※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラ「みなさん始めまして、私はラプラスと申します・・・薔薇水晶お嬢様と雪華綺晶お嬢様の執事をしております」




ラ「ここだけの話薔薇水晶は上下黒で雪華綺晶は上下白!黒と白ですぞ、黒と白!
  え?なんでそんな事知ってるのかだって?毎朝起こしに部屋に入るときこっそりと・・・・ぐふふふ
  あの二人は全然気づいてないみたいですがな!ああ萌える萌えるですぞー!これからも毎朝二人のパンチラブラチラをのぞk」








薔「・・・・・ジュン、あーん」
J「ん・・・・美味いなこの肉・・・何の肉?」
雪「兎ですわ・・・ジュン君のために取り寄せましたの」
J「へえ、ありがとう」






べ「畜生!ジュン、何でお前ばっかりもてるんだ!俺と代われ!!」
J「分かった、代わってやる」
べ「え?」
J「僕に変装して一日すごしていいぞ、まあバレテもしらないがな」
べ「マジか!?イヤッホー!!」

変装中
べ「よし、どこからどう見てもジュンだ!!」



べ「それじゃ早速薔薇乙女達と・・・・むふふ」


真「ジュン、早く紅茶を入れなさい」
銀「ねえジュン~、貴方のヤクルトちょうだぁい~」
翠「こらぁチビ人間!水銀燈に抱きつかれて鼻の下延ばしてんじゃないです!」
蒼「ジュン君・・・さっきは水銀燈と楽しそうだったねぇ・・・?」
金「これで今日のお昼ごはんは・・・・ああ、転んだ拍子にジュンに沸騰した鍋のお湯ぶちまけちゃったかしらー!」
雛「うゆージュンのぼりなのー・・・・・あ、いまなんかボキって鳴ったのー」
雪「ジュン君、お覚悟を・・・・・・・・他の女に靡かない様に徹底的に調教してあげます」
薔「・・・・・・・・・・アッガイ」


べ「畜生・・・・体と心と財布の中身がボロボロだぜ・・・・案外羨ましい物でもないな・・・
  はあ、さっさと変装を解くか・・・まずカツラをとっ」
薔「・・・・・・・・・・・」
べ「ば、薔薇嬢・・あいや、薔薇水晶、ど、どうした?」
薔「・・・・・・・・・・・アッガーイ(パチンと指を鳴らす」
ズシャーン(地面を割ってアッガイ出現)
べ「うおおおおおおおおおおお!?!?」
薔「・・・・超級覇王電影弾」
べ「ぎゃああああああああああああああああああああ」

べ「じ、地獄を垣間見た・・・・」
ポンポン
べ「ん?」
梅「やあ、薔薇水晶に聞いたよ、僕のことが好きなんだってね・・・もう、恥かしがらずに直接伝えてくれればい(ry」














ア゛ッー









じ「かずきー、何を聞いてるんじゃ?」
蒼「大きなノッポの古時計」
じ「あれはいい曲じゃな」
蒼「今はもう動かない♪」
じ「……」




もしもイマ○ヨさんが梅岡だったら・・・


べ「ふぅ~今日も疲れた」
部屋のドアを開けるとそこには黒いフードをかぶった男が・・・
べ「誰だよ!?お前!」
?「・・・・・・」
べ「おい!出てけよ!」
?「・・・・・」
べ「くそっ・・・」
ベジータはそう言って部屋から出て行った
5分後・・・
べ「おまわりさん!あのおっさんです!」
おま「どこにいるんだい?」
べ「ほら!そこに黒いフード被ったおっさんが!」
おま「あ・・・あんたのとこにもきたのかい・・・」
べ「は?何言って」
おま「う・・・うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
おまわりさんは慌てて出て行った
べ「ちょwwwww待てwwwww」
べ「何だよこいつ・・・」
?「ククク・・・待っていたよベジータ」
べ「その声は・・・梅岡!貴様か!姿を表せ!」
?「へへへ・・・」

梅岡は笑いながら、黒いフードを脱ぎ捨てた。その下は、ベジータ柄のパンツ一丁だった。
梅「さあ、夜はこれからだ。俺と楽しもうじゃないか!アッハハハハハハハハハ」
べ「ここからが本当の地獄だ・・・」
梅「さあ、お前の○○○をだすですぅ~」
べ「翠嬢のしゃべり方をするなぁ!翠嬢に失礼だ!」
梅「そ・・・そんなことを平気で言うのか君は!失望したよ!」
べ「黙れ!お前がいるから俺の人生が変わったんだ!」
梅「そうか・・・君がそこまで言うなら仕方ない・・・」
べ「分かったんならカエレ!」
梅「・・・お前達~こっちにおいで~」
べ「ん?」
梅岡A「さあ、はじめましょぅ~」
梅岡B「はじめるかしら~」
梅岡C「はじめるですぅ~」
梅岡D「さっさとはじめないとちょん切るよ♪」
梅岡E「不本意だけどはじめるのだわ」
梅岡F「さっさとはじめるの~」
梅岡G「・・・・やるぞM字ハゲ」
梅岡H「・・・優しくしてね♪」
梅「さあ、本物はどぉ~れだ♪」
べ「どうするよ俺!どうすんのよ!」
べ「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

その頃・・・どこからか覗いている人たちが・・・
雛「ケケケ、いい様だぜ」
翠「雛苺・・・なんか口調が変ですぅ」
雛「おい!翠星石!俺とSEXやらせろ!」
翠「何でおまえとやらなきゃならないんですか!絶対嫌ですぅ!」
雛「うるせぇ!俺のギャランドゥがうずうずしてるんだよ!責任取れ!」
翠「ここからが本当の地獄ですぅ・・・」


俺「あなたの周りに黒いフード被った人はいませんか?ひょっとしたらその人は・・・」
梅岡達「ミーツケタ♪」
俺「ここからが本当の地獄ってやつか・・・orz」

梅岡かもしれませんね(笑)

BAD END


ベ「俺……これからどうやって生きよう…」
J「なんだ行きなり」
ベ「北海道に行けば梅岡と会うし家の窓壊して梅岡侵入してくるしシンガポールに逃げてマグロ漁船に乗っても梅岡が居たし…」
J「ベジータがシンガポールに行ったのって先週だよな」
ベ「ああ」
J「先週は梅岡ずっと学校来てたぜ」
ベ「…………え?」
J「つまり…俺が考えるに…梅岡は複数存在する」
ベ「な、なんだってー」
J「ああ、それも大量に…恐らく独自のネットワークを組んで君を監視してるんだ」
ベ「行く先先で奴と会うのはそういう事だったのか!」
J「そうだ、そして地球上がダメならお前の行き先は一つだ!」
ベ「宇宙か……!」


ベ「地球は…青かった」
ポンポン
宇宙人「ワレワレハ……ウメオカセイジン……キミヲツレテイク」




アッー!


ある朝
べ「ん~気持ちのいい朝だ」
コンコン
べ「ん?誰だ?」
ガチャ
梅「や ら な い か ?」
べ「だが、断る!」
バタン!
べ「あ~気持ち悪ぃ」
コンコン
べ「今度は誰だ?」
ガチャ
笹「梅岡がダメなら僕と や ら な い か ?」
べ「ここからが本当の地獄だ」
|