※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆ファースト・コンタクト◆

J「突然ですが入院することになりました」
め「で、なんであなたが私の部屋にいるの?」

J「なんか、先生が『同年代の子がいなくて寂しいだろうから』って」

め「私が?」

J「うん」

め「ふん、また余計な気をまわしちゃって。つまらない人たちね」

J「生まれてからずっとここに?」

め「まあね」

J「そうですか」

め「あなた、中学生くらいでしょ? 学校とか楽しいんでしょうね。私はそれも叶わないのよ」

J「あー……楽しい、とかは無いかな」

め「? なんで?」

J「なんでもです」

め「ああ、あなたヒキコモリなのね?」

J「もうばれたよ」


◆あだ名◆

め「ねえねえヒッキーくん」

J「その呼び方はやめてくれと何度言えば」

め「じゃあ、他に何かあだ名つけようか」

J「普通に『桜田』で結構」

め「それは良くないわ、ジャムくん」

J「なんですかジャムって」

め「あだ名っていうのはね、人と人との心の距離を埋めるのに役立つと思うの、ジャムくん」

J「むしろ溝ができつつあるよ、今」

め「ジャムくんも私に何かあだ名つけていいよ」

J「マジ?」

め「マジマジ」

J「うーんと……じゃあ、『めぐめぐ』」

め「ジャムくんってセンス無いのね」

J「……そうかい」


◆じゃんけん◆

J「何にせよ、ジャムはやめて」

め「えー……」

J「仕方ないな、じゃあジャンケンで決めよう」

め「ジャンケン?」

J「そ。僕が勝てばその妙なあだ名はやめてくれ。君が勝てばお好きなように」

め「ねえ、ジャムくん」

J「はい」

め「『ジャンケン』って何?」

J(そうか、この子は生まれてからずっと病院暮らし……ジャンケンも知らないのかもな)
J「ええっと、ジャンケンっていうのはね」

め「うん」

J「グーチョキパーがああでこうで……わかった?」

め「ふーん」

J「よく分からなかったならもう一回説明を」

め「ジャンケンくらい知ってるに決まってるでしょ」

J「君って結構サディスティックだね」


◆ドS◆

J&め「「最初はグー、ジャンケンポン」」

J「…………」

め「…………」

J&め「「あいこでしょ」」

J「…………」

め「…………」

J「…………」

め「ねえ、ジャムくん」

J「……なんだい?」

め「ジャムパンとメロンパンどっちが好き? 私メロンパン」

J「君ってすごくサディスティックだね」


◆事情◆

め「あー、このあだ名飽きた。やめようか」

J「うれしいなったらうれしいな」

め「次はなんて呼ばれたい? リクエスト受け付けます」

J「じゃあ、『桜田くん』」

め「それはねーわ」

J「速攻で却下された」

め「昔のあだ名とかないの?」

J「ふつーに『桜田』って呼ばれてた」

め「家族の人とかは?」

J「姉ちゃんには『ジュンくん』って」

め「あ、本名は桜田ジュンなんだ」

J「いちおう」

め「じゃあなんでJUMなの?」

J「まあ色々あって」

め「なんか気になるわね」


◆スルー◆

め「よし、じゃあジュンくんにしよう。今日から君はジュンくんだ」

J「えらく普通におさまったな」

め「不満?」

J「めっそうもない」

め「ジュンくんは私のことをなんて呼ぶ?」

J「柿崎さん」

め「ねーわ」

J「またしても速攻で却下された」

め「もっとこうキュートでプリティーでビューティフルなあだ名頼むよ」

J「ハードル上げないでください。それじゃあ……『めぐりん』」

め「…………」

J「…………」

め「『めぐ』で呼び捨てにしてくれて構わないわよ」

J「心に深い傷を負った」


◆待ち◆

め「…………」

J「…………」

め「今思ったんだけどさ」

J「うん」

め「あれだよね、やっぱヒキコモリ少年と薄幸の美少女じゃあ話題ないよね」

J「そうだね」

め「…………」

J「…………」

め「『薄幸の美少女』へのツッコミは無いの?」

J「ツッコミ待ちっぽかったから敢えてスルーした」

め「ちくしょう……」

J「甘いね」


◆年頃◆

め「…………」

J「…………」

め「あー、恋したいなぁ……」

J「恋ねぇ……」

め「…………」

J「…………」

め「ジュンくん、誰かいい男紹介してくれない?」

J「ヒキコモリにそんな知り合いがいるかっつーの」

め「ですよねー」

J「…………」

め「…………」

J「めぐ、誰か可愛い女の子紹介してくれない?」

め「生まれてこの方入院してるのにそんな知り合いがいるかっつーの」

J「ですよねー」


◆ステロタイプ◆

め「ジュンくんってさ、やっぱりアニメとか好きなの?」

J「? 何を藪からスティックに」

め「いや、やっぱりヒキコモリの人って深夜アニメとか観るのかなーって」

J「それはステロタイプだろ」

め「ステロタイプ?」

J「固定観念のこと」

め「漫画家にベレー帽みたいな」

J「そんな感じ」

め「そっか、私誤った固定観念に踊らされていたのね」

J「わかればいいんだよ」

め「で、実際アニメとか観てるの?」

J「…………」

め「…………」

J「……うん」


◆ものまね◆

め「ねえねえ深夜アニメとか観てるジュンくん」

J「……なんでしょうか」

め「ものまねいきまーす」

J「ほう」

め「も、萌ぇぇぇえええ、フヒヒ」グニャア

J「うわあ、めっちゃ顔歪めてる」

め「どう? 似てた?」

J「誰のものまねだよ」

め「深夜アニメの美少女に萌えるジュンくん」

J「しないから。そんな顔しないから」

め「いいのよ、隠さなくても」

J「隠してないから」

め「もう、恥ずかしがり屋さんね、ジュンくんは♪」

J(うぜえ……)


◆厨銀燈◆

ガラッ
銀「ククク……お邪魔するわぁ……」

め「あ、水銀燈。今日は来てくれたんだ」

銀「ククッ……今日は因子が薄かったからねぇ……」

J「(因子?) めぐ、この人とは知り合い?」

め「うん。水銀燈っていう子よ」

J「ええっと……よろしくお願いします、水銀燈さん」

銀「……まさか、貴方……」

J「? どうかしましたか?」

銀「ククク……まさか私以外にもこの病院に『使い手』がいたなんてねぇ……」

J「へ?」

銀「貴方、気配を隠してるつもりかしら……それでも私の『チカラ』の前では無意味……」

J「???」

め「ああ、気にしなくていいわよ。この子はこういう子なの」

J「……はあ」


◆暇◆

め「あー、水銀燈も帰ったし暇だなぁ」

J「普段は何してるんだ?」

め「んー……窓から外を眺めたり」

J「他には?」

め「水銀燈にあだ名つけたり」

J「他には?」

め「寝る」

J「そりゃ暇だな」

め「ジュンくんはいつも何してるの?」

J「んー……パソコンで通販したり」

め「他には?」

J「ネットで買った怪しげな商品で遊んだり」

め「他には?」

J「寝る」

め「そりゃ暇ね」


◆また明日◆

J「っと、もうこんな時間か」

め「わりと早く時間が経ったわね」

J「んじゃ。僕は自分の病室に帰るよ」

め「あ、ジュンくん!」

J「ん?」

め「その……明日も来てくれるかな?」

J「……いいとも」

め「……ありがとう」

J「じゃあ、明日まで死んだら駄目だぞ」

め「もちろん」

J「うん。じゃ、また明日」

***

め「また明日、かぁ……」

め「ふふ♪」

おしまい

|