※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆バレンタインですから その1◆

J「ふふふ……待ちに待った2月14日。今日はバレンタイン・デー」

J「ラブコメの主人公なら『今日、何の日か知ってる?』とかツンデレヒロインに聞かれても
  『うーん……何だっけ?』とか抜けぬけと答えることだろう」

J「だがしかしBUT僕は普通の男の子。こんな重大な日を忘れたことは一度たりともない」

J「貰える、貰えないに関わらず、ね。……ふっ、目から汗が」

J「だがしかしBUT今の僕は! エンジュ荘というハーレムの中の一匹の雄羊!!」

J「今年は……ベジータとの友チョコ交換はしたくない!!」

J「がんばれJUM! お前はやればできる男だ!! うおおおおおおおおお!!」

(うおおおおおおおおお!!)

銀「なんか隣の部屋がうるさいんですけど」

め「まあ、バレンタインですから」

銀「……なるほど」


◆バレンタインですから その2◆

ガチャリ
銀「あ、おっはー、JUM」

J「おはよう、水銀燈!! 爽やかな朝だね!!」

銀「珍しくハイテンションねぇ」

J「そりゃあもう! 今日はバレンタインですから! 梅岡並みでいこうかと!!」

銀「さいですか」スタスタ

J「ちょ、ちょっと! 水銀燈!!」

銀「なによぉ」

J「今日はバレンタインだよ! バレンタイン!!」

銀「さっき聞いたわよ」

J「僕に何か渡すものはないのかな?」

銀「ないわ」

J「……何も?」

銀「ええ、何も。じゃあねぇ」スタスタ

J「……さいですか」


◆バレンタインですから その3◆

ガチャリ
め「おはよう、桜田くん」

J「おお、めぐ! おはよう!」

め「えへへ。桜田くん、今日なんの日か知ってる?」

J「もちろんだとも! 今日はバレンタインデーさ!」

め「ふふ、正解よ♪」

J「…………」わくわく

め「…………」

J「…………」

め「…………」

J「……ここはチョコくれる流れじゃないのか?」

め「あのね、桜田くん……人生はそんな思い通りに行くものじゃないのよ」

J「僕の考えが甘かったのか?」

め「チョコレートだけにね」

J「HAHAHA、そりゃ冗談になってないよ、めぐ」


◆バレンタインですから その4◆

J「これで二人空振り……いや! まだ可能性は十分にある! あきらめるな、桜田JUM!!」

薔「ぐっどもーにんぐ、JUM」

J「おお、そこに見えるはばらしー! 今日は何の日か知ってるかい?」

薔「うん、今日はヴァン・アレン帯デー……」

J「……なんか違ってるけどいいや! それはそうと、僕に渡すものがあるんじゃないかな?」

薔「あ、忘れてたよ……」

J「きたあああああああ」

薔「……はい、めぐからのお手紙」

J「え?」パサリ

『人生はね、そんなに甘くないのよ。甘くないの。大切なことだから二回言いました。 めぐ』

J「…………」

薔「昨日めぐがね……『明日JUMに会ったらこれを渡して』って」

J(……あのファッキンニートがあああああ)


◆バレンタインですから その5◆

雪「最初は、味見のつもりでしたの」

J「……はあ」

雪「ほんのちょっぴり、この私の美しく白く細い指の先でほんのちょっぴりつまみましたの」

J「……うん」

雪「なかなかに美味でしたわ。まあ、私が作ったので当然ですが」

J「……そう」

雪「ですが、気がついたら」

J「……全部無くなっていたと」

雪「その通りですわ。ごめんなさいね、JUM様」

J「HAHAHA、気にすることはないさベイビー」

雪「お優しいですね、JUM様は。では、私はこれで」

J「HAHAHA、グッバイきらきー」

J「…………」

J「ちくしょう……」


◆バレンタインですから その6◆

J「ああ……絶望だ……絶望という名の果実を、今、桜田JUMは味わっている……」フラフラ

(プルルルル、プルルルル)

J「ん、携帯にメール……? ベジータからの傷の舐めあいメールか……?」パカッ

J「…………」

J「……『彼氏ができました。ベジータ』……」

J「…………」

J「お、め、で、と、う……送信」

J「…………」

J「あいつとは今後のつきあい方を考えよう。うん」


◆バレンタインですから その7◆

真「あらJUM、ちょうどよかったわ。今日は何の日か知っているかしら」

J「はいはいバレンタインバレンタイン」

真「いぐざくとりぃなのだわ」

J「どうせお前もあーだこーだ言って何もくれないんだろ」

真「? よくわからないけど……はい、チョコレート」

J「はいh……なんですと!?」

真「ご近所さんだもの、いつもお世話になってるお礼よ。……私は料理が苦手だから、市販のものだけど」

J「……っ……くっ……」プルプル

真「ど、どうしたの、JUM? 急に泣き出したりして」

J「ぐすっ……新規だけだよ……僕の気持ちをわかってくれたのは……」

真「JUM……」

J「新規……」

真「とりあえず私の名前は新規じゃなくて真紅よ」

J「ああ、すまない神秘」

|