※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「そうだ僕もあーすれば」

蒼「姉さん」
翠「何です?」
蒼「テメーじゃねーです」
翠「そ……蒼星石がグレたです」

ジ「どーしたんだ翠星石?」
翠「蒼星石がグレたです」
ジ「お前の教育が悪かったんじゃないのか?」
翠「そんなこと……そうだジュン良かったら二人で蒼星石を育てなおさねーですか?」
ジ「何か言い方が変だな」
翠「どーなんです?」
ジ「別にいいけど」
翠「なら決まりです(///)」










蒼「ジュンくん……! ジュンくんが居なくなったら、僕、僕……」
J「蒼星石……」
蒼「どうして僕を置いて行っちゃうの!? ジュンくん、僕の事嫌いになった?」
JUMはため息をつき、あきれた顔になって答えた。
J「……そんな事あるわけ無いだろ。ていうか一日空けるだけで大袈裟過ぎ……」
蒼「だって、ジュンくんに会えないと寂しいんだもん……」
JUMは優しく蒼星石の頭を撫でる。
J「大丈夫、すぐ帰ってくるから」
蒼「……ぎゅ」
J「え?」
蒼「……ぎゅってして? 二日分……」
JUMは軽く笑って答えた。
J「わかったよ」
JUMは蒼星石をぎゅっと抱きしめる。
蒼「……もっと」
J「うん」
JUMは抱きしめる腕に更に力を込めた。
蒼「ジュンくん……」
J「蒼星石……」

……蒼星石はそれからも、JUMに二日分色々なことをしてもらったとか。









ジュン「あ、く・・・薔薇水晶・・・・なんで、こんなこと・・・」
薔薇水晶「ふふ・・・ジュンが悪いんだよ・・・私以外の人を見るから・・・」」
ジュン「こ、こんなことして・・・一体何に・・・あ、くう!?」
薔薇水晶「意味ならあるよ・・・貴方を・・・私だけのものに・・・」

蒼星石(く!ついに一線越えちゃったのかい!?薔薇水晶!!)

バターン

蒼星石「ジュン君!助けに来たよ!!」
ジュン「蒼星石?」
薔薇水晶「・・・どうしたの?」
蒼星石「可愛く首を傾げたって無駄だよ!今日こそ君からジュン君を・・・って、一体何を・・・?」
ジュン「ああ、今度の学園祭での演劇でね。僕と薔薇水晶が出るんだ。僕が王子で薔薇水晶がヒロインの魔女。それで練習してたんだ。」
蒼星石「ええ!?聞いてないよそんなこと!」
薔薇水晶「蒼星石・・・学校休んでた・・・ちなみに蒼星石は村人A」
蒼星石「村人A!?」
ジュン「うん、確か薔薇水晶に疑いをかけようとするもう一人の魔女によってカエルにされる役だったかな?」
蒼星石「・・・orz」
薔薇水晶「蒼星石・・・練習の邪魔・・・」
蒼星石「く、くそぉ!覚えてろー!!」
ジュン「・・・・悪役の方が似合ってたかも」
薔薇水晶「こてこて・・・それよりも・・・続きしよ?」
ジュン「いや、僕もう疲れて・・・あ、ちょ・・・」
薔薇水晶「うふふ、だーめ・・・♪」









授業が終わって放課後。

蒼「ジュン君、一緒に帰ろ?」
J「ああ」
?「ふふふ……」
J「ん?」
?「WING きらめく粒子放ち…… 烈風 暗雲 切り裂いて……」
J(サイバスター? つーかこんな前振りで登場する奴は一人しかいないな)
薔「WIND 彼方へ 想い飛ばす…… 熱風 疾風 薔薇水晶参上……」
JUMと蒼星石の前に薔薇水晶が姿を現した。
J「……何か用か? 薔薇水晶」
薔「……コレ」
薔薇水晶はJUMの前に何かを差し出す。
それを見た途端にJUMの眼の色が変わった。
J「コレって、もしかしてJAMの新しいベストアルバムか!?」
薔薇水晶は無言でコクリと頷いた。
J「そっか今月だっけ…… しまったな、今はお金が……」
JUMは頭を掻いた。そんなJUMの様子を見た薔薇水晶は呟く。
薔「私も買ったばかりだから貸せないけど……聴く……?」
薔薇水晶はポータブルCDプレイヤーを取り出した。
J「いいのか?」
薔「うん……」
J「それじゃあ、っ――」
JUMは蒼星石が少し寂しげな顔をしていることに気付いた。
J「……やっぱりいいや、今度自分で買うよ」
薔「そう……」



J「それじゃ帰ろうぜ、蒼星石」
蒼「うんっ」
蒼星石は笑顔で返事をした。
J「じゃ、またな薔薇水晶」
薔「バイバイ……(ちっ……)」


二人通いなれた道を歩くJUMと蒼星石。
蒼「ジュン君、良かったの? 聴きたかったんでしょ?」
J「ん、まぁな。でも……(お前が寂しそうにしてたから……)」
蒼「でも?」
JUMはフッと笑う。
J「……お前と一緒に帰りたかったからな」
その言葉を聞いた蒼星石は顔をぱぁっと輝かせる。
蒼「ジュンくんっ♪」
J「うわっ」
蒼星石はJUMの腕にしがみついた。
蒼「ふふふっ♪」
J「どうしたんだよ」
蒼「別に、ただこうしたかっただけ。イヤ?」
蒼星石は上目遣いで聞いてくる。
それにJUMは蒼星石に笑いかけながら答えた。
J「イヤなわけ無いだろ?」
蒼星石はしがみつく腕に更に力を込める。
蒼「ジュンくん大好き♪」
J「知ってるよ」

そして二人は家に着くまでずっとそのままだったとか。








4月14日、JUMの部屋。

J「そういえば、今日はブラックデーらしいな」
蒼「ブラックデー?」
J「うん、なんでもバレンタインデーやホワイトデーに贈り物を貰えずに恋人が出来なかった人達が集まって、
  なんか食べるイベントらしい」
蒼「ふ~ん、そんな日があったんだ。でも僕達には関係ないね」スリスリ
J「そうだな」チュッ


ベ「チャジャン麺美味いぜ、ちくしょぉぉおおおおおおおお!!」

|