※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀「(あら……?)」

蒼「ついに出来たね。おめでとう」
翠「うっしゃ! 翠星石はついにラーメン屋を開店させるですよ」
み「翠星石ちゃんおめでとー!」
翠「手ずから看板を書くですよ。『ラーメン』っと……」

銀「(ふふ……)」

翠「ほあぁーーーっ!? 『ラーメン』が『ラーヌン』になってやがるですぅ!」
の「あらあら、面白いわねぇ」
翠「ふんぬーーーっ! 平仮名にしてやるですぅ! 『らーめん』っと……」
雛「うにゅーラーメンおいしいのー」

銀「(うふふ……)」

翠「ぬあぁーーーっ!? またしても『らーめん』が『らーぬん』になってやがるですぅ!」
紅「お手軽な悪戯ね」
翠「こうなったら、アルファベットで書いてやるですぅ! これでもう『らーぬん』には出来ないですぅ! 『ramen』っと……」
巴「どっかでこんなコピペ見た気が……。あ、替え玉ください」

銀「(うふふふ……)」

翠「ちょあぁぁぁーーー!? 『ramen』が『rameg』になってるですうぅぅ!」
め「呼んだ? 呼んで無い? そもそもアルファベットの小文字って一番いじり易いと思うよ」
翠「おのれえぇぇぇ! ならば大文字で書いてやるですぅ! 『RAMEN』っと……」
金「卵焼きこそ、至高にして究極かつ唯一のトッピングかしらー!」

銀「(うふふふふ……)」

翠「はぁ、はぁ、はぁ……ら、『RAMEN』が、『RAMEW』に……」
薔「……翠星石、漢字は試してみた?」
翠「おぉ、その手があったですぅ! これでもう大丈夫ですぅ! 『拉麺』っと……」
オ「……【乳酸菌ラーメン】【甘卵焼きラーメン】【スコーンラーメン】【紅茶ラーメン】【うにゅーラーメン】……随分とマニアックなメニューですね……」

銀「(うふふふふふ……)」

翠「うう………『拉麺』の『拉』の字が………『手へんに帝』になってやがるですぅ………」
J「『ていめん』って読むのか?……誰だか知らないが、物凄いイタズラの天才がいたもんだ」
翠「もう………お手上げですぅ………」
雪「こく、こく、こく……はぁ、これも美味でしたわ。それでは次は、『【乳酸菌ラーメン】と【紅茶ラーメン】のチャンポン』の醤油味の特盛りに、めんま・もやし・のり・韓国のり・チャーシュー・サイコロチャーシュー・挽き肉・ホルモン・温泉卵・味付け卵・甘卵焼き・塩卵焼き・だし巻き卵・わかめ・ほうれんそう・ながねぎ・白髪ねぎ・コーン・ワンタン・水餃子・麩・鳴門巻き・蒲鉾をトッピングして下さいまし」

銀「(うふふふふふふ……)」

ラ「良い子の皆さんは、決してこのイタズラをマネしてはいけませんよ」
く「イタズラしたらおまわりさんにお説教されるよ! それでは来週も……よろし~~くんくん!」
翠「おめーら〆る前に犯人を捜して来やがれですぅー!」

銀「(うふふふふふふふ……おばかさぁん……♪)」
【一年生に】【なったら】


紅「(行くべきか、行かざるべきか………あの子のことだもの、間違いなく罠の1ダース2ダースは……)」



銀「………………」



紅「(……攻めを止められてしまえばそれまで……かと言ってこのままでもジリ貧……どうするべきか……)」



銀「………………………………」クスッ















巴「真紅八段、持ち時間を使い切りましたので、これより一手30秒未満でお願いします。但し、1分単位で合計10回の考慮時間が御座います」
【迷い】【続けて】


雛「すいぎんとー、なつかしいアルバムがでてきたのー!」
銀「あらぁ懐かしいわねぇ、どうせなら皆で見ましょお」

銀「この時は旭川に行って……どうしたんだったかしらぁ?」
蒼「ホラ、僕と一緒にラーメン村に行ったじゃないか」
銀「え、えぇ、そうだったわねぇ」

銀「この時は宇都宮に行って……どうしたんだったかしらぁ?」
雪「あらお姉様、わたくしとばらしーちゃんとで餃子を食べましたわよ?」
薔「……きらきーの分まで銀ちゃんが立て替えてた」
銀「え、えぇ、そうだったわねぇ」

銀「この時は福岡に行って……どうしたんだったかしらぁ?」
金「カナとソフトバンク×日本ハム戦を見に行ったかしらー! もう忘れたのかしら?」
銀「え、えぇ、そうだったわねぇ」

翠「おめーは若年性痴呆にでもなってねーですか? 翠星石は本気でちょっと心配ですよ」
銀「うーん……とりあえず致命的な記憶の欠落はなさそうだから大丈夫だと思うけどぉ……」

紅「(言えない……全ての日で私が水銀燈に絆ックルを食らわせているなんて……)」
【思い出を】【思い出そう】


紅「のり、今日の晩御飯は?」
の「今日は、はなまるハンバーグよぅ」
J「定番ながら、うまいんだなこれが」

雛「トゥモエー! 今日のばんごはん何なのー?」
巴「今日はシチューにしてみたよ。あ、雛苺のにはちゃんと苺入れておいたから」
雛「ありがとなのトゥモエー!」

翠「蒼星石ー! 今日の晩飯は何ですか?」
蒼「今日はラタトゥイユにしてみたんだけど」
翠「ぬぅー、肉の野郎が少ねぇじゃねぇですか。もっとベーコンでも入れるです」
蒼「だめだよ翠星石、もっと野菜も食べないと」

金「みっちゃーん! 今日の晩御飯に卵はあるかしら?」
み「大丈夫よ! 出汁巻き卵買ってきたから!」
金「(買ってきた……?)」

雪「ばらしーちゃん、晩御飯できました?」
薔「……うん……今日は鳥鍋100人前……あ、ラプラス鍋は今度ね」
ラ「…………」ガクガクブルブル

め「水銀燈……今日のご飯は……ってこの瓶は?」
銀「……お米が切れたから、塩ごはんからご飯を抜いたわぁ……」
め「ってそれただの塩だし……。病院食が懐かしいわ」
銀「いやぁよ。あれは不味すぎて食べられたもんじゃないわぁ……」
【暖かな】【食卓】

 


 

Q春の好きなところは?


銀「やっぱり花見ねぇ」

金「エイプリルフールかしら。騙されたり騙したり、このスリル……」

翠「たんぽぽやチューリップ、綺麗なお花の咲く季節ですぅ!」

蒼「梅の香りも香しいよね。外を歩くのが楽しいよ」

紅「ネコの発情期かしら。外に出ればネコばかりなのだわ」

雛「イチゴの美味しい季節なの」

雪「フキやツクシ、山菜の美味しい時期ですね」

薔「ちょっと遅いけど……母の日とか」

ジ「クラス替え……」

 

 

※※※

 

 

べ「初々しい女子高生や女子中学生を眺めるのが好きだぜ」

梅「僕は、ベジータと一緒に居られればそれでいいよ」

べ「梅岡……」

梅「ベジータ……」


この後、二人はどうなったのでしょうか
それは、各人のご想像のままに……


翠「あーっ、いい天気ですぅ」

蒼「ぽかぽかして気持ちがいいよー」

翠「そういえば、こないだ真紅が……」

蒼「何々?」

翠「……」zzzzz

蒼「……」zzzzz



翠「……あれ? 何の話してましたっけ?」

紅「私の話よ。一体何を話そうとしてたのかしら」

蒼「まぁまぁ、細かい事は気にしないで」

紅「それもそうね」

翠「本当に、いい天気ですねー」

紅「ぽかぽか五月晴れなのだわ」



【清清しい】【五月晴れ】

 


 

ベ「うちさぁ、屋上あるんだけど、焼いてかない?」

J「いいんですか?」

べ「ああ、今日はいい天気だしな」

J「それじゃあ……」


一時間後


べ「お前の事が好きだったんだよ!(迫真)」

J「ちょ、やめてくださいって先輩!」

べ「胸に胸にアッー!」

J「アッー!」

※※※

薔「って夢を見たんだけど」

べ「笑えないな」

J「洒落にならんぞ」


【清清しい】【五月晴れ】

|