※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-幼少時代-



男A「やーいやーい眼帯女ぁー」
男B「やーいやーい眼帯女ぁー」
薔「…グスッ…そんなんじゃないもん…」
J「こらー薔薇水晶をいじめるなー!」
男A「げっ!JUMだー逃げろー」
男B「JUMのバーカ!バーカ!」
J「うるさーい!ったく大丈夫だった!?ばらしー?」
薔「…ありがとう…JUMくん、とっても…」
J「とっても?」
薔「とってもかっこよかった…///」
J「あ、ありがとう…///
 えっと…それじゃあ一緒に遊ぼっか」
薔「…うん!…」



幼いながらもこの頃からお互いがお互いを既に意識していたのであった…



J「そうだ!ちょっと来てばらしー」
薔「どこへ行くの?」
J「着いてからのお楽しみー」

そう言うとJUMは薔薇水晶の手を引き走り出した。


着いた所は町でも一番大きい公園だった。

薔「公園…?」
J「そう、見せたいものがあるんだ」
薔「見せたい…もの…?」
J「あれだよ、あれ」

JUMが指差す方には大きな桜の木…ソメイヨシノが誇り高く咲いていた。

薔「すごく…きれい…」
J「でしょ?これを見て欲しかったんだ」
薔「あの…JUMくん…」
J「どうしたの?」
薔「大きくなってもまた…見に来ようね…約束だよ」
J「うん、約束!」



二人はまだ沈まない太陽を背に並んで帰路についた。



-現在-
男A「ぼ、僕と付き合ってください!」 
薔「ごめんなさい…私、その…他に…いるので」

あれから薔薇水晶はとても可憐な女性になり、男からの誘いが絶える事はなかった。
しかし、その誘いはすべて断り続けてきた。
なぜなら彼女は…

J「べジータ!お前また蒼星石になんかしただろ!あいつ泣いてたぞ!」
べ「待て待てい!俺は断じて何もやってない!」
J「しらばっくれやがってこいつ…とっちめてやる!」

JUMもとても逞しくなり、信頼できる仲間達が沢山できた。
一時期趣味を馬鹿にされ苛められていたころがあったのだがその経験が彼を更に強くさせたのであった。
そしてこの二人の関係はと言うと…



特に何の発展も現れなかった。
むしろ思春期と言う壁が二人の距離を遠ざけてしまった。
そして薔薇水晶にとってもうひとつの障害といえる物が…

真「JUM、何をやってるの。早く紅茶を買ってくるのだわ。
  まったく…使えない下僕ね」
J「僕はお前の下僕なんかじゃない!ったく…」

そう、それは真紅の登場である。
真紅と話しているときのJUMはとても楽しそうには見えない。
しかし薔薇水晶にとっては胸が張り裂けそうな程辛かったのである。
いつかJUMが自分とは程遠い所へ行ってしまうのではないか…
そう考えると自分が自分ではなくなる気分になってしまいそうになる。
…このままではいけない…
薔薇水晶は意を決してJUMに今の気持ちを聞いてみることに決めたのであった。


薔「ねえ…JUM、私と真紅…どっちが好きなの?」
J「おいおい、突然どうしたんだよ。好きってお前…」
薔薇「早く答えて…!」

ただならぬ雰囲気にJUMは少し間沈黙しこう言った。

J「友達としてなら…二人とも好きだけど…その先からの一番は…決められないよ」
薔「そう…それがJUMの答えなのね…わかったわ」
薔薇水晶はそういうと体の向きを変え、すぐさま走り出した。
J「ま、待てって、おい薔薇水晶!」

薔薇水晶はとても悲しかった。
今まで自分の想いが空回りしていた事実を突きつけられたのだから…
もう生きていくことさえ辛く感じてきた。
それだけ薔薇水晶の心はJUMを必要としていたのだった。
止まらずに溢れる涙を拭くのも忘れていた。




あれからどのぐらいの時間が過ぎただろう。
辺りはすっかり暗くなり闇に包まれていた。

薔「もう帰ろう…でも、ここどこ…?」

我を忘れて走っていて自分がどこにいるのかもわからなくなってしまったようである。

薔「ここはどこ…誰か…」

枯れ果てたはずの涙がまた溢れてくる。今度は違う感情の涙が。
その時



-ヒラリ-



薔薇水晶の目の前に一片の花びらが舞い落ちた。
次々と舞ってくるそれは桜の花びらのようだった。

薔「あそこから舞っている…」

薔薇水晶は惹きつけられるように花びらが舞ってくる方向へ吸い寄せられていった。



着いた先はどこか見覚えのある風景だった。
そう…幼少の頃とても愛しい人と見たソメイヨシノの木であった。
あの頃と変わらず壮大に咲き誇っていた。

薔「あーあ…まさかこの木を一人で見ることになっちゃうなんて…
  来なきゃよかったな…」
J「一人なんかじゃないよ。薔薇水晶」

あまりの唐突にJUMが現れて気が動転してしまい

薔「なんで…ここだとわかったの…?」
J「いや、たまたまこの場所が浮かんでね、来てみたらドンピシャだったんだよ」
薔「JUM…ごめんなさい…私…自分勝手だったよね」
J「そんなことないよ、薔薇水晶のせいじゃないから、な?
 それより夜桜ってのも悪くないな、うん」
薔「うん…すごく…綺麗」
J「(また一緒に見に来ような…薔薇水晶)」

桜の舞い散る花びらが二人をやさしく包んでいた…


おしまい…


|