※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

番外 柏葉巴

私が私のやりたいコトをできるようになったのは、中学三年も半ばにさしかかるころ。
それまでは慣例的な学級委員を務めたり、クラスの問題で悩まされたりと、いろいろあった。
もちろん、そのすべてが苦であったワケではないけれど、重荷であったことも確か。
受験勉強に専念できなかったし、周囲からのプレッシャーも十分な強さをもっていた。
それでも、私がほぼ最後までやり遂げるコトができたのは、ある理由があるから。
近所の友達を通して久しぶりに出会った、桜田君のおかげ。
中学時代、彼は彼の大きな問題にぶつかっていた。
私はそれを察するコトはできたけど、何一つ手助けはできなかった。
手助けはできなかったけれど、せめてそばにいるくらいはしていたかった。
お互いにいろいろ相談して、それだけのために一年以上の時間を使った。
甲斐があったのかどうかは知らない。
正直に言ってしまえば、他人を建前にした自分の保護。
そう表現しても差し支えがないような時間を過ごして、それでも成果は少しあった。
私はやりたいコトをやれるまで頑張りぬけたし、桜田君も復学した。
幸せといえば、幸せな日々。
私は十分な幸福を感じていたし、桜田君も、自分の問題を解決してからは表情が明るくなっていた。
少しずつ打ち解けていきながら、私たちは高校へ進学した。
奇しくも同じ高校へと進学した私たちが、入学式の日、初登校のときに交わした会話。
忘れることはきっとない、桜田君のあの言葉。

『高校ではさ、裁縫のコトは無理して隠そうとはしないコトに決めた』

『え?』

『聞かれたら答える、程度のものだけどな。自分からは言わないから、秘密は秘密だけど』

『………………』

『中学の時だったら、そんなコトさえできなかったと思う』

『うん』

『心境の変化っていうか、心機一転っていうか、そんなもの。
 柏葉のおかげでこうなれたんだけどな。感謝してるよ』

『そんなコトは……』

『まァ、これだけはどうしても言いたかったんだ』

それが、高校へ向かって歩いている最中の、ある交差点のところでの会話。
会話が終わってからは、それなりの雑談を交わしながら学校へ向かう。
少し大きめの通りを通学路に使うから、朝から車の行き来が激しい道。
実は、入学してからこの2ヶ月、一度もこの騒音が気になったコトはない。
自覚はしている、原因もわかっている。
それは、私はもう独りで登校していないから。
中学時代のように、誰との会話もなく学校に行くというコトが、高校に入ってからなくなった。
桜田君が水銀燈たちと一緒に登校するようになってからも、私は少しも寂しくない。
やさしいから、その学校に行くまでの時間に、私の場所も作ってくれているから。
私は部活に入ったから、毎朝いっしょにってワケにはいかないけれど、それでも空けておいてくれる。
中学のなごりでまた学級委員になってしまったけれど、今はそれも苦ではない。
朝が楽しいから、学校での時間も楽しい。
今の時間が充実していると思えるようになれたのは、桜田君のおかげなんだよ?


「あ、桜田君、おはよう」

「柏葉。あァ、おはよう」


私は今日も学校へ行く。
今日は木曜日、普段なら週の半分を過ぎたころの、まだ憂鬱な気分になる初夏の朝。
いつも一緒にいる彼女たちがいない、私と桜田君だけがいる通学メンバー。
少し嬉しさが増えるのを感じて、私たちは歩いていく。
今日もきっと楽しい一日。
肩に背負う竹刀がいつもより軽くなるのを感じて、今だに新しく感じる高校の正門をくぐり抜ける。
あの時の会話を思い出しながら。







「まァ、これだけはどうしても言いたかったんだ」


そう言ってから、少しの間だけ時間が過ぎる。
桜田君は少し照れたのか、頬を薄く染めて、指で掻いた。
そんな表情を初めて見て、カワイイな、なんて考えが頭をよぎる。
50メートルくらい歩いたころ、桜田君はようやく口を開いた。
私にとって、一生の宝ものになるだろう、そんな言葉を。


「柏葉がいてくれなかったら───」



◇ 




「おーい、何してんだ? ああ、おはようベジータ。いてて、なんだよ急に」


あの時の会話を思い出しながら、高校でできた友達と遊んでいる桜田君を見る。
よくわからない感覚に満たされながら、私は小走りであの二人の元へ向かった。
今日も暑い、週の半ばの木曜の朝。
高校生活が始まって2ヶ月、まだまだ時間はある。
いつか来る卒業までに、少しでも多く思い出を作ろう。
ずぅっと先にいる私が、今の私を見て笑えるように。
これからも、きっといろいろあるだろう。
嬉しいコトも悲しいコトも。
それですら、私は楽しんでいきたい。
今を大切にしていこう。
昔の私に桜田君が重ねてくれた、「今」を作り上げたこの二つ巴を、未来の私へ渡すために。




【短編、】【巴、重ねて】

|