※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆肉食女子 その1◆

J「宅配便が届いたぞ」

J「差出人は……姉ちゃんからかよ、また余計なことしやがって」

J「『貰いものだけど、おすそわけするわねJUM君』……ふーん、中身はなんだろ?」パカッ

J「これは……牛肉か。またずいぶんな量だな」

ガチャリ
銀「牛肉と言えばすき焼きよねぇ」

真「いいえ、ここは敢えてしゃぶしゃぶだわ」

め「桜田くんはどっちがいい?」

J「勝手に人の部屋に入るなと何度言えばわかる」

め「あ、ちなみに私はしゃぶしゃぶ派かな」

銀「ええ!? めぐ、裏切ったわね!!」

J「いや、僕の話を聞けよ」

真「ふふん、これでしゃぶしゃぶ派:すき焼き派の比率は2:1。貴女の負けだわ、水銀燈!」

銀「ちくしょおおおおお」ジタバタ

J(UZEEEEEEEEEEE)


◆肉食女子 その2◆

J「それで、なぜここに来た」

真「私がめぐと水銀燈の部屋にお邪魔してたら」

銀「牛肉というワードが聞こえたのでやって来た。反省はしていない」

J「……隣の部屋になんで僕のつぶやきが聞こえるんだよ」

め「私、壁にコップ当てて隣の部屋の音聞くのが趣味なんだ」ニッコリ

J「さらっと怖いこと言うね。で、何か用? お前らに食わせる肉はないよ」

め「ああ、それなら安心して。ほら、マイ箸持ってきてるから」スッ

銀「私も」スッ

真「私も」スッ

J「……そういう問題じゃなくてだな」

め「ああ、取り皿のこと? 安心して、マイ取り皿持ってきたから」スッ

銀「私も」スッ

真「私も」スッ

J「いいから帰れよ」


◆肉食女子 その3◆

真「さて、しゃぶるわよ! そして食らうわよ!」

め「よっしゃ」

J「僕の意向は完全に無視ですかそうですか」

銀「ね、ねえ、真紅ぅ……半分は残して、すき焼きに回さない?」

真「やーなこった」ベー

銀「ちぇっ……」


雪「お待ちください」ガラッ

め「あ、きらきー」

J「なんで押し入れの中から出てくるんだよ」

雪「私はすき焼きに一票を投じますわ」

め「あら、じゃあこれで2:2ね。ドローになったわ」

銀「たすかったあああああ」

真「ちくしょおおおおおお」ジタバタ

J「なんでお前らは気にしてないんだよ」


◆肉食女子 その4◆

真「でも、このままじゃあ引き分け……決着をつけないとね」

め「ばらしーの意見も聞こうか」

J「いつのまにか全員で食べることになってるんですかそうですか」

雪「けれど、ばらしーが今どこにいるかは私にも分かりかねますわ」

銀「仕方ないわねぇ、探しに行きましょうか」


「大丈夫だよ……ここにいるよ……」


真「あら、声がするわよ」

雪「どこにいるの、ばらしー?」

薔「ここ、ここ……上だよ、上……」

J「……なんで天井に貼り付いてるんだよ」

め「ああなんだ、そんなところにいたのね」

銀「探しに行かなくてよかったわぁ」

J「そんなところって僕の部屋の天井だよ? もうちょっと疑問を持とうよ?」


◆肉食女子 その5◆

雪「ばらしー、貴女はすき焼きとしゃぶしゃぶ、どちらがいいの?」

銀「もちろんすき焼きよねぇ?」

真「この真紅は……貴女がしゃぶしゃぶ派と信じているわ」

薔「…………」

め「? どうしたの、ばらしー?」

薔「私には……理解できない」

薔「なぜ、あなた達に……焼き肉という選択肢が無いのか」


め&銀&真&雪「!!」


め「なん……だと……」

銀「焼き……肉……?!」

真「……その発想は無かったのだわ」

雪「ばらしー……我が妹ながら恐ろしい子!!」

J「なんかもう色々どうでもよくなってきた」


◆肉食女子 その6◆

J「よく分からないうちに結局焼き肉になったのであった」

真「肉! 肉なのだわ!! 久々のタンパク質なのだわ!!」

薔「真紅……目の色が変わっている」

銀「ハグッハムッハフハフ!!」

め「水銀燈はまんまダディのAAね」

雪「がつがつ」
J「きらきー、それはまだ焼いてない生の肉だぞ」

雪「あら、牛肉は生でも大丈夫ですのよ」ニッコリ

J「そういう問題じゃなくて。……全く、こいつらはどれだけ肉に飢えてるんだ」

め「まあ、肉食女子ですからねぇ」モグモグ

J「使い方違ってないか?」

め「細けえこたぁいいんだよ、桜田くん!」モグモグ

J「なるほど。ところでこれ僕のもらった肉のはずだけど、なんでみんな我が物顔で食べてるんだ?」

め「細けえこたぁいいんだよ、桜田くん!」モグモグ

J「よくないよな」


◆手相 その1◆

め「桜田くん、手出して」

J「なんで?」

め「昨日ね、テレビで手相占いやってたの。桜田くんの手相見てあげるわ」

J「ふうん……じゃあ、頼む」スッ

め「あ、やっぱ先に手を洗ってきて。その右手で昨晩何してたか分からないし」

J「うざいな」

め「桜田くん、よくそのセリフ言うよね」

J「よく言われる原因を少しは自覚しろよ」

め「ともかく、桜田くんの手相を見まーす」

J「はあ」

め「…………」ジーッ

J「……どう? なんか分かった?」


め「運命線ってどれだっけ?」

J「ダメじゃん」


◆手相 その2◆

め「というわけで、手相の本を買ってきました」

J「行動早いな」

め「行動力はある方だと自負してるわ」

J「黙れよニート」

め「サーセンwwwww」

J「うぜええええええ」

め「よーし桜田くん、おとなしく手を出すんだ。さもないと……」

J「さもないと?」

め「押し入れの中にいるばらしーに君を襲わせるぞ!」

ガラッ
薔「やあ」

J「だからなんで僕の部屋の押し入れにいるんだよ」

薔「そういうもの、だよ……」

め「そーいうもんよ」

J「どういうものだよ」


◆手相 その3◆

め「話がそれたけど、とりあえず手ぇ出してくれ」

J「はいはい」

め「ふむ。ばらしー、これ何線?」

薔「この本によれば金運線、だよ……」

め「つまり、桜田くんは金運に恵まれていないと」

J「マジかよ」

め「んじゃ、次はこれ」

薔「ええっと、運命線……」

め「つまり、桜田くんはツキがないのね」

J「マジかよ」

め「じゃあこれは?」

薔「頭脳線、だね……」

め「oh...」

J「なんで哀れむような表情で僕を見る」


◆手相 その4◆

J「大体の線を見たところ、僕は頭が悪く才能や運にも恵まれず結婚できずおまけに金回りも良くない、と」

め「そういうこった」

J「……明日中央線に飛び込もうかな」

め「あ、ちょっと待って桜田くん、じゃあもう一回手を見せて」

J「え? いいけどなぜ」

め「ばらしー、生命線ってどれだっけ?」

薔「これ、だね……」

め&薔「「…………」」

め「うん、明日飛び込んでもオッケーよ、桜田くん!」ニッコリ

J「僕の生命線はどうなってるんだよ」

薔「さよなら……JUM……」グスン

J「いやだから僕の生命線はどうなってるんだよ」


◆さよならは唐突に◆

J「おい、みんな! 『エンジュ荘ですから』は今回で終わりならしいぞ!」

め「ふーん」

真「へーえ」

銀「ほーお」

J「……いや、もうちょっとこう、リアクション欲しいんだけど」

め「そんなこと言われてもねえ」

真「芸人じゃあるまいし」

銀「めんどくさいっつーの」

J「……いいのか、こんな終わり方で」

め&真&銀「まあ、エンジュ荘ですから」

J「……なるほど」

◆おわり◆


め「……そもそも、元からまともな起承転結とか無い話だったのに、こういうの必要なの?」

J「HAHAHA、それは思っても言っちゃダメだよ、めぐさん」

|