※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆1

じめじめ。
雨の様子を表す擬音はたくさんありますが、六月の雨を表すのにはこれが一番でしょう。
誰もが憂鬱になってしまいそうな、梅雨の時期。

有栖川小学校四年二組の雛苺ちゃんもその例外ではなく、退屈そうな顔をして
教室の窓から外を眺めていました。

「うゆー……今日もひどい曇り空なの」

今にも泣きだしそうな空。
ここのところずっと続いているこの天候は、一向に回復の兆しを見せません。

(天気予報でもまだまだこの天気が続くって言ってたし、つまらないのよ)

そんなことを考えながら雛苺ちゃんがぼんやりとしていたとき。
ガラリ、と勢いよく教室のドアが開き、甲高い声が教室に響き渡りました。

「おはようかしら! 皆々様!!」

現れたのは小学四年生にしては、少し小柄な女の子。
オレンジ色のワンピースに、燕尾服のような上着。
緑色の髪の毛には、ハート型のとても可愛らしい髪留めをつけています。

朝から元気一杯なあいさつに、クラスメイトのある者はあきれたような苦笑を浮かべたり、
またある者は、「おはよう、カナ」とあいさつを返したり。

カナ、と呼ばれた女の子――金糸雀ちゃん――は
窓際に雛苺ちゃんの姿を見ると、ランドセルを自分の席に放り出して駆け寄ります。

「おっはよー! かしら! ヒナ!」
「うぃ、おはよーなの」

雛苺ちゃんの気の抜けた返事に、金糸雀ちゃんは小首をかしげます。
マンガなら、頭の上に?マークがついていそうです。

「どうしたの? いつものおバカな元気がないかしら」

金糸雀ちゃんの言葉に、失礼千万、とばかりに雛苺ちゃんはベロをつきだします。

「おバカは余計! だってぇ、もうずっとこんな天気なのよ? ヒナは『めらんこりっく』な気分なの」
「なるほど、『めらんほりっく』なのね!」

したり顔で答える金糸雀ちゃん。あごに手を当てて、まるで名探偵です。
そんな彼女に、雛苺ちゃんはわざとらしくため息をついてみせました。

「『めらんこりっく』よ、カナったらお馬鹿さぁんね」

途端、わたわたと慌てだす金糸雀ちゃん。

「ちょ、ちょっと言い間違えただけかしら! ヒナこそ、ちゃんと意味わかって使ってるの?」

金糸雀ちゃんのツッコミに、雛苺ちゃんも目に見えて慌てだしました。

「! う、うゆ、もちろんわかってるわ! そういうカナはどうなの?」
「!! と、とーぜんかしら! こんなのカナにかかれば楽勝かしら!」

端から見てれば実にわかりやすい、意地の張り合いの後。

「…………」
「…………」

少しばかり間が空いて。

「実を言うと、ヒナ、よくわかんないの……」
「カナもかしら……」

二人とも、おとなしく白状したのでした。



◆2

「『めらんこりっく』?」

赤いドレスをまとった少女は、読んでいた分厚い本から目を離して不思議そうな声をあげました。

「かしら! 真紅、意味知ってる?」
「そんなことを聞きに、わざわざ上級生のクラスまでやってきたの?」

ここは五年四組。
雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんは休み時間を利用して五年生のクラスに来ていたのでした。

「だって、真紅っていーっぱいご本読んでるでしょ? わかるかと思って」

『いーっぱい』のところで両手をぐおーんと広げながら、雛苺ちゃんが言います。
ぱたん、と本を閉じると、赤いドレスの少女こと真紅ちゃんは二人を見やりました。

「全くしょうのない子たちだこと。メランコリックというのは……そうね、憂鬱ってところだわ」

ぱぁっ、と雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんの顔に笑顔が広がります。

「さっすが真紅かしら!」
「すごいの! あったまいいの!」

まさに惜しみない賛辞。
真紅ちゃんは慌てて二人から顔をそむけました。
その顔が、名前にふさわしく真っ赤に染まっていたのは気のせいではないでしょう。

「……い、いいからさっさと教室に戻りなさい。雛苺、次は体育なのでしょう?」
「ああっ!!」
「どうしたの?」

いきなり素っ頓狂な声をあげた雛苺ちゃんに、金糸雀ちゃんが聞きます。

「体操服……忘れちゃったの……」

先ほどまでの笑顔はどこへやら、しょんぼりと答えた雛苺ちゃんに、真紅ちゃんがため息をつきました。
机の横にかけてあるくんくん柄の布の袋を取ると、彼女に差し出します。

「まったく、出来の悪い妹を持つと苦労するのだわ。ほら、私のを貸してあげるから」

わお、と言わんばかりに雛苺ちゃんは嬉しそうな笑みを浮かべます。

「ありがとなの! 出来のいい姉を持つと便利なの!」

ぺちり。真紅ちゃんのツインテール……通称巻き毛ウィップが雛苺ちゃんの頭を叩きました。

「調子に乗るな」
「うい」

◆3

「……で、なんで授業に遅れたんだ?」

むきむきのMっぱげが、腕組みをして二人を見下ろします。
体育のベジータ先生の前に、雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんはちょこん、と立っていました。

「え、ええっと……」

言い淀む雛苺ちゃんの横で、金糸雀ちゃんがえっへん、と胸を張って言います。

「ヒナが五年生のクラスでぐずぐずしてたからです! かしら!」

それを聞いた雛苺ちゃん、これは聞き逃すわけにはいきません。
むっとした顔で金糸雀ちゃんに言い返します。

「真紅に聞きに行こうって言ったのはカナよ! ヒナは悪くないもん!」

金糸雀ちゃんがむむっとした顔で、さらに言い返します。

「違うかしら! ヒナのせいよ!」
「違うもん! カナのせいなの!」

二人とも白熱しています。もはや目の前のMっぱげなんてアウトオブ眼中です。

「悪いのはヒナかしら! ヒナヒナヒナ!」
「悪いのはカナなの! カナカナカナ!」
「ヒナヒナヒナヒナ!!」
「カナカナカナカナ!!」

不毛な言い争いにあきれたのか、

「よーし、二人とも放課後職員室に来い」

ベジータ先生はいくぶん疲れた顔で、それだけ言いました。

◆4

「ヒナ、行くわよ!」
「ばっちこーい! なの!」

今日の体育は、グラウンドでソフトボール。
遅れて授業にやってきた二人も、グローブをはめてキャッチボールを始めようとしています。

ボールを持った金糸雀ちゃんが、勢いよく振りかぶり、そして。

「ふんどりゃああああ!!」

およそキャッチボールにはふさわしくない掛け声で、ボールを投げました。

「あー、高いのー!」

勢いがよすぎたのか、それとも元からコントロールのことなんか考えていないのか。
金糸雀ちゃんの投げた球は、雛苺ちゃんのはるか頭上を飛んでいました。
あわててボールを追う雛苺ちゃん。これは大きなフライです。

「もっと右かしらー! あ、行き過ぎ! 左! あ、やっぱり右!」

金糸雀ちゃんが、雛苺ちゃんにあわただしく指令を出します。
上空にむかってグローブを構えた雛苺ちゃん、それに合わせてよろよろ左右に動きます。

「どっちなのよー!……あ!」

ポコン。
いい音を立てて、ボールは見事に雛苺ちゃんの頭に命中してしまいました。

「痛いのー……」
「だ、大丈夫、ヒナ!?」

頭をおさえてしゃがみこんだ雛苺ちゃんに、金糸雀ちゃんが慌てて駆け寄ります。

「うゆ……平気よ」
「よかったぁ。びっくりしたかしら!」
「でも、もっとちゃんと投げてほしいの!」
「はは……ごめんなさいかしら……」

むくれ顔の雛苺ちゃんに、金糸雀ちゃんが申し訳なさそうに頭をかいたとき。

ぽつ、ぽつ。

グラウンドに、小さな丸いしみが次々と出来始めました。

「うゆ?」

金糸雀ちゃんが空を見上げ、わたわたと手を動かします。

「雨が降ってきたかしら!」

「全員、校舎へ戻れー! 間に合わなくなっても知らんぞー!!」

ベジータ先生が、無駄に熱く生徒たちに指示を出します。
二人は慌てて、クラスのみんなと一緒に校舎の中に逃げ込んだのでした。

◆5

ざーっ。
激しい雨が、窓ガラスに打ちつけます。
残りの体育の時間は自習ということになったので、みんなは教室に戻ってきていました。

……とはいえ、遊び盛りの小学生たち。真面目に自習なんてするはずありません。
クラスの中は休み時間のようににぎやかです。

雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんも、二人仲良く机をくっつけあって
ノートに落書きしたり、折り紙をしたりしていました。

「それにしても、あっという間にざんざん降りになったのね」

うんざりした顔で雛苺ちゃんが言います。
隣でノートになにやら書いていた金糸雀ちゃんも、手を止めて外を見ます。

「そうね……せめて放課後までには止んでほしいわ。傘をさして帰るのは面倒かしら」
「ああっ!」
「ヒナ、どうかしたの?……まさか」

本日二回目の素っ頓狂な声。悪い予感がして、金糸雀ちゃんが雛苺ちゃんを見ます。

「傘もってくるの忘れちゃったの……」

予感的中。金糸雀ちゃんは、腰に手をあて、はあ、と大きなため息をつきます。

「まったく……一日にいくつ忘れ物をすれば気が済むのかしら!」
「うー……」
「でも仕方ないわ、カナの傘に入れてあげる!」
「え? ほんと?」

おどろく雛苺ちゃんに、金糸雀ちゃんはぱっちりウインクを決めました。

「もちろんかしら! ヒナはカナの大切なお友達かしら!」
「でも……朝会ったとき、カナ、傘持ってたっけ?」

二人揃って、教室の後ろにあるクラスの傘立てに目が行きます。
金糸雀ちゃんのいつも使っている黄色い傘は……
ありません。

「…………」
「…………」

しばらくの間の後。
金糸雀ちゃんはこつん、と自分のおでこを小突きました。

「てへ♪ かしら」

雛苺ちゃんは力なく机に突っ伏して

「カナに期待したヒナがお馬鹿さぁんだったの……」

とつぶやいたのでした。

◆6

時は流れて放課後。

職員室の扉がガラリと開き。

「失礼しましたー」

雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんが出てきました。

***

キュッキュッ、と上履きで音を立てて廊下を歩きながら、金糸雀ちゃんがぷりぷりと怒ります。

「ベジータ先生、ちょっと遅れたくらいで厳しすぎるかしら!」

そう、先ほどまで二人は職員室でベジータ先生に遅刻のお説教を受けていたのでした。
隣の雛苺ちゃんは、しょんぼりとした顔をしています。

「仕方ないのよ、じゅぎょうに遅れたヒナ達がいけないの」
「それはそうかもしれないけど……」

てくてく、階段を登り教室に戻ります。

「あれ? もう誰もいないの?」

教室のドアを開けた雛苺ちゃんが、きょとんとした表情になります。

「もうこんな時間だもの、それに……」

金糸雀ちゃんは窓の外を見ました。ざあざあと降る雨の勢いは、ますます強くなってきたようです。

「雨もまだ降ってるかしら……」

***

ランドセルをしょった二人は、ある物を探しに多目的室に来ていました。

「ヒナー、あった?」
「ないの。みんなが持って行っちゃったのかなぁ」

傘を忘れてきてしまった子に一日だけ貸してもらえる、置き傘。
それももう無くなっていました。
二人、困り顔を見合わせます。

「どうする、ヒナ?」
「うゆ……仕方ないわ、真紅に頼んでみるの」
「もう帰っちゃってるんじゃないかしら……」

それでも藁をもつかむ思いで五年生のクラスに行った二人でしたが。

「……やっぱり誰もいないかしら」
「どうしよー……」

金糸雀ちゃんと雛苺ちゃんは、がっくりと首を垂れたのでした。

◆7

ざあざあ。
雛苺ちゃんと金糸雀ちゃんは、下駄箱の外の石段に並んで座っていました。
上のひさしのおかげで、雨に濡れることはありません。

「止みそうにないかしらー……」
「うゆ……もう、走って帰っちゃう?」

雛苺ちゃんが最終手段を提案しました。が。

「ダメかしら!」

金糸雀ちゃんは即座に反対しました。

「雨に濡れたら風邪を引いちゃうからダメってみっちゃんが言ってたかしら!
 カナは、みっちゃんを『はいしん』するようなことはしたくないかしら!」

「うー……じゃあ、どうするのよ?」
「そ、それは……」

金糸雀ちゃんが答えに窮したそのとき。

(ピカッ)

閃光が走り。

(ゴロゴロゴロ!)

「きゃあ!」

耳をつんざくような大きな音。
雷が鳴り始めたのです。

「カカカ、カナ怖いの! 雷がなってるのよ!!」
「おお、落ちつくかしらヒナ! まず手のひらに人と三回書いてそれを……」

突然の雷に度肝を抜かれたのか、二人とも大パニック。
そんな二人に追い打ちをかけるように。

(ゴロゴロゴロ!!)

「きゃああああ!!」

再び雷。
先ほどよりも音が近くなっているのが、さらに二人の恐怖をあおります。

「か、神様ごめんなさいなの、もう忘れ物しないから許してくださいなの!!」
「神さまーごめんなさいかしらー! 二度といたずらはしないかしらー!」

二人しっかり抱き合って、普段は興味もない神頼みを始めます。
こんな時だけに頼られても、きっと神様もいい迷惑でしょう。

そんな二人の後ろから、あきれたような声が聞こえてきました。

「まったく、何をぎゃあぎゃあ騒いでるんだか」
「ほえ?」

聞き覚えのある、男の人の声。
雛苺ちゃんが慌てて振り返った先には。

「ほら、帰るぞ」

桜田くんがいました。右手に傘をさして……左手には二本の傘を抱えています。

「ジューン!!」
「こ、こら!」

いきなり飛びついて来た雛苺ちゃんに、驚きながらもしっかりと抱きとめる桜田くん。
金糸雀ちゃんはその場にへたりこみました。

「命拾いした……かしらー」

いささか表現がオーバーなのは、ご愛嬌ご愛嬌。

◆8

しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん。
透明のビニール傘を、赤と水色の傘がちまちまと追いかけます。

「それにしてもジュンは、なんで私たちが傘が無いことを知っていたのかしら?」

赤い傘をさした金糸雀ちゃんが、ひょい、と水たまりをよけながら素朴な疑問をぶつけます。
水色の傘の雛苺ちゃんが、ふふん、と得意げな顔をしました。

「決まってるの! ヒナとジュンの愛の力で――」
「真紅に聞いたんだよ」
「真紅?」
「ああ」
「皆まで言わせろ! なの!」

一人ぷんすか怒る雛苺ちゃんをスルーして、桜田くんは続けます。

「真紅が家に帰って、雛苺が傘を持っていってないことに気づいてさ。
 ご両親はちょうど出かけてたらしくて、 僕のところに来たんだ」

そこで、桜田くんは声をひっくり返します。

「『雛苺は傘を忘れたようだわ! このままでは、あの子雨に打たれてしまうわ!! 
  ジュン、迎えに行ってあげなさい! だわだわ!!』」

金糸雀ちゃんは、たまらず吹き出しました。

「ぷっ! ジュンの真紅のものまね、そっくりかしら!」
「はは、そうか? まあ、我ながら結構――」

「あ……」

雛苺ちゃんの呆然とした声に、二人が目をやると。

「……うふふ」

そこには、桃色の傘をさした少女……もとい、真紅ちゃんが立っていました。
すさまじい笑顔で。

「げっ……真紅」
「ジュン……あなたは、この真紅の家来としての自覚がまだ足りないようね……」

真紅ちゃんはにっこりと微笑んでいます。その姿はまるで天使のよう。
――唯一、目が笑っていないところを除けば。

「お、落ちつけ真紅! 話せばわかる!」

いち早く危険を察知した桜田くんが口を開きますが。

「問答無用!」

般若と化した真紅ちゃんにはもう通用しなかったようです。

「やばっ、逃げるぞ! ちび苺、カナブン!」
「ヒナはちびじゃないのー!」
「カナの名前間違いはお約束かしらー!?」

こうして始まった、どしゃ降りの雨の中での追いかけっこ。
結果的にみんな雨に打たれてびしょ濡れになり。


翌日、桜田くんも含め、四人全員仲良く風邪を引いてしまったのでしたとさ。
|