※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J王ロボ


べ「なあ、お前蒼星石の幼馴染だろ?」
J「そうだけど、それがどうした?」
べ「実を言うとさ・・俺、蒼星石の事が好きかもしれないんだ・・」
J「は、はぁ・・その、それで?」
べ「それでよ。今度デートしたいんだが、俺あんまり蒼嬢と面識ないじゃねーか」
J「まあ、そうだな」
べ「で、だ。今度のデートの約束をお前に取り付けてきてほしい、頼んだぞ!」
ダッシュで逃げ出すベジータ。
J「え。おい、ちょと待て!・・・行ったか・・」
 ↓
J「なあ、蒼星石・・ちょと、頼みがあるんだが・・」
蒼「改まって如何したの?それと、二人っきりの時は『ソウちゃん』って呼んで良いよ?」
J「あ、ああ。うん・・でな、今度の休みにベジータが一緒に遊びに行きたいって言うんだ」
蒼「へー良いんじゃないかな?で、何処に行くの?ジュン君は映画に行きたいとか言ってたよね」
J「いや、その、な。蒼ちゃんと二人っきりで行きたいって、言うんだが・・その、どうだろ?」
蒼「あーそう言う事ね。僕は別に良いけど・・」
J「そ、そうか。有難う多分ベジータも喜ぶよ(何か、嫌な役だな・・これ」
蒼「そう・・」
J「詳しい日程は後で連絡するよ・・その、ごめんな変な、事言って・・」
蒼「いや、良いよ。ジュン君も友達付き合いがあるんだから、気にしないで」
J「ああ、ありがとう。・・多分、遊園地になると思う。そんな話してたし・・」
蒼「そ、そうなんだ。僕、遊園地好きだから、楽しみだな。あはは・・はは・・」

二人の間に気まずい空気が流れ、蒼星石の笑い声は虚しく響く。

べ「はい、もしもし。ベジータだが」
J「俺だよ、ジュンだよ。」
べ「そ、その。蒼嬢の方はどうだった!?」
J「OKだってさ、行き先とか伝えるから、教えてくれ」
べ「ありがとう心の友よ!行き先は『薔薇遊園地』だ!それで、時間はだな・・
  ・・だから、よろしくな!ひひひ、コレで蒼嬢は俺の魅力にめろめ」
『プチッ』ジュンが電話を強制的に終了させた
J「はぁ・・何だろうな・・この気持ち・・心配だな、蒼ちゃん・・」
 
 ↓

デート当日・遊園地
べ「ははは、それでね・・」
蒼「へーそうなんだ、面白いねー」
そんな二人を見つめる影があった。
J「中々紳士的だな・・って、俺は何してんだよ!!!」
そう、ジュンである。
蒼星石が心配で結局見に来てしまった。
J「はぁ・・まあ、何だろう・・うん、気にしたら負けだ、負け犬だ・・」

蒼「ふーん、次はジェットコースターに行こうよ」
べ「ああ。まかせろ!(よし、中々いい雰囲気だ!」
 ↓
べ「機械のくせに・・中々やるじゃねーか・・」
蒼「あはは、ベジータ君が怖がりすぎだよ。じゃ、次は何処に行こうか」

J「何か・・凄くいい雰囲気じゃねーか・・俺、何してんだろうな・・」
ジュンが木の上から見ていた。
子「ねーあれ何ー?おサルさん?」
親「しっ!見ちゃだめよ!さ、薔薇戦隊のショーを見に行きましょうねー」
J「・・・('A`)」
ジュンは負け犬に成った。
J「俺も、気晴らしに・・薔薇戦隊でも見に行こうかな・・でも、一人だとちょと恥ずかしいな・・」

一口メモ・薔薇戦隊とは? 
薔薇戦隊とはジュンが子供の頃に大ブレイクした戦隊物である。
7人の隊員で操る巨大J王ロボと巨大怪人との戦いは必見!国外輸出もされていたシリーズである。
付け加えると。ジュンは巨大ロボJ王が大好きだった。

モヒカンA「あーん、最近の交友関係はどーなってるんですかー?」
モヒカンB「そうだそうだ!バギーで追い回すぞ!」
モヒカンC「ひゃははは。水だ水だ!!」

世紀末のモヒカン達が居た。
べ「ふん。下種共が、この金をくれてやる、失せろ(へっ、決まったぜ」
モヒカンC「ああん?今の時代に金が何の価値がある?」
『どかっ!』ベジータが差し出した札束を手と共に蹴り飛ばす。
べ「う、うわっ!」
相当数のペリカが舞い上がる。
モヒカンA「へへ、ならこの女は貰っていくぜ。ヒヒヒ」
べ「ま、待て!!金なら、まだある!!」
モヒカンB「ひひひ、女を助けたかったら。その10倍は用意するんだな!!」
蒼「う、うわっ!だ、誰か助けて!」
だが、誰も助けに入らない。皆面倒ごとはごめんなのだ
モヒカンA「へっ、皆自分の身が可愛いんだ。それじゃあ、早く金を持ってくるんだな。ガハハハハ!」
??「まていっ。うぬら、その娘を放してやれ」
モヒカンA「ああ?誰だてめー?」
降り注ぐペリカから現れたのは
J王ロボ「我が名はJ王ロボ、天を目指すロボである!」

J王ロボ(着グルミ)であった。

モヒカンA「は、ははは。誰かと思えばJ王ロボかよww」
モヒカンB「ひっひっひっ、俺が子供の頃やってた戦隊物のロボじゃねーか!」
モヒカンC「食い物だ、食い物をもってこい!ぎゃははははは」
蒼「J王・・ろぼ?」
J王ロボはモヒカンA・B・Cに向かって走り出す。
モヒカン「「「な、何だ!?」」」
J王ロボ「ふぅん、どりゃぁ!ぬぅん!!」
必殺技『秘孔突き』をする
モヒカンA「な、何?別に痛くも・・」
J王ロボ「うぬらが生きる明日はない・・」
そして手のギミックを作動させ

『ドッパァ!!』

モヒカン「「「ひ、ひでぶっ!!」」」
血糊が吹き出る、モヒカン達はいつもの台詞を言って倒れる。
J王ロボ「(あー結構クセになるな、これ。J王ロボ目指して鍛えてた甲斐あったよw)」
ぶっちゃけ、使用したのは普通の突きなのだが。
拳王の彼が使えば関係ないようだ。

周りから拍手が漏れる。
男A「最近のパフォーマンスは凄いなw」
男B「ああ。やっぱあの血糊がいいよなw」
どうやら、ショーの延長として考えてるようだ。
蒼「あの。助けてくれて有難うございます・・」
J王ロボ「気にするでない。このような掃除も拳王の仕事よ(にしても、早く逃げないと)」
女A「あ、あいつです。勝手にJ王ロボの着ぐるみを盗って行った奴です!」
警備「まてーい!!そこを動くなよ!!」
J王ロボ「では、さらばだ!(やべえええ、逃げ切れるかな!?」
蒼「ありがとう・・J王ロボ・・・」
J「それに、しても・・今日は大変だったな・・」
なんと、J王ロボに変装していたのはジュンであったのだ!
J「にしても、あの警備・・侮れないな・・投げ手錠使うなんて、まったく」
時計は夜8時を指していた。
J「うーん。蒼ちゃん大丈夫だったかな・・ベジータに限って、そういう事はないと思うけど・・」
『こんこん』その時窓を叩く音が聞こえた。
J「ん?蒼ちゃんか?」
『ガラガラガラ』
蒼「や、ジュン君。遊びに来たよ」
J「ああ、あがりなよ」
『ガラガラガラ パタン』

J「で、どうだった?今日の、その。デートは?」
二人ともコタツに入って和んでいる。
蒼「まあ。ぼちぼち楽しかったかなー」
J「そうか、それは良かったよ」
蒼「でも、あの後ベジータ君が『疲れてないか?俺、休憩とか出来る所知ってるんだが。どうだ?』
  とか言って来た時はびっくりしたね」
J「ちょ、ちょ!大丈夫だったか!?(あの糞野郎!!!」
蒼「大丈夫だよ。そうじゃなかったら今ここに居ないってw」
J「ま、まあ。それも、そうか・・(心配しちまうよ」
蒼「ふふ、心配しちゃって。ジュン君は可愛いねー」
J「いや。これは、その幼馴染としてだな・・その・・」
蒼「あ、そうそう。今日は映画『超!怖い話』があるんだよね、見なきゃ」
『ピッ』TVが電子音を上げブラウン管に色が走る。
J「って、蒼ちゃん怖いの苦手だろ?んで見た後は『怖いから・・一緒に寝よう、ね?』って言う気だろ?」
蒼「お、良く分かってるねーさすがジュン君」
J「いや、流石に。俺達も、なあ?いい年な訳なんだし・・(蒼ちゃんがデートとかするから、変に意識しちまう・・」
蒼「何言ってるんだよ、この前のホラー映画の時も一緒に寝てくれたじゃないか」
ムッ、とした顔になりコチラを見る。
J「いや、まあ・・その・・えーと、嫌じゃないんだが・・その・・」
蒼「なら一緒に寝てもらおうかな。それとも、いやらしい妄想でもしちゃった?w」
J「あーほらほら『超!怖い話始まるよ』」
蒼「話そらしちゃって、クスクス」

ジュン・自室
二人、一緒のベットに寝ている。
只、一緒の空間を共にするためだけの同衾。
部屋には青白い月明りが漏れていた。

二人は仰向けに寝ていた。
J「あの映画は、本当に・・怖かったな・・」
蒼「うん・・一人だと、泣いてたかも・・」
数分の沈黙の後、蒼星石が口を開いた。
蒼「ねえ、ジュン君『薔薇戦隊』って覚えてる?」
J「ああ。覚えてるよ、俺達の子供の頃の番組だ(むしろ、今日演じてきたしなw」
蒼「それでさ、J王ロボ居るよね、ジュン君が大好きだった奴。そのロボのキメ台詞がさ」
蒼星石は相槌など求めてる様子はなく、話を続ける。
蒼「『うぬらに明日を生きる資格はない・・』なのにジュン君はいつも『うぬらが生きる明日はない・・』
  って、間違えてたよね・・どんなに注意しても、直らなかったよね・・僕ね、あの時とても怖かった・・」
J「・・・ああ」
蒼星石の言いたい事が何となく、分かってきた。
じっと、次の言葉を待つ。

蒼「・・・その、言いたい事はそれだけなんだけど・・それと、ありがと・・」
ぼそり、と蒼星石が呟く。
J「そんなの、k」
言葉を失う。
青白い月明りに照らし出され、頬を赤らめる蒼星石の姿は
とても、美しかった。
蒼「・・どうしたの?」
J「い、いや。その・・何でもない。もう、寝ようぜ」
見とれていたなんて、言えやしないよ。
蒼「あーこら、お姉さんに言って見なさい、ほらほら」
『グシャグシャ』と頭を触られる。
J「って、3日産まれるのが早かっただけだろ、それに俺の方がお兄さんっぽいわ!」
蒼「そんな事言ってー昔は『蒼ちゃんを絶対守る、僕はナイトになる』って言ってたのになー」
J「いや、まあ。それもそうだけど・・(俺は、絶対に。守ってみせる」
蒼「でしょーじゃ、ホラ言いなよ、さっき何て思ってたのかな?」
J「言わない、絶対俺は言わないからな、くらえ!」
ジュンの手が蒼星石のほっぺに伸びる。
蒼「甘いわ、馬鹿弟子めーw」
じゃれ合う二人。
J「ちょ、負けないからなw」
青白い月明りに照らされる幼馴染の二人。

彼らの時間は過ぎていく。

FIN

|