※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪ 雛苺が風邪をひきました ≫


巴「はい、雛苺。お薬よ」

雛苺「うゅ~……ヒナ、お薬ニガイから嫌い!」

巴「ほら、そう言わないで。苦くないように、お薬をオブラートで包んでおいたから」

雛苺「ニガくなくても、飲みにくいから嫌いなの!」

巴「それなら、今日は特別に、お薬をジュースで飲んでも良いわよ?」

雛苺「ぅぅ……」

巴「ちゃんとお薬飲んでくれたら、後で美味しいお菓子も持って来てあげるわ」

雛苺「……ジュースとお菓子だけ貰ったら、ダメ?」

巴「ダメ」 



≪ 真紅が風邪をひきました ≫


JUM「おい、薬持って来てやったぞ」

真紅「そんな物より紅茶を持ってきなさい!私には紅茶が一番の薬よ!」

JUM「そう言うなよ……ウチには紅茶を買うような余裕は無いんだよ……」

真紅「だったら!コレを売って紅茶を買ってきなさい!」

JUM「こ、これは……姉ちゃんのメガネ!?」

真紅「…………」

JUM「…………」

真紅「…………」

JUM「…………気が済んだか?」

真紅「……ええ」

JUM「ほら、薬」

真紅「……ゴホゴホ……ありがとう……」 



≪ 水銀燈が風邪をひきました ≫


ドンドン!!

めぐ「お願い!水銀燈!看病させて!!ねえ!ドアを開けてよ!!」

ドンドンドン!!

めぐ「薬持ってきてあげたわよ!座薬じゃないわよ!?
   今回は座薬じゃないから!ね!?だからドアを開けてよ!大丈夫!ね!?」

ドンドンドンドン!!

めぐ「ほんと、ちょっとだけで良いから!お願い!
   大丈夫!すぐにヨクなるから!絶対ヘンな事しないから!!
   座薬は無いから!大丈夫!安心して!だから、ね!?
   貴女が望むなら添い寝だってしてあげるから!だから看病させて!
   何の心配も無いわよ!?だから安心してドアを開けて!水銀燈!
   今度こそ座薬は持って来てないから!大丈夫!
   確認の為にも、ちょっとだけ!ちょっとだけでいいからドアを開けてみましょうよ!?
   本当よ!座薬は持ってないから!私を信用して!絶対に大丈夫だから!!」

ドンドンドンドンドン!!!


水銀燈「……ゴホゴホ……絶対に信用出来ないわ……」



≪ 雪華綺晶が風邪をひきました ≫


雪華「昨日からずっと、意識が朦朧として……」ポリポリ

水晶「……うん……」

雪華「ちゃんとお薬も飲んではいるのですが、あまり効いてないらしく……」モグモグ

水晶「……うん……」

雪華「食欲はあるので大丈夫だとは思うのですが、なかなか治らなくて……」ポリポリ

水晶「……うん……」


水晶(凄いや……お菓子食べるみたいに風邪薬食べてる……
   ……あ……2瓶目に突入した……)


雪華「……あぁ……また意識が朦朧と……ふふ……うふふふ……あら?……素敵なお花畑が……」フラフラ


水晶(……そろそろ止めないと、流石にマズイよね……)


≪ 金糸雀が風邪をひきました ≫


みっちゃん「いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!カナァァァァ!!!死んじゃダメェェェェ!!!」

金糸雀「み、みっちゃん……ただの風邪だから大丈夫かしら……」

みっちゃん「本当!?本当にカナ死んだりしない!?」

金糸雀「本当に本当かしら。すぐに元気になって、そうしたら、また二人でお買い物にも行けるかしら!」

みっちゃん「いやぁぁぁ!!それ微妙に死亡フラグっぽいじゃない!!ダメェェェ!!!カナァァァ!!!」

金糸雀「え……いや、本当に大丈夫かしら……」

みっちゃん「えーっと、薬はもう飲んだし、部屋の温度も布団もバッチリだし……
      そう!たまご酒!今すぐたまご酒を作って来てあげるから待っててねカナァァァ!!!」

ドタバタ

みっちゃん「おまたせ!みっちゃん特製のたまご酒よ!」

金糸雀「……熱燗にゆで卵が丸々一個プッカリ浮いているだけに見えるのは気のせいかしら?」

みっちゃん「その通りよ!さぁ、カナ!このみっちゃん特製のたまご酒をツルンと飲んじゃって!」

金糸雀「ツルンと!?」

みっちゃん「ツルンと!」 


≪ 翠星石が風邪をひきました ≫

翠星石「ぅぅ……どうにも調子が悪いですぅ……」

蒼星石「翠星石。確か以前、万が一に備えてって庭に漢方薬の植物育ててなかったっけ?」

翠星石「そうです!思い出したですぅ!今こそ翠星石の備えが役に立つ時ですぅ!」


 テクテクドタバタ → 庭へ 


翠星石「あぁっ!?翠星石がすっかり忘れていた隙に、雑草のヤツが伸び放題ですぅ!」

蒼星石「うわ……すっかり荒れ放題だね……」

翠星石「むぅぅ……こうなったら、テッテーテキにヤルですよ!蒼星石!」

蒼星石「え?でも翠星石、風邪は……」

翠星石「片っ端から雑草を抜いては投げ、千切ってはポイっとするですぅ!」

蒼星石「え?いや、僕がやるから、翠星石は横になって……」

翠星石「蒼星石には、雑草がもう来ないように、畑の周りをレンガで固める役目をくれてやるですぅ!」

蒼星石「だから翠星石は休んで……」

翠星石「そうと決まれば早速、作戦開始ですぅ!!」

蒼星石「え?うん……え?風邪は?」

|