※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第13話「過去」

ジュンは、明日万全な体調で起きる為、早めに寝た。
そして、蒼星石は気付かれない様に、ジュンの部屋に入り込んだ。

蒼(ジュン君が鍵を閉め忘れてて良かった。)
蒼(こうして見るとしかめっ面じゃ無いから、何だか可愛いな・・・って何してるんだ僕、さっさと夢の中に入らなきゃ。)

蒼星石はそんな事を考えている内に、スタンドを出して夢の中に入っていった。
ジュンの夢は悪夢のようだった、寧ろ悪夢以上の狂気が其処には在った。
其処は何処かアマゾンのようで、戦争の最中なのか、香りがあったなら、血生臭い香りがしてきそうな、そんな散々な状態だった。

J「・・・此処は何時もこうなのか?スネーク。」
ス「今日は、まだ良い方か、悪い日には、女子供まで襲ってくる。」
J「最悪だな・・・」
ス「ああ・・・だが生き残る為、だからな。」
J「そうだな、可哀想なんて思ってはいけない、油断したら最後・・・俺らが可哀想な事に、なるだけだ。」

そう言うとジュン達は、(と言っても二人しか居ないが。)その場を後にした。

ジュン達の装備はいたってシンプル、腰に25口径拳銃1丁と調理用ナイフ、手にはサバイバルナイフ一本、とてもそれだけで、あんな光景は出来ないはず。
そんな装備で、常人は1日生きるかどうかの道を過ごしていた。
黙々と歩き出して何時間経っただろうか、蒼星石は浮いてるからいいものを、ジュン達は息一つ乱す所か、疲れた様子さえしていなかった、そこでジュンが口を開く。
J「エネミーラインからどれ位経った?」
ス「3時間だな、敵地まで後もう少しだな。」
J「そうか、それじゃあ 殺 り ま す か 。」
ス「そうだな。」

そう言うと、ジュンは、にたぁと嫌な笑いをし、サバイバルナイフに付いた血を一振りし払うと、近づいてきた5人の内の1人の敵兵を腹から斬った、ナイフは振りが余りに早く見えなかった。
すると兵士は動かなくなり、切った所から上が地面に擦り落ちた。
普通なら、首を掻っ切るのが最適と言われているが、こんな風にしたりするのには、化け物並みのいやそれ以上の力が必要である。
スネークは、両手に双剣の様に構え、あっと言う間に2人の手を削ぎ、混乱している兵士をものすごい速さで斬り、血飛沫と肉片とハラワタで辺りを血の海で満たした。
そのまま、ジュンは1人の足を足で払い、空中に浮いてるうちにナイフを振るい、あっと言う間にミキーサーを使ったかのように肉片とはみ出た臓器と血の海に変えた。
そして残った一人を、何も言う隙も与えずにスネークが首以外の間接のところを斬り12個に斬り分けた、
そうして、5人居た中で2人をジュンが、後の2人をスネークが殺した、体と頭だけが繋がっている男は辛うじて生きているようだ。
そこにジュンとスネーク、そして兵士の話声が聞こえる。

J「お前らのボスは何処だ?」
兵「うわあああああああああぁぁぁ!!殺さないで!言うから殺さないでぇ!!」
ス「答えたら考えてやる、ボスは何処だ?」
兵「ほ、ホントだな、ホント何だな!!」
J「ああ本当だ、そして質問に答えろ、お前等の様に半不死身になる薬の創造主は、何処だって聞いているんだ。」
兵「わ、分かった言う!!言うから殺さないでぇ!!」
J「早く(ジャコッ、拳銃を鳴らす) し ろ。」
兵「ボ、ボスはあそこの船の4階の415号室に居る!」
ス「そうか・・・ジュン。」

その言葉を聞いた兵士は、やった!!とでも言いそうな、安心しきった顔になった。

兵「は、早く!直してくれ!!」
J「お疲れそして 死 ね 。」

そう言った瞬間ジュンはナイフを一振りしザシュン!!という音と共に兵士の体が横に真っ二つになり、兵士はあ・・・れ・・・?と言って血を吐き死んだ。
よく見ると、死体は死ぬと腐るのではなく、黒くなってボロボロ崩れていくようだ。

蒼(うわぁ・・・余りに酷い、いくら映画で慣れてるって言っても、本物はやっぱり・・・少し気分が悪くなってきた、けど之は、昔のジュン君?)
蒼(・・・なんで彼は、こんな事をしているんだろう?あ、変な船がある、あれなのかな?)

其処は、赤黒く変色した大きな船だった。
船の周りは、鉄分のせいか血の色に染まっていた。
そして、ジュンとスネークは中に入っていった。

蒼(・・・如何しよう、此処で帰ろうか、何時間経ってるのか分からないし。)
蒼(また今度来てみよう、同じ夢が見れるかもしれない、それにこれ以上は僕の精神力が持ちそうに無い。)

そう考えると蒼星石はスタンドを出し、夢から出た。
夢から出ると、蒼星石はジュンの部屋から足早に抜け出し、自分の部屋に入っていった。

蒼(彼は心が強く、絶対に曲げない信念を貫いてるようだ。)
蒼(僕はもし、同じ状況に晒されたら狂ってしまうだろう、どうして彼は平気なんだろう。)
蒼(あ・・・もうこんな時間か、もう寝なきゃ、明日も早いだろうし。)

蒼星石はそう思うと、青ざめた顔を鏡で見てため息をつき、持っていたメモに今日のことを書き、ベットに入り死んだように眠った。

|