※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『保守かしら』
2007年12月4日

 電話が、かかってきたかしら。カナがとって、相手はレンさんだったわ。あいさつしてすぐに
「水銀燈様にかわっていただけますか」だって。
 レンさんとその時はほとんど話したことがないけれど、すごく声が硬いし嫌な感じがしたかしら。
 おねえちゃんが電話にかわってから、すぐ息をのむような声がしていたからもう、これは何か
あったんだなってカナにもわかったかしら。
 それでも、おねえちゃんが聞いた話はカナの予想をこえてた。

 電話が終わってから、おねえちゃんは真剣な顔をしてた。
 「落ち着いて聞きなさい。…蒼星石が亡くなったわ」
 「え?」
 言葉は聞こえてるけど、頭の中で意味が出てこない感じがして、カナはもう一度聞き返したわ。
 おねえちゃんは噛んで含めるみたいに、ゆっくりともう一度言ったかしら。
 「蒼星石が亡くなったのよ」
 「うそ」
 反射的にカナはそう言ってた。でも、べつにおねえちゃんが嘘をついたと思ってたんじゃない
かしら。ほんとに、ただの反射。
 おねえちゃんは静かに首をふったわ。
 それでもカナは蒼星石が亡くなったって聞かされても、どこかで信じていなかったみたい。
この時もまだぜんぜん実感がわかなかったもの。
 カナが実感したのは、蒼星石にあってから。

 台の上に横たわる蒼星石を見た時、はっきりと蒼星石がもういないことがわかったのかしら。
 蒼星石は布がかかって、顔だけが見えていたかしら。まるで静かに眠っているみたいなのに、
不自然に肌が白くて。息をしてなかった。
 その白い存在感に打ちのめされて、カナは何も言えなかったかしら。
 たぶんおねえちゃんは蒼星石の家の人と色々話してた。聞こえてるけれど覚えてないのは
これが初めてかも。

 

 

 

 帰りの車もずっと静か。
 「ねえ、おねえちゃんなんで蒼星石の首には包帯が巻かれていたのかしら?」
 「せめて少しでも綺麗に整えておくのが病院の心遣いなのよ」
 でもカナはそういうことが聞きたかったんじゃないし、おねえちゃんもたぶんわかってた。
 「蒼星石は事故にあったのかしら?」
 おねえちゃんはたぶん深呼吸をしてた。
 「…自殺だそうよ」
 「なんで、なんでなのかしら」
 そう言おうとしたけれど、もう言葉にならなかったかしら。
 おねえちゃんはその日一緒にいてくれて、一緒に寝たかしら。


|