※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真「ジュン……脱ぎなさい」
銀「ジュン…やらなぁい?」
翠「ジュ、ジュン…私…ジュンなら…」
蒼「ジュン君…僕…」


J「僕の貞操が狙われている…!」
ベ「羨ましい」
J「助けてくれベジータ!」
ベ「まあ別に良いけどな…隠れ場所紹介しよう」
J「ありがとう…やっぱり君は親友だ!」

雪「ようこそ私達の屋敷へ」
薔「………歓迎」
J「いやあああああああ!」






翠「ベジータって暑苦しいてすぅ」
真「人間味溢れるともいうわね」
銀「やめなさいよぉ、調子に乗るから」
ベ「ふはははは!俺は情に溢れる人間だ俺は!」

薔「…くさい」



蒼「お、男くさい!男くさいだよね薔薇水晶!?」
薔「……ジュンドコー?」
蒼「ちょ、薔薇水晶…!べ、ベジータ君泣いて…!?」








真「ジュン!どういう事!進学じゃなくて就職なんて聞いてないのだわ!」
J「あれ?言ってなかったけ?」
銀「聞いてないわぁ」
J「まあそういう事もあるさ」
翠「そんな…ジュンと一緒の大学いこうとしてたのに…」
J「悪いな…それじゃ、僕は面接の練習あるから」
蒼「ジュン君…」

J(すまない皆…けど僕は皆に搾られたり嫉妬で病院送りになったりするのはもう嫌なんだ…)

金「…逃げられたかしらー」
雛「うー…」
薔「どうしよう…」
雪「…私に秘策あり、です」


雪「という事なんですの」
?「それじゃあまずこの辺一帯の企業を…」

J「面接直前に不採用ってなんだよ…ひとまずハローワークに…」


J「………求人無しってどういう事だ!?」
?「やあ君、仕事を探してるのかい?ならばウチで住み込みで働かないかい…月給は…ボーナスは…」
J「(他に求人ないんじゃしかたないか…)」

?「ここで使用人として働いて欲しい」
J「はあ…」
ガチャ
真「遅いわよ下僕」銀「ねぇ~背中流してぇ」翠「ジュ、ジュン一人に家事押しつけちゃアレだから一緒に料理してやるですぅ」蒼「ジュン君…足を舐めt」
金「ジュンー!レポート手伝ってかしらー!」雛「遊んでなのー」雪「いつでもお仕置してあげますね」薔「………しよ?」

ローゼン「娘達を頼んだよ」
J「ここからが本当の地獄だ」









薔「タイムカプセル…埋めよう」
J「タイムカプセル?」
薔「うん…高校生活の思い出…」
真「いいわね…それじゃあ皆で埋めましょうか」

J「僕は…眼鏡の割れたレンズでも入れるか」
真「私は紅茶の使用済みパック」
銀「私はヤクルトの瓶よぉ」
翠「壊れたじょうろですぅ」
蒼「刃が欠けたハサミを」
金「切れたバイオリンの弦かしらー」
雛「うにゅーの包み紙なのー」
雪「ラプラスの破片を」
薔「……壊れちゃったアッガイ」


一同「………………」
J「……このままごみ捨て場直行か」
薔「大丈夫…タイムカプセルがなくったって私たちの思い出は色褪せない」
J「なに綺麗にまとめてるんだ」









─いつも 考えている─


私はいつも考えているのだわ。
どんなに願って、望んでも、
手に入らないものなんていくらでもあるのだわ。
だから今手の中にあるもの位はいつまでも守り続けたいと思っているのだわ。


私はいつも考えているの。
空は青い。言ってしまえば簡単だけど、
私の持っている絵の具じゃこの空は描けそうにないの。
だからただ空を見上げてそのまぶしさに微笑んでいるの。


私はいつも考えているのです
たくさんの命が育っては消えていく。
私じゃその流れを変えることはできそうにはないです。
だから少しでも綺麗な花でいてくれるよう頑張っているのです。


僕はいつも考えているんだ。
どんなに綺麗な言葉を並べられても、
不安はこの先いつまでも消えることはないと思う。
だからいつもみんなの存在を確かめながら生きているんだ。



私はいつも考えているかしら。
どんなに美しい音楽を作り上げても、
この星が奏でるものにはかなわないかしら
だから私は寝転がって風の中に身を任せているかしら。


私はいつも考えているわ。
誰もが仲良く平和に暮らそうなんて、
そんな綺麗事で世界は回っていかないのよ。
だから私は悪魔のふりで皆の共通の敵としてこの身を捧げているのよ。


私はいつも・・・考える
毎日たくさんの事を感じているけど、
私の知っている言葉じゃ、その全部を語るには足りない。
・・・だから感じた全ての事を忘れないように、ただ願ってる。


オハリ









薔「映画鑑賞会…」
真「ジュン、紅茶の用意は?」
J「出来てる」
銀「ヤクルトも持って来たしぃ」
翠「お菓子も沢山あるですぅ」
蒼「ジュースもあるし」
金「DVDも沢山レンタルしてきたかしらー」
雛「うにゅーも買ってきたのー」
雪「おやつ…というより軽食ですね…兎料理も沢山ありますよ」
J「準備はOKだな」
薔「じゃ…部屋暗くして…DVDセットして…再生開始」

J『ん…もう寝るか…寝る前に…最近してなかったしな…』


薔「…間違えた…これは私がジュンの部屋を隠し撮りしたDVDだ」
一同「……………………」









ジュンハーレム、抵抗有る人は注意

薔「日帰り温泉旅行券が当たった」
銀「商店街福引で二等とはやるわねぇ」
雪「というわけで私たち三人とジュン君で温泉行きましょう」
ジ「ちょっと待て、なんで僕が」
というわけで温泉にきた四人
ジ「・・・・まあ、いい湯だからいいか」

がらがら

銀「どお?いい湯ぅ?」
ジ「ああ、いい湯だ・・・ってなんで水銀燈がここにいるんだ!?」
雪「大丈夫ですよ、ちゃんと隠してます」
薔「ここ混浴・・・知らなかった?」
ジ「知らないって!と、とにかく僕は上がるぞ!」
銀「あらぁ、だめよ~折角だし皆で入りましょう?」

ふに

ジ「す、水銀燈!後ろから抱きつくな!」
銀「ほらほらお湯に浸かって」

ざぷん



ジ「て、ていうか胸が!!」
銀「もちろん当ててるのよぉ」
薔「じゃあ・・・・・・私は右腕」
雪「そ、それでは私も・・左腕に」

ふにふに

ジ「ば、や、やめろ!」
銀「いやよぉ」
薔「・・・・・ダメ」
雪「ジュン君、嫌・・・ですか?」
ジ「ほ、ほら、あんまり騒ぐと他のお客さんに迷惑になるし」
雪「それなら大丈夫ですわ、この宿は貸切です」
ジ「商店街にそんな財力あるのか!?」
薔「もちろん私たちが貸切にした」
ジ「なんで!?」
銀「もちろん私たちだけになる為よぉ・・・ね、ジュン・・・」
ジ「な、なに・・・?」
銀「もぉ、分かってるくせに・・・♪」
薔「大丈夫・・・婚姻届けを出さなくても幸せになれるよ」
雪「私たちのお屋敷で暮らしましょう・・・」
ジ「ちょ、ま、ま・・・・!!」

結局話してる間に皆のぼせて一線を越えることはなかった、残念(薔薇水晶)








ジ「・・・あの娘、美人だな」
薔「私たち以外に美人っていった?いったよね」
雪「お仕置ですね」
ジ「ちょ、ごめ・・・」

ジ「お、あれ可愛いな・・・」
雪「いま他の人に可愛いっていいましたね?」
薔「・・・お仕置」
ジ「いや、ただミッ○ーの人形可愛いって…や、やめr」

ジ「あれ、新しい服買ったの?すごい似合ってる、可愛いよ」
薔「そ、そう・・・・・?(///)」
雪「あ、ありがとうございます・・・(///)」

ジ「お・・・可愛い猫」
薔「また他の人に可愛いっていったね、お仕置だよ」
雪「もう一度躾が必要なようですね」
ジ「いや僕は猫を・・・あー」








J「今日は暑いな…」
銀「ほんとねぇ」
雪「もう少し薄着にするべきでした…」
薔「……暑い」
J「あー上着一枚脱ぐか…」
銀「私も…」

十分後
J「更に暑くなったな」
雪「もう一枚脱ぎましょう…」

三十分後
J「おかしいよなこの暑さ」
雪「あぅ………」
銀「もうだめぇ」
薔「もう一枚脱ぐ…」
J「ああそうだな…って脱ぐな!下着になるな!!」
薔「下着履いてれば大丈夫…」
雪「そうですね…」
銀「私もぉ…」
J「脱ぐなああああ!」
薔「………悩殺」

J「で、大量の暖房装置はなんだい薔薇水晶」
薔「……さあ?」
J「…………………」
薔「ジュン」
J「ん?」
薔「私たちの下着みてしたくなった?」
J「ねーよ」








J「今日は寒いな…」
銀「ほんとねぇ」
雪「もう少し厚着にするべきでした…」
薔「……寒い」
J「あーストーブの設定温度上げるか…」
銀「賛成…」

十分後
J「更に寒くなって来たな」
雪「ストーブの石油が切れたようです」
銀「石油もうないわぁ」

三十分後
J「いくらなんでもこの寒さは」
雪「…………クシュン」
銀「も、も、も、も、も」
薔「銀ちゃんが壊れた」
J「毛布持って来い」
雪「ドアと窓が凍りました。開きません。」
J「…………」
薔「……寒けりゃ体で暖めろ」
雪「そうですね…ジュン君」
銀「ジュ、ジュ、ジュ、ジュ、ン」
J「な、なにする貴様らー」

銀「はぁー、やっぱりおしくらまんじゅうすると暖かいわねぇ」
雪「そうですねぇ…ジュン君?顔真っ赤ですよ?」
J「い、いや、なんでもない」
薔「ひとまず…冷房止めようか」
J「……………」
薔「ところで……何想像したの?(ふふふ)」
雪「何をですか?(くすくす)」
銀「何をぉ?(にやにや)」
J「………!!(は、はめられた……!!)」



|