※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

粗筋、ジュンは薔薇乙女達に散々いじられた挙句。
死ぬ・・・みたいな状況なので、薔薇乙女が飯を作ることに。

第23話「倉庫」

銀「所で何を作るのぉ?」
金「肉系統が体力作りにはいいのかしら。」
雛「甘いのがいいの。」
真「隠し味に紅茶を入れなさい。」
銀「やっぱり乳酸菌よぉー。」
翠「…チョコ…」
雪・薔「カレー」
蒼「えーっと、金糸雀と真紅、雛苺で紅茶を隠し味に鶏肉の酢豚ね?」
雛「…甘いの?」
蒼「甘い味のお酢を使うから、甘くなる分かった?」
雛「分かったのー!」
蒼「水銀燈は…キムチ。」
銀「そぉねぇ、ヤクルトを使うわけにはいかないものねぇ。」
蒼「チョコレートか…」
雛「チョコレートソースが有るの、チョコレートソースはカレーにも合うのよ。」

流石超極甘党、普通の人が知らない甘い料理を知っている、其処は僕も見習わなきゃ。


蒼「あ、有難うそれじゃあ、薔薇しぃ達と翠星石でカレーを、料理は僕と…後は誰が作れる?」
銀「私は作れるわぁ。」
真「私も作れるのだわ。」
銀「真紅は以外ねぇ?」(クスクス)
真「(カチン)貴女も意外ね、ジャンクフードでも食べてるのかと思ったわ。」
銀「何ですってぇ!?」
蒼「まぁまぁ、二人とも落ち着いて。」
真「そうね、イライラしたら小皺が増える物ね。」
銀「…キレテナイッスヨ?ワタシヲキレサセタラタイシタモンダ。」

周りには、バレバレの嘘をつくと、水銀燈は首に青筋を立てながら調理室に入っていった。

蒼「後は誰?」
雪「私が作れます、それとあそこは初心者が入ると危険ですので、銀ちゃんを呼び戻さないと。」
蒼(ど、どんな物が…)
雛「此処は遊ぶのが一番なのー。」
金「私は何か色々な所に、行ってるのかしらー。」
翠「私もなんかしてるですぅ。」
雛「雛も行く!」
薔「銀ちゃんと一緒に行く…」

そう言うと各自は行動を開始した。


蒼「…確かに此処は危ないね。」
銀「何なの!?この動く人参は!?」
真「全く、小さいのに素早いのだわ…」
雪「之は、マンドゴラです、このタイプは抜くと叫ばずに、襲ってくるタイプです。」(ヒュンドスッ!!投げたナイフがマンドゴラ刺さった。)
真「皆ちょっと離れるのだわ。」(そう言うと、スタンドを出し広範囲照射弾を連発した。)

2分もすると、マンドゴラは人参に変わっていた。

銀「あいつ等は如何したのぉ?」
雪「マンドゴラは死ぬと、最高級人参に匹敵する人参に変わります、此処から先も色々な物が出てきます、気をつけて下さい。」
銀「まるで、マザーね…」
薔「ぽえーん。」




そう言いながら、バーカ!!と言って来る黄色い鳥や野菜、飛んでくる調味料を狩りながら進んでいた。

銀「もうそろそろ、頃合じゃあないの?」
雪「…そうですね、もう材料は集まったようです。」
蒼「それじゃあ、帰りましょう。」
雪「私に捕まってください。」

そう言うと皆は、雪華綺晶に捕まって其処を出た、その刹那向こうのドアから、巨大なスライムが出て来ていた。

雪「!…危なかった。」
蒼「どうかしたんですか?」
雪「キングスライムが出ました。」
銀「弱いんじゃないのぉ?」
雪「正直、まともに戦うと負けます。」
銀「それじゃあ、どうしてあんな物が?」
雪「それが、一番奥にある謎のもの達が原因だと思われています。」
薔「…今度いこ?」
雪「そうですね、ちょうど修行場所はあそこですから、丁度良いですね。」
蒼(あそこに行くときは、心して掛からないとね…)

その頃、あの3人はと言うと…
|