※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


J(ニコニコ)ナデナデ
蒼(ニコニコ)ナデナデ
紅・翠「……」
J(ニコニコ)ナデナデ
蒼(ニコニコ)ナデナデ
紅・翠「……」
紅「金糸雀。」
金「なにかしら?」
翠「あの二人は何してるです?」
金「あの二人?JUNと蒼星石かしら?あの二人なら最初は普段通りラブラブしてたかしら。でも、蒼星石が…。」
蒼「何時もJUN君ばかり僕の頭撫でて不公平だよ。
僕もたまにはJUN君の頭撫でたい。」
金「って言ってJUNの頭撫でだして。それからJUNが…。」
J「なら僕も蒼星石の頭撫でる。」
金「って言って、蒼星石の頭撫でてるかしら。」
紅・翠「……」
金「二人ともニコニコしながらずーっとお互いの頭撫でてるかしら。」
紅「翠星石ーーー!」
金 ビクッ
翠「真紅ーーー!」
金「え!?え!?」
紅・翠「「二人のこの手が真っ赤に燃える!」」
紅「絆を掴めと!」
翠「轟き叫ぶですぅ!」
金「わ!わ!二人とも止めるかしら!何か凄いものが出そうな気がするかしら!
あ、薔薇水晶。二人を止めるの手伝って欲しいかしら。」
薔「……だからお前は阿呆なのだーーー!」
金「意味が分からないかしらー。」

終われ






出来たから投下。
翠「どうせ、体が目的で連れてきたんですぅ。」
蒼「ほ、本当かい?」
J「興味は飯と睡眠以外ねー。」
翠「其処まで言うんなら、一緒に混浴に入ってやるですぅ!!」
蒼「あ、姉さんゴソゴソ(人のを取っちゃ駄目だよ?)分かった?」
翠「ゴソゴソ(双子に分けろですぅ)。」
J「そこ、卑猥な話しない!」
蒼・翠(何で聞こえるんだ?!)(ですぅ!?)

そんなこんなで、混浴に入るが人がこの季節は来ないため、貸切状態である。

蒼(今日こそは!今日こそは○E○をして貰おう)
翠「何か、ふぁぁあ、眠く成っちまったですぅ、先に旅館に帰るですぅ。」
J「分かった、また後で。」
翠「まぁ、駄目人間も、蒼星石がついてるから大丈夫だろうですけど。」
J「志村ーそっち逆ー」
翠「はっ!!・・・い,今のは凡ミスですぅ。」
J「はいはい、また後でね。」
蒼「姉さんお休み。」
翠「お休みですぅ、ふぁーぁ。」(喰いモン沢山喰いに行くですー♪)

そう言うと二手に分かれた。

蒼「ジュン君・・・一寸休まない?」
J「OK、出ようか?」
蒼「いいや、ジュン君の上が良い・・・」
J「へ?まぁいいけど。」


それでも、まだジュンは性への関心が無いようだ。

蒼「ジュン君って、女?」
J「いいや?男だが?」
蒼「それじゃあ、一寸試してみたいことがあるんだ・・・」
J「まぁいいけど、変なことすんなよ?」
J「ちょっ、一体何をする!!止めr(ry」

[以降は半分削除されました、読みたければ自分の頭の中で完結させてください。]

J「・・・」
蒼「えーっとごめん・・・ね?」
J「童貞・・・取られた・・・」
蒼「えーっと・・・」
J「女に・・・遣られた・・・」
蒼「ごめんって、本当に何でもするから!」
J「んじゃあ、もう夜だから、一緒に寝よう?」
蒼「けどまだ、8時・・・」
J「・・・」
蒼「分かった・・・」
J「それじゃあ、御休み」(ニタァ!)
蒼「?お、御休み」

その後、蒼星石は風呂の仕返しに散々いじられたのは又の話。







桜を見に来ていたジュン達、その時の蒼星石とジュンだけになった時の会話。

J「何だか懐かしいなぁ。」
蒼「何がだい?。」
J「昔、幼稚園のころだっけなぁ、蒼星石と此処で結婚式を挙げるって言ったの。」
蒼「…そんな懐かしいことまだ覚えてたの?、有り難いけど冗談だろう?」
J「ははは、キスしたっけなぁ。」
蒼(ビクッ!)
J「それに、絶対って蒼星石からつけて来たしなぁ。」
蒼(ビクビクッ!)
J「蒼星石が良いなら、また誓いを立ててやっていいけど、如何する?」
蒼「…///////宜しくお願いします。」
J「(可愛いなぁ)それじゃぁ、誓いのキスを。」
蒼「えっ!?ソ、ソレハダメダヨジュンクン!!」
J「落ち着けキスぐらいで…それにもうファーストキスは蒼星石は俺に、俺は蒼星石に捧げたんしなぁ?」
蒼「う…ん、それじゃあ、目つぶって?」
J「…分かった。」


J「…蒼星石、こっちむーいて?」
蒼「何だい?ジュンく…」

其処まで言った瞬間、今度はジュンが蒼星石の唇を奪った。
それは、とても長いキスだった。

J「…(くちゅ、くちゃあ、ぬちゅっ)」
蒼「ふやぁ!?(ちょっと!?ジュン君!?…けど何だかジュン君の優しい温もりを感じる…////////)
J「ぷはぁ…ご馳走様でした…約束は守るからね。」
蒼「…酷い。」
J「ご、ごめん、嫌だった?」
蒼「…責任とって、彼女にして?…だめ?」(上目遣いで見る)
J「…いいよ。(え~っと鼻血が…ティッシュティッシュッと)」
蒼「有難う、それじゃあ、耳噛ませて?」
J「…(ックー!!堪らん!!)OK分かった。」
蒼(ペロペロ、ハミハミハミハミハミ…)
J(クッ!!…一体何時まで…耐えられるかな…)

遠くで見ていた、その他の人達。

薔「姉さま、キス…」
雪「しましょうか、何か疼いて来ましたし。」
薔「姉さま…」
真「…水銀燈、夜うちに来て?」
銀「わかったわぁ、真紅も好きねぇ?」
真「//////…」
翠「何か妹を取られたですぅ!!しかもこっちじゃあ、真紅と水銀燈が、薔薇水晶と雪華綺晶が何かキスしてるです!!」
雛「…うるさい…女を…寝取られたと…騒ぐ馬鹿が何処にいる?…恥を知れ…Fackyou…ぶち殺すぞゴミめ等が…なのー。」
翠「うっ…うわああぁぁぁぁんん!!!!」
金「えーっと…が、頑張るのかしら!!翠星石!。」
翠「キムシジャンにそんな事言われたく無いです!!」
金「ひっ…酷いのかしらぁ!」

…一体何時皆さんに春は来るのでしょうか?









夕日が道に長い影をつくる
四月とはいえ夕方になればまだ少し寒い
僕はマフラーに顔をうずめる

(JUM君に・・・電話してみようかな)

ただ「寒いね」って言いたいだけ

こんな寒い日に僕は思い出す
ふたりで帰った日に降った雪のこと
それを思うのは僕だけなのかな

望んでいた場所が手に入った筈なのに
嬉しさ以上に失う不安がそこにあるなんて思わなかった

卑下するわけじゃないけれど
彼の傍にいるたくさんの女の子のなかに
僕より相応しい子がいるんじゃないか

そんな考えが頭から離れない

一番近くにいるのは僕のはずなのに・・・








僕の彼氏桜田ジュンは、マラソンの後炭酸の抜けたコーラを飲む。
彼が走り終わってきて、今僕は庭でお喋りしている。

蒼「ジュン君、炭酸の抜けたコーラなんか、美味しい?」
J「んー…さぁ?少し飲んで見る?」
蒼「…それじゃあ、よろしく頼むよ。」
J「ちょっと待ってて、取ってくる。」

そう言うとジュンは席を外した。

蒼「やれやれ、彼の戦闘癖と回復能力には泣かされるよ。」

ジュンは骨折も5日間で直してしまう程の回復力で、後楽園の地下で戦っている。
正直彼は強いが、範馬家だけとは戦わないらしい。
彼は、負ける試合と簡単に勝ちそうな試合はしないそうだ。



蒼「全く、ジュン君も無茶するな…(ちゅ)!?」

その瞬間、口の中に炭酸の抜けたコーラが流れ込んだ。

蒼「!?んっ(ゴクン)ジュ、ジュン君!?何をしたの!?」
J「飲みたいって言うから、口移しをした。」
蒼「…甘いね、このコーラ。」
J「意外とイケルだろ?」
蒼「また、飲みたいなぁ。」
蒼「口移しで気が済むまで飲ませてもらうよ?」
J「ははは、(やらなきゃ良かったかな?)どうぞ、心行くまでご堪能ください。」
蒼「ジュン君…死なないでね?」
J「はははは死なないさ、最低限死なない程度に頑張ってるさ。」
蒼「うん…そうだよね、有難う無駄な心配させちゃって。」
J「ははは、蒼星石が応援してくれるから、死なないさ。」
蒼「ジュン君…」
J「蒼星石…」
蒼「ジュン君…2階に行こ?」
J「そうだな…此処じゃあ、周りに変な目で見られる。」
蒼「だっこ…」
J「何歳になっても蒼星石は甘えん坊だなぁ。」


その後、ジュンの口を散々堪能した後、2階に上がって行って色々堪能した。
事の途中は妄想して形成してください。

蒼「ご馳走様でした。」
J「…(げっそり)。」
蒼「汗掻いちゃった…お風呂ジュン君はいろ?。」
J「あはははは、好きだなぁお前も。」

その頃、爺はというと。

爺「血が疼く、桜田 ジュンか…対戦相手には申し分ない。」
爺「これで、奴が勝った時は…蒼星石との婚約を許そう。」

そんな声の後、笑い声が蒼星石の家に轟いた。









初夏の明るい日差しの中、鈍行列車が家々の並ぶ住宅地を走り抜ける。
特に荷物も持たないで、昨晩の唐突な思いつきのままに列車に乗り込む双子。
向かうは終点、海辺の都市。

一駅一駅進むにつれて、徐々に大きなビルやマンションが減り、
双子が暮らす市街地とは雰囲気が変わり始める。それは、慣れない場所に来たという違和感か、
それとも海が近づいて本当に空気が違ってきているのか。
そんなことを考えながら、蒼星石は流れ去る風景を楽しんだ。
ガタン、と小さく揺れたときに肩に小さな重みがかかる。心地よい揺れと、窓から入る涼しい風に
眠気を誘われたのだろう。いつの間にか眠ってしまった翠星石が寄りかかってきたのだ。
そういえば、家を出た時まだ眠たそうにしていたっけ。思いながら小さく微笑んだ。
駅名を見ても終点まではまだ少しかかる。自分もうとうとするくらい良いかな…と軽く目をつぶった。

「蒼星石!ついたですよ!終点です!!」
いつの間にか本格的に眠ってしまったらしい。蒼星石が目を開けると翠星石の顔がすぐ前にあった。
「ああ、ごめん。寝ちゃってたや…」
「まったく。仕方の無い妹ですぅ!」
お姉さんぶる翠星石の後を追って蒼星石も列車を降りる。
「でも、翠星石だって途中寝ちゃってたじゃないか」
「ちゃんと終点で起きられたのだから問題ないですぅ!」
今回ばかりは翠星石の勝ち。蒼星石は、何も言えずに苦笑しながら翠星石の隣に並んだ。

観光地らしい大きく目立つデザインの駅から外に出て、駅前の大きな広場を二人は歩く。
歩き始めてすぐ、腹の虫が鳴いた。
考えてみれば、二人とも朝から何も食べずに家を飛び出してしまったのだ。
二人で苦笑しながら、近くにあったハンバーガーショップに入って適当に注文する。
窓際の席に陣取って、駅でもらった観光地図を広げた。
「で、何処に行く予定ですか?」
塩気の足りないポテトを頬張りながら翠星石が問う。
そう、この唐突な日帰り旅行を思いついたのは蒼星石だった。けれどその当人は少し言いづらそうに


「実は…あんまり考えてないんだ。細かく調べてる時間も無かったし。
 だから、ついてから二人で決めたら良いかな、って思って…」
実質、此処の事でわかっているのは電車賃と来るのにかかる時間くらい、と。
言葉が徐々に尻すぼみになっていく蒼星石に、翠星石が笑いかける。
「仕方ないですぅ…じゃあ、一緒に歩きながら決めるです!」

ハンバーガーショップを後にした二人は、地図をしまって歩き始めた。
鳩とカモメが入り混じって飛ぶ港をしばらく歩いた後は、水族館や神社のある方向へ向かう。
「水族館に行くですぅ!」
…という翠星石の言葉にまずは従ってみるものの。
「入場料2000円…」
「ですぅ…」
結局、値段を見てしょんぼりしながら元来た道を引き返すことになる。
昼食や、小遣い日までの日数を考えるとさすがに出せない額だった。
「くわーっ!デートの定番コースの癖してたけぇですぅ!」
「僕達、まだ学生なんだし仕方ないよ」
憤懣やるかたない翠星石に苦笑しながら、今度は蒼星石が提案する。
「だったらさ、神社の方に行って見ない?こっちも有名な観光スポットみたいだし」
「蒼星石は趣味がじじくさいですぅ…しゃーないです。そっちに行ってやるです!」
神社までは大きな橋を渡って行くことになる。その途中にあったいいにおいのする屋台で
サザエの串焼きを買って歩きながら食べた。潮の香りのする美味しいサザエのおかげか、
穏やかな海を見ながら橋を渡りきる頃には、翠星石の機嫌もすっかり直っていた。

さらに歩いて青く錆びた鳥居をくぐると、神社の門前町に入る。
観光地らしい土産物屋や食べ物屋が立ち並んだ鳥居まで続く坂道は、
大きな車も入れないほど狭い道であり、少し懐かしい空気を感じさせた。
海の近くだけあって、土産物屋には大きな貝を使った細工品なども並ぶ。
翠星石ははしゃぎながらそれらを見て回り、もちろん蒼星石もそれに続いて店に入った。

二人で興味深げに懐かしかったり物珍しかったりする土産物のラインナップに見入っていると、
店のおばさんが傍に来て説明してくれた。
一通りの説明を聞いた後は、どれを買うかと睨めっこする翠星石を他所に、
蒼星石は店のおばさんと談笑する。
学生さん?―ええ。今日は土曜日なんで休みなんです。―そうなの。最近は土曜日も休みになってい
いわねえ―本当に。それで、折角なんで姉と二人で遊びに…―あら、最初入ってきたときはカップル
かな、なんて思ってたたけど…顔見たらよく似ていたし。姉妹だったのねえ―あはは、良く男の子と
間違われます…―あら、気にしてたならごめんなさい?―いえ、いいですよ。
「よし、決めたですぅ!」
翠星石が手に取ったのは、貝殻のペンダント。ネックレスのようにジャラジャラせずに、
カジュアルな服装にも良く似合うかわいらしいものだ。それを何故か2本持っておばさんに手渡す。
清算が終わると、翠星石はそのうちの一本を蒼星石へ差し出した。
「蒼星石は、アクセサリーとかつけなさすぎです!コレでもつけてれば少しは間違われないです!」
真剣に選んでいたようでいて、後ろの会話もしっかり聞いていたらしい。
「翠星石…ありがとう」
なんとなく照れながらそれを受け取る蒼星石。そんな二人をおばさんは笑いながら見送ってくれた。
二人で早速おそろいのそれをつけて、坂道をさらに登っていく。
奥の石段を登ると程なく大きく赤い鳥居にたどり着いて、二人はそれをくぐって階段を登っていく。
登りきった先にはおみくじが置いてあり、二人はそれぞれ一枚ずつとってお金を箱に入れた。
「…吉」
「末吉ですぅ」
どちらも中途半端も良いところ。笑いながら、残りの文章を読んで、張られた紐にくくりつけた。
それから、もっと奥まで登ってみよう、と二人は傍の石段をさらに上がる。
門前町に近いところ程赤く白く豪奢に塗られた神社は、しかし奥に向かうにつれて
少しずつその派手さを失い、代わりに落ち着いた雰囲気をかもし出す。
祭神は弁天様だということで、二人とも勉強と…そしてお互いの事について、
社に着くたびに5円ずつ賽銭箱に放り込んで手を合わせた。

途中、観光客にかわいがられているのか妙に人懐こい猫に出会ったり、
高い所をめぐっているイメージのある鳶が、すぐ目の前の大きな木から飛び立って鳴いたり…
そんな小さな出来事を、今更のように取り出したカメラに収めながら二人は階段を登っていく。
道々に有料のエスカレーターなど置いてあるものだから、どれだけ大変な道のりかと思いきや、
それほど階段も坂もきついわけではなく、二人とも軽口を叩きあいながら楽々と登っていく。
坂の中途で眺めのよい食堂の前を歩いた時には、限定何食の「シラス丼」なるメニューに心奪われて
昼食はそこで食べることになった。他の刺身定食やまぐろ丼などのメニューに比べれば
安めの値段設定であるそれは、二人の財布具合にも腹具合にも丁度ぴったりのものであった。
二人にとって座りなれた畳のお座敷席で足を伸ばし、一休みしてから出発する。

「ついたです…!」
階段の、最後の一段を登って息をついた二人の目の前に広がったのは、
大きな広場と、少し離れた位置に見える鉄の展望台。
「折角だし、展望台にも行ってみる?」
「うーん…どうせまた値段が高いです。だったら、この辺で少しゆっくりしていくですよ」
その言葉に蒼星石は頷いて、頂上にあった売店の並ぶテントへと向かう。
ベンチの一つに腰掛けて翠星石が待っていると、すぐにソフトクリームを両手に持って戻ってきた。
「はい。安いけど…さっきのペンダントのお礼代わりに」
胸にさがったペンダントと、にっこり笑う蒼星石の顔に翠星石の顔が赤くなる。
ぱっとソフトクリームを乱暴に受け取ると、
「し、しかたねぇから受け取ってやるですぅ!」
照れ隠しのように言って奥へと歩いていってしまう。
「あ、ちょっと待ってよ!」

ベンチとテーブルの並んだ奥には、小さな遊園地のような施設と、上に向かう階段があった。
さすがに施設の方で遊ぶような年でもない二人は、素直に階段を上がる。
その先はちょっとした展望台になっていて…よくあるコイン式の双眼鏡も置いてあった。
見渡せるのは、夏の明るい青さに染まる空の下、何処までも広がった大きな海。
海に向けて無造作に置いてあった木製のベンチに、翠星石と蒼星石は、並んでそっと腰掛けた。

今はだれもいないその小さな展望台で、二人はしばしの間その景色に目を奪われる。
溶けかけたソフトクリームをなめながら手を繋いで、どちらともなく笑いあった。
この、小さく綺麗な風景を共有できた事が、何故だかとても嬉しく感じたのだ。
「たまには…こういうなんの予定も立てない旅行もどきもいいもんかもしれないです…」
「うん…翠星石と一緒に来れて良かったよ」
その言葉に、翠星石が頬を染めた。最後に残ったコーンを一気にがりがり食べて、勢い良く言う。
「て、照れる事を言うなです!翠星石と蒼星石は双子なんですから、いつでも一緒ですよ!」
「あはは…そうだ、折角だからさ、また夏休みになったら来ようよ。今度は皆もつれて」
「そうですね…でも、別なときに…出来ればまた二人っきりで来たい…かも、ですぅ」
今度は蒼星石が赤くなる。妙に幸せな空気に包まれて、二人はしばらくそこに座り続けていた。

階段を登ってきたおじいさんの咳払いで二人が我に帰るまで、どれくらいの時間が過ぎただろうか。
時計を見た蒼星石が立ち上がる
「ゆっくり行くならそろそろ戻らないと、夕飯に間に合わなくなるかも」
「え、もうそんな時間ですか!」
立ち上がった翠星石の手を引いて、蒼星石は歩き始める。
おじいさんに会釈をしてから、二人は慌てて展望台の短い階段を下りた。
ソフトクリームのコーンに巻かれていた紙をくずかごに放り込んで、二人は帰りの道を歩き始める。
少しずつ傾きかける日の光の中、今度は手を繋いで降りた神社の参道。
二人が駅にたどり着いたときには、既に夕日は赤く染まり、徐々に沈み始める頃であった。

日も沈みかけた鈍行電車の中、おそろいのペンダントを下げた双子が並んで座る。
同じく帰り道であろう子供達は姦しくわいわいと騒いでいたが、
二人のまぶたは徐々に降りていき…いつしか、互いに寄り添うようにして眠りの世界へ。

気が付けば、2駅ほど乗り過ごして慌てて戻る。結局夕飯の時刻には少し遅れて家の扉を開くと、
待っていてくれたらしい祖父母に迎えられて暖かい食卓に着いた。
双子はその日の小旅行の話をして聞かせ、祖父母はそれを嬉しげに聞く。
夏も近いある日の夜は、そうして静かにふけていったのであった…

|