※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8話「薔薇乙女」

雪華綺晶が残りの5人を、テレポートさせてから約10分後、大体の大まかな説明をし、何故?何を大体解消した頃。

5人(ジュンの昔にそんな事があったなんて知らなかった)(なの・かしら・だわ・わぁ)
J「このように、昨日ベジータが襲われました、之について質問は?」
真「特に無いのだわ。」
J「そのほかに質問は?」
銀「何故私達が、呼ばれたのぉ?」
J「説明が面倒が、君等はとある能力に選ばれたのさ、それの発現を今させる。」
J「皆、指を出して。」

5人の[発現]を終えていない、人たちは電車の中で、笹塚達がやられた様に石を刺され。

金「何か・・・眠い・・・の・・・かし・・・ら・・・」(バタン)
銀「一体・・・なん・・・なの・・・よぉ・・・」(バタン)
真「ジュン・・・目が・・・覚めた・・・ら・・・酷い・・・の・・・だわ・・・」(バタン)
雛「何か・・・とても・・・ねむぃ・・・のぉ・・・」(バタン)
薔「お姉・・・ちゃん・・・お休・・・み」(バタン)
J「・・・真紅が、目覚める前に、逃げちゃおっかなぁ(泣)」
雪「逃がしませんよ、先ずこの人たちを、地下の各部屋に運びなさい。」
J「トホホホ・・・」(何で、何時もこんな役なんだろ。)

ス「おいジュン、蒼星石と翠星石、笹塚の訓練をしてやれ。」
J「本気で?」
ス「あいつ等に合わせてだ、分かったらとっとと、地下の格闘場に三人を連れて行って来い。」
J「OK、分かった 分かったから、そのデザートイーグルをしまってくれ、そんなの持ってたら、いくらスタンドでも対抗できるか。」
ス「それじゃあ行って来い。」
J「ルールは?」
ス「ジュンが気絶したらあいつ等の勝ち、あいつ等が全員気絶したら、お前の勝ち。」
J「蒼星石、翠星石、笹塚、ちょっと来てくれ。」
蒼「何だい?ジュン君。」
翠「また変なスライムとかと、戦えとかじゃあ無いですよね?」
J「ああ違う俺と戦え。」
翠「1対1じゃあ勝ち目がないですよ!!」
J「そこでだ、そっち三人と、こっちは俺の力抜き、それで大体互角位だろうから、それでいいな?」
翠「それなら、こっちが楽に勝ってやるですぅ。」
笹(・・・まだ一回も本気を出していないが、どれ位の強さ何だ?最初は見の動きで行こう、それにちょっと性格が変わってきてる・・・)

J「こっちが、お前ら3人を気絶させたら、こっちの勝ち、分かったな?」
翠「受けてたつですぅ」
蒼「姉さん、三人だからって、油断しちゃあ駄目だよ?。」
笹「蒼星石の言う通りだ、いくら同じスタンドを持っていても、経験が違う、それと最初はどれ位強いか、避けに専念してくれ。」
翠「(恐らく、強い笹塚が言うんだから、納得をせざるをえないようですぅ。)・・・わかったですぅ」
J「それじゃあ訓練を始めようか。」

|