※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔「ジュン…好物って何?」
J「え?好物は…フランクフルトとか…」
薔「……(棒状)」
J「薔薇水晶?」
薔「好きな飲み物は?」
J「…カルピス牛乳」
薔「……(白い……乳)」
J「…薔薇水晶?」
薔「…欲求不満?」
J「なんでや」
薔「……どんな悩みもズバッと解決、快決薔薇しぃーとは私のことよ」
J「な、何する貴様ー」






薔「ジュン…好物って何?」
J「え?…好物は…クッキーとか…」
薔「…(甘いひとときを求めている)」
J「薔薇水晶?」
薔「好きな飲み物は?」
J「…コーラ」
薔「…(それでいてどこかに刺激を追い求めている)」
J「…薔薇水晶?」
薔「言いたいことはわかった。や ら な い か ?」
J「なんでや」
薔「ぼくらはいつも以心伝心♪」
J「な、(ry」






薔「ジュン、嫌いなものってある?」
J「そうだなぁ、中学受験……あれ、目から塩水が」
薔「……(敷かれたレールの上、つまり単純作業)」
J「へへっ……これは心の汗なんだぜ……」
薔「……好きな競走馬は?」
J「トウカイテイオー」
薔「……(幾度の故障にもめげない)」
J「……薔薇水晶?」
薔「つまりジュンは変則的なプレイにも耐え得る男と」
J「君は一回ウルトラマンに脳を開いてもらえ」
薔「生きてるってなんだーろ、生きてるってなーにぃ」
J「なにをするきs」







薔「ジュン」
J「ん?」
薔「そろそろお父様に会ってほしいの」
J「ええっ!? そ、それってまさか……」
薔「いやなの?」
J「あ、いや……。わ、わかった! 行こう!」
薔「うれしい……」


槐「……」
薔「お父様、彼がジュンです」
J「は、はじめまして! 桜田ジュンです!」
槐「…………」
J「…………」
槐「……………………」
J「あ、あの?」
槐「合格」
J「え?」
槐「合格」
J「え、あ……ほ、本当に!? あ、ありがとうございま……!!」
槐「だが、髪はもう少し切ったほうがいい」
J「は?」


薔「ジュン……そっちのパーツ持ってきて」
槐「びすくふぁいあ~~~」
J「会えってのはアルバイトの採用面接のことだったのかよ……」
薔(そしてそのまま正規採用……すべては予定通り)




がしゃーん

薔「あ……
J「どうしたんだ薔薇水しょ……あー、落としちゃったか」
槐「大丈夫か、薔薇水晶?」
薔「めそめそ……ごめんなさいお父様」
槐「君のせいじゃない……しかし困ったな。この人形は明日までの契約で……」

ぎゅわ~~~ん

J「はい、直りました」
槐「……………………」
薔(マエストロパワーで株上昇……すべては予定通り)








薔「ジュン、心理テストやろう…」
J 「別にいいけど。」
薔「私のこと好き?嫌い?」
J 「は?」
薔「…」
J 「何を今更…好きに決まってるだろ。」
薔「…好きと答えた貴方は、優しくじっくり…一度に長時間かけるような性行為を望んでいます…と、いうわけで」
J 「待て。嫌いって言ったら?」
薔「…嫌いと答えた貴方は、激しく刺激的に…何度も絶頂を迎えるような性行為を望んでいます…と、いうわけで」
J 「じゃ、じゃあ普通!」
薔「…普通と答えた貴方にはもれなく両方プレゼント…と、いうわけで」

J「なんだこのRPGゲームやってて村人の頼みに「断る」を選択したときのような気分は」
薔「人生という長い旅路…いくつの分岐を超えてもエンディングは一つしかないのです…」
J 「何綺麗にまとめてんだよ、てか何する(ry」




薔「………えい」
J「うわ!?行きなり何するんだ!」
薔「……ジュンの〇〇の先端を触ってる」
J「触るな!やめい!」
薔「………似てると思った」
J「?」
薔「先端の形がシューマイに」
J「…………」
薔「……固くなんない」
J「なるかよ」





J「ばらしー、明日一緒に遊ばないか」
薔「…(遊ぶ→何して→ゲーム→家→部屋→ベット)」
J「ばらしー?」
薔「……初めてだから優しくしてね?」
J「…………は?」

J「ばらしー、明日映画見に行かないか」
薔「…(映画見に行く→街→見る→疲れる→視線に入るホテル→二人の目が合う→ホテルへ)」
J「ばらしー?」
薔「……近藤さんは自分で持って行った方がいいよね?」
J「…………は?」

J「ばらしー、明日一緒にプラモデル買いに行かないか?」
薔「…(プラモデル買いに行く→商店街のおもちゃ屋→正面の宝石屋→指輪→婚約指輪→結婚しよう)」
J「ばらしー?」
薔「…ウエディングドレスは…ジュンのお手製がいいな…」


J「この姉妹は…」






初期
薔「あ………あの………」
J「ん?なんだ薔薇水晶?」
薔「あ、その……な、なんでもない…ごめん」
J「?」

前期
薔「ね、ねえ、その…一緒に帰ろう?」
J「ああ、いいぞ」
薔「あ…う、うん!」

後期
薔「ジュン…したいの?」
J「違う」
薔「僕らは二つで一つー♪」
J「な、何する貴様ー」

末期
J「ほら……僕らの思い出の第一ボタンを使ったアッガイのぬいぐるみだよ…」
薔「ジュン……大好き……あいらぶゆー……」
J「子供の名前、決めてる?」
薔「………アッガイ」
J「良い名前だね…」








薔「……………ジュン」
J「うん?」
ぷに
J「なんで行きなり人の頬つつくかな」
薔「軟らかそうだったから」
ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに
J「ええい!負けるか!」
ふにふにふにふにふにふにふにふに
薔「…………あう………負けないもん」
ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに
ふにふにふにふにふにふにふにふに


梅「そうか……仲の良いカップルはああやってじゃれあうのか…」


ベ「地獄を見る予感がした………」










ア゛ッー!

|