※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆夏は暑い その1◆

(ミーンミンミンミーン ミーンミンミンミーン)

め「……暑い。汗が止まらない」

J「同意」

薔「はげどう……」

め「その割には、ばらしー汗ひとつかいてないわね」

薔「真の美少女は汗などかかない……流すのは涙だけ」キリッ

J「『アイドルはトイレに行かない』ってやつみたいだな」

め「……ねえ、ばらしー」

薔「……なに?」

め「桜田くんは汗フェチよ」
J「違うから」

薔「そっか……JUMは汗フェチ……ならば」

薔「……」ダラダラダラダラ

J「……汗かき始めたな。すごい勢いで」

め「これも一つの愛の形」


◆夏は暑い その2◆

め「お! 木陰見っけ」ピョン

J「あ、僕もいれて」

め「ふふふ、悪いがその要求には答えられないね。ここは柿崎めぐが占拠したのだ」

J「く、裏切りものめ!」

薔「なんと卑怯な……」

め「へっへっへ。世の中賢いものが生き延びるようにできてるのよ」

~1時間後~

め「……」

J「あー涼しい」

薔「木陰がこっちに動いたね……」

め「……ねえ」

J「んー?」

め「わたしもそっちに J「却下」

め「……へへ、抜かっちまったぜ」


◆夏は暑い その3◆

め「ふと思ったんだけどさ」

J「うん」

め「私たち、なんでこの炎天下の中ずっと外に突っ立ってるわけ?」

J「それは……アレだ、ほら、夏的なテーマを感じてさ」

薔「太陽がギラギラと照りつけてセミがうるさい……まさにここはサマースピリットに溢れている」

め「よくわからないわね……っていうかすぐそこにコンビニあるじゃない」

J「見るな。誘惑に負けるぞ」

め「あそこに行けば……クーラーがんがんにかかってる快適空間……YJ立ち読みも可能……ああ、めまいが……」

薔「気をしっかり持って……! めぐ隊員……!」

め「うう……ばらしー隊長殿、もはや私はここまでのようです……」

め「死ぬ前に……水銀燈のスク水姿を見たかった……」ガクリ

薔「めぐぅうううう!」


め&薔「……余計暑くなった」

J「だろうね」 


◆夏は暑い その4◆

め「……桜田くん」

J「何だ?」

め「この尋常じゃない暑さをうまく何かに例えてみて」

J「……」

薔「……」

め「……」

J「……ミネラルウォーターでうがいする人くらいあり得ない。もったいない」

め「なんだか貧しい発想ね……」

J「ちくしょう……」

め「ということで次はばらしー、行ってみようか」

薔「……原作における私の存在感くらいあり得ない」

J「っていうか無いもんな、存在自体」

め「ドンマイケル」

薔「ちくしょう……」


◆夏は暑い その5◆

め「あー、なんだかノド乾いてきちゃった」
J「確かに」

薔「……はっ」

め「? どうしたの、ばらしー?」

薔「あんなところに……自動販売機が」

め「おお。誰かジュース買ってきてくれたらうれしいなぁ」チラッ

薔「うれしいよね……」チラッ

J「……なんで二人して僕の方見るんだ。欲しいんなら自分で買いに行けよ」

め「うっ……! 胸の病が……!!」

J「こういうときだけその設定持ちだすのか」

薔「私も持病のしゃくが……」コホコホ

J「お前は至って健康だろ」

め「というわけで私はコーラね。この際ペプシでもいいわ、でもカロリー0のは勘弁」

J「注文細かい、っていうかまだ行くとも言ってない」

薔「私はカルピス……でも、できればJUMのカル J「わかった、行ってくるからそれ以上言うな」


◆夏は暑い その6◆

J「ほら、ジュース買ってきたぞ……うわっ!」コテン

薔「大丈夫? JUM……」

め「これまた派手に転んだわね」

J「いてて……ああ、平気だよ。ほら、ジュース達もちゃんと無傷」

め「おお、GJ。だけど桜田くん、意外とドジっ子さんね」

J「そうかな」

薔「こういう風に転んだときは……『てへっ、僕ったらドジだから☆』とか言えばいいと思う……」

J「そうかぁ?」

薔「そうだとも……」

め「なるほど。桜田くん、さん、はい?」

薔「……」ジーッ

め「……」ジーッ

J「……いや、言わないからな」


◆夏は暑い その7◆

J&薔「……」ゴクゴク、プハーッ

J「あーうまい。やっぱ夏は冷えたお茶に限るな」

薔「カルピス一択……」

め「ふふん、夏と言えばコーラよ。愛しのコーラちゃん、今飲んであげるからね♪」カチッ

(プシューッ!)

薔「おお、爆発した……めぐがコーラまみれに」

め「……桜田くん?」ポタ、ポタ

J「い、いや、断じて振ってはないからな。多分あれだ、転んだときの衝撃で……許してください」

め「許さぬ」

J「……」

め「……」

J「てへっ、僕ったらドジだから☆」

め「許した」

薔(携帯で録音完了……)ピピッ


◆夏は暑い その8◆

J「ああ……僕の黒歴史に新たな一ページが加わってしまった……」ズーン

め「いいんじゃない。そのキャラで押していけば桜田くんの新規ファン開拓できるわよ」

J「すごく微妙なファン層が増えるだろうな……」ズーン

薔「そうでもない……可愛い女の子ファンがたくさん増えた」

J「え?」

薔「さっきのJUMの声を録音してきらきーに送ったら……水銀燈や真紅からm
J「ちょっと待て」

薔「?」

J「さっきのって……あれを録ったの?」

薔「うん」

J「で、送ったの? きらきーに?」

薔「うん。そしたらみんなも一緒にいたみたいで、みんなその声が欲しいって言うから」

め「送っちゃったのね」

J「う……うわあああああああ!!」

め「あちゃー、桜田くんがショックのあまり壊れちゃった」


◆夏は暑い その9◆

J「消してえええええリライトしてええええええ」

薔「JUM……この暑さにやられちゃったのかな」

め「無自覚なのね。それはそうと、私にもその声送ってくれる?」
薔「うん、わかった……」ピロリン

め「よし、届いた。後は着信音に設定して……これでカンペキ」

J「こら待て。今すぐ消しなさい」

薔「あ、復活したんだ……」

め「ふふん、やーなこった」

J「仕方ない……ならば実力行使あるのみだ!」ダッ

め「! ばらしー、私に電話かけて!!」

薔「いえっさー」ピポパ

『てへっ、僕ったらドジだから☆ てへっ、僕ったらドジだから☆ てへっ、僕ったらドジだから☆』

J「いやああああ恥ずかしいいいい」ゴロゴロゴロ

薔「おお、地面を転げまわっている……」

め「こうかは ばつぐんだ!」


◆夏は暑い その10◆

J「わかった。消せというのはあきらめよう。だけどせめて僕の前ではマナーモードにしてくれ」

め「あら、話分かるじゃない」

薔「それくらいなら……お安い御用」

J「よし、これでとりあえず僕の平穏は保たれた……」

め「あ、桜田くん、ちょっとメール送るね」ピロリン
J「え? いいけどなんd」

『てへっ、僕ったらドジだから☆ てへっ、僕ったらドジだから☆』

J「……僕のケータイの着信音設定は初期のままだったはずだぞ」

め「うん、さっき地面転がってた隙に変えといた」ニッコリ

J「やっぱ許さん、僕の声消せ! 待てい!!」

め「待てと言われて待つおろか者はいないのだよ! わっはっはっは!!」

(タタタタタ……)

薔「……行っちゃった」

薔「えっと……これでおわり、だよ」

★おしまい

|