※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆始まりは唐突に◆

ガチャリ
J「おじゃましまーす」

雪「はーい……あ、新しくお住まいになられる方ですか?……確か桜田……JUMさん?」

J「いぐざくとりぃ(Exactly)」

雪「私はこの『エンジュ荘』管理人代理の雪華綺晶です。よろしくお願いしますね」

J「よろしくお願いします。……代理?」

雪「ええ。私は本来の管理人ではないので」

J「その管理人さんはどうなさったんですか?」

雪「死にました」

J「なんと」

雪「うそです」

J「なんだうそか」

雪「管理人……父の槐は、世界中を旅してまわっております。忙しい人なので」

J「ほほう」

雪「では、お部屋の方へ案内いたしますわ。どうぞこちらへ」


◆ドジっ子きらきー◆

雪「ええっと……あなたのお部屋はこちらになります」
J「203号室ですか」

雪「では、私はこれで。管理人室にいますので、困ったことがあればなんなりとお申し付けくださいね」

J「……あの、すいません」

雪「なんでしょうか?」

J「どうも困ったことがありまして」

雪「それはまたいきなりですね」

J「どうもそのようで」

雪「それは私の美貌にやられて一目ぼれなどというパターンでしょうか?」

J「いえ、ちがいます」

雪「では、私のあまりの美しさに虜になってしまったのでしょうか?」

J「いえ、ちがいます」

雪「では、なんでしょう?」

J「部屋のカギをまだ頂いていないのですが」

雪「なんと」


◆お隣の女の子◆

ピンポーン

ガチャ
め「はーい、どなたかしら?」

J「引っ越しのあいさつに参りました、桜田という者です」

め「ああ、あなたがきらきーの言っていた新入りさんね?」

J「きらきー?」

め「雪華綺晶さんのことよ。みんなでつけたあだ名なの」

J「なるほど」

め「お隣さんね。私は柿崎めぐ。これからよろしくね」

J「よろしくお願いします」

め「あら、そんなに堅苦しい態度とらなくていいわよ。見た感じ歳も近いようだし」

J「ああ、わかった。よろしくな、めぐ」

め「急にフランクになったわね」

J「順応性の高さには自信がある」

め「やるじゃない」


◆深読みのしすぎ◆

め「実は、この部屋にはもう一人住人がいるの」

J「ルームメイトってことか?」

め「いぐざくとりぃ。今は出かけてるけどね」

J「同棲か何かかい?」

め「遠慮のない質問ね」

J「僕は一度打ち解けた人には余計な気は使わない」

め「なるほど。でも違うわ。女の子だもの」

J「…………」

め「…………」

J「……同性愛には理解のある方さ」

め「ぶっとばすわよ?」


◆吐血的な彼女◆

め「ルームメイトの名前はね、水銀燈って言うの」

J「ほほう」

め「でね、彼女ったら……げふぉおおおお!!」ビシャアアア

J「うわ、いきなりものすごい量の血吐いたよ、この人」

め「…………」グッタリ
J「ちょ……大丈夫か?」

め「……私……もう、ダメかも……」
J「し、しっかりしろ。今救急車呼ぶから――」

ガシッ
J「え?何腕つかんでんの?」

め「桜田くん……人工呼吸して……」ギュー

J「お前は何を言っているんだ。っていうか腕離して。痛い」

め「おねがい……早く……」ギュギュー

J「とりあえず腕痛い、痛いよ柿崎さん」

め「ねえ……早くしないと私、死んじゃうかも……」メキメキ

J「わかった、わかったから、腕が、腕が握りつぶされる」


◆ファーストキスは錆びた鉄の味◆

J「というわけで、僕、桜田JUMは初対面の柿崎めぐにいきなり人工呼吸をすることになったのだ」

め「説明口調はいいから……早く……」

J「……ゴクリ」

「そんなバカげたことしなくていいわよ」

J「! 誰だ?」

銀「めぐ。人をからかうのもいいかげんになさい」

ムクリ
め「あーあ、後少しだったのに。水銀燈、帰ってくるタイミング悪いわよ」

J「なんで何事もなかったかのように起き上がってるんだ、おまえは」

銀「いつものことよ。この子の言うことなんて信じるものじゃないわ」

J「でも、大量の血を吐いたんだよ?今だって背景真っ赤っかですよ?」

銀「血を吐く度に死ぬ死ぬ言ってるけどピンピンしてるわよ。この子はそういう子」

J「いやどういう子だよ」

め「ふふ、ごめんね桜田くん。私ってばお茶目さんだから」

J「いやお茶目ってレベルじゃねえよ。とりあえず口の端から垂れてる血ふけよ」


◆酷評される新入り◆

銀「ふーん……貴方が新入りなの。なんかつまんない感じぃ」

J「あなたの面白いの基準は?」

銀「顔が面白いかどうか」

め「ひどい基準ね」

J「面白くない顔……喜べばいいのか悲しめばいいのか」

め「笑えばいいと思うよ」

J「…………」ニコッ

銀「あら、貴方なかなかに面白そうな子ね」

め「どうしたの、桜田くん? 急に立ち上がって」

J「ちょっと吊ってくる」

銀「か、軽いジョークよぉ。気にしないでいいわ」

め「本心は?」

銀「笑顔似合わねえな、お前」

J「ちょっと樹海行ってくる」


◆ニートと夜のお姉さん◆

め「ところで、桜田くんは学生さん?」

J「ああ。今年から大学生」

銀「それでここに引っ越してきたわけね。念願の一人暮らしってやつ?」

J「いぐざくとりぃ。お二人は?」

め「あ、私はニートよ」ニコッ

J「さわやかにカミングアウトしたな」

銀「私は……まあ、普通の勤め人ねぇ」

め「夜の、ね」

J「ほほう」

銀「……別にいかがわしい仕事してるわけじゃないから。勘違いしないでよ」

め「そういうことにしといてね、桜田くん。警察沙汰はゴメンだからさ」

J「……ほほう」

銀「ちょっとめぐ! 誤解を生むようなこと言わないで!」


◆謎のお向かいさん◆

J「そういえば、こっちの部屋にはだれが住んでるんですか?」

銀「ああ、貴方の向かいの部屋? まあ、今にわかるわよ」

J「?」

……

…………

――きぃー!!書けない!!書けないのだわ!!!
   私の才能は枯渇してしまったのだわ!!



J「……なんか部屋の中から声がしてるんだけど。かなりヒステリックな」

め「ふふ、この時間帯はいつもこうなの」

銀「その部屋に住んでるのは真紅。売れない小説家さんよぉ」


◆お向かいの小説家さん◆

ガチャリ
真「売れない、は余計よ。水銀燈」

銀「あらぁ真紅ぅ、聞こえてた? でも本当のことを言って何が悪いの?」

真「……時代が私に追いついていないだけの話。ほっといて頂戴」

銀「ふふふ、いつまでも追いつけないでしょうねぇ。貴女の前衛的な頭の中身には」

真「……喧嘩を売ってるのかしら?」

め「はいはーい、二人ともストップ。真紅さん、新入りの子よ」

J「どうも、桜田です。よろしくお願いします」

真「あら、そんなに改まることないわ。私は真紅、よろしくね」

J「おお、よろしくな新規」

真「……いきなり改まらなくなったわね。でも、私の名前は新規ではなく真紅よ」

J「ああ、すまなかった神秘」

真「あなた絶対わざと間違えてるでしょ」


◆エンジュ荘ですから◆

真「はあ……まあいいわ」スタスタ

め「あら、どこか行くの、真紅さん?」

真「ちょっと公園にね。書き詰まったから、新鮮な空気を吸ってこようと思って」

銀「ついでにそのすぐカッとなる頭も冷やしてきなさぁい、おバカさん」

真「なっ……バカって言った方がバカなのよ! このバカ銀燈!!」

銀「何よぉそれ! バカ! バカ真紅!!」

真「バーカ!!」

銀「バーカバーカ!!」

真「バーカバーカバーカ!!」


J「あの二人は何やってるんだい」

め「いつものことよ」

J「とんだ日常茶飯事だな」

め「まあ、エンジュ荘ですから」

J「……なるほど」

|