のヒトカケラを紅茶で流し込んだ。
涙で顔がぐちゃぐちゃだ。
紅「ほぼカカオのみで作ったチョコよ。
  カカオというのは、チョコやココアの原料ということで
  勘違いされやすいけど本来甘味はないのよ。
  つまりそのチョコは、そもそも甘くないということね」
雛「チョコの神様怒ってないの?……翠星石、雛を騙したの?」
翠「雛苺の泣き声はとても気持ちがよかったですぅ。」
紅「無様ね。たかが苦いってだけで。まだまだお子様ってことかしら。」
真紅は、優雅に残りの紅茶を飲んだ。
雛「真紅だって、こんなの食べたら顔がイーってなるんだもん」
紅「ならないわ。あなたとは違ってよ。雛苺。
  チョコを全て食べてしまったからその姿は見せれないけれど。」
 
翠「あ、大丈夫ですぅ。まだカカオ99%チョコはあるですぅ」
紅「なんですって?」
真紅の顔が引きつった。
雛「真紅、ちゃーんと食べてよね」
紅「でも、もうお腹いっぱいだわ。また今度にしましょう?」
翠「さっき、いつもよりお茶請けが少ないとかいってなかったですか?」
紅「そ、そんなこと言ったかしら。」
J(いつも、コイツにこき使われてるからなぁ、たまには、いじめてみようか。)
J「真紅、お前もしょせんお子様ってことだな。」
紅「ち、違うわ。そこまでいうなら食べてみせようじゃない。」
翠星石は、真っ黒なチョコを手渡す。
翠「ささ、た~んと食べるですぅ。もう一枚たべるですか?」
紅「けっこうよ。」
真紅は、真っ黒なチョコ前に、固まっている。
J「どうした、さっさと食べろよ?」
紅「うるさいわね。…珍しいから見ていただけよ。」
真紅は、おそるおそるチョコを頬張る。
紅「………う………」
雛「あ、真紅、今、苦そうな顔したのー」
紅「そ、そんな顔してないわ。カカオの風味を楽しんでいただけよ」
どうみても、やせ我慢の真紅を目の前に、翠星石はニヤついてる。
J(あの苦味に、口の中に残るんだよな……
  もしかして飲み物で流さないとずっとつづくんじゃないか………)
真紅は、なんとか全てのチョコを食べ切った。
 
紅「ど、どうかしら?これで満足?」
ちょっと声が震えている。
雛「やっぱり真紅はすごいのー。
  すっごく、すっごく、苦いチョコだったのに、食べ切ったのー」
雛苺の尊敬だけは得られたようだ。
翠星石は、十分楽しんだはずだ。
僕は、ちょっと、かわいそうと思いながらも、いい気味だとも思った。
真紅はティーポットに手を伸ばすが、ティーポットは空だった。
紅「ちょっと、ジュン!紅茶が切れてしまったわ。今すぐ入れなさい!」
怒りながら、真紅が言ったところで、
キーン・コーン・カーン・コーン、と下校時刻を知らせるチャイムがなった。
翠「ささ、皆、家に帰るです。」
紅「ちょっと待って!お茶の一杯くらい」
翠「だめです。さっさと帰るです。」
真紅は、強制的に部室から出された。
真紅は、クラブ棟の外の自販機で飲み物を買おうとしたが、、
翠「もしかして、口のなかが苦くて苦くてたまらないのですか?」
とニヤニヤ笑みを浮かべた翠星石の質問によって、
諦めざるえなかった。
僕らと別れるまで、口の苦味に苦しめられたであろう真紅は、
その後、彼女自身が食べるチョコを買うことはなかったそうだ。

 

蒼い子の復讐へ続く

|