※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

◆マッサージチェア1◆

め「オーライ、オーライ……はい、そこでオッケー」

J「どっこいしょ。……あぁ、重かった」

雪「すみません、JUM様。お手をわずらわせてしまって」

め「はっは、いいってことよ」

J「お前が答えるな。……まあ、他に男手がいないしな。気にしなくていいよ、荷物運ぶくらい」

薔「さすがJUM……ただのヒマな男子大学生ではない」

J「微妙な褒め言葉をありがとう。ところで、なんなんだこの荷物?」

薔「マッサージチェア、だよ……」

雪「私、肩こりがひどいので。ついに買いましたの」

め「え、きらきーって肩こるの?」

雪「はい、お恥ずかしながら。めぐ様はそのような体質ではないのですか?」

め「うん、全然こらないなぁ。一日ネットしてても平気だよ」

J「お前は苦労が無いからな」

め「でもさぁ、肩こりでマッサージチェア買うなんて、きらきーって結構オバサンくさいね」
雪「…………」


◆マッサージチェア2◆

銀「ただいまぁ……あら、これマッサージチェア?」

薔「おかえりぃ、そして、いぐざくとりぃ」

J「きらきーが買ったんだってさ」

雪「お恥ずかしながら……///」

銀「ま、気持ちはわかるわよ。私もこるし。時々マッサージ店に行ってるもの」

J「ふーん、水銀燈も肩こりなんだ」

雪「ならこれからは、お好きな時にこのマッサージチェアをお使い下さいな」

銀「あら、助かるわぁ。ところで、一つ質問があるんだけどいいかしら」

薔「なにかな……?」

銀「なんであそこにめぐが倒れてるの? ぴくりとも動いていないけど」

薔「彼女は……禁句を言ってしまったから……」

銀「? 禁句って?」

J「……まあ、気にするな」

雪「ふふふ……」

◆マッサージチェア3◆

――きぃーー!! 書けない!! 書けないのだわ!!
  私の才能は枯渇してしまったのだわ!!

J「このパターンは……!」
薔「真紅が来る予感……!」

ガチャリ
真「はぁ……少し新鮮な空気を吸って来よう……あら? これは?」

J「よ、新規。きらきーがマッサージチェア買ったんだ」

真「私の名前は(ryだけど、きらきーって肩こるのね。なんだか意外だわ」

雪「お恥ずかしながら……///」

真「別に恥じることではないわよ。それより、さっきから気になることがあるの」

薔「なにかな……?」

真「なぜあそこにめぐが倒れているのかしら? 見た所、呼吸をしていないようだけれど」

薔「彼女は……禁句を言ってしまったから……」

真「? 禁句って?」

J「……まあ、気にするな」

雪「♪だぁれがころしたこまどりさん……♪」

◆マッサージチェア4◆

J「みんなそれぞれの部屋へと戻り、ばらきら姉妹と僕、そしてめぐの遺体が残されたのであった」

雪「……ここをつないでっと……」

J「きらきーはマッサージチェアの配線の接続に夢中だな」

薔「……ねえねえ、JUM」

J「なんだ、ばらしー? タウンページなんか持って」

薔「……」ちょいちょい

J「ああ、めぐか。確かに、遺体を収容してもらわないとな」

薔「お葬式しなきゃいけないし……電話先は葬儀屋でいいのかなぁ……?」

J「んー……まずは病院じゃないか?」

薔「めぐのかかってる病院ってどこだろう……?」

J「この場合119番に電話という手もある」

薔「家族への連絡とかはどうしようか……」

J「まーその辺りは病院にまかせればいいんじゃね?」

め「何勝手に人を殺めているのだ君たちは」

◆マッサージチェア5◆

J「あ、生きてたんだ」

薔「なんと」

め「私がそんなにあっさり死ぬわけ無いでしょうが」

雪「……チッ」

め「マッサージチェアの配線接続に従事しているきらきーの方からあからさまな舌打ちが聞こえたんだけど」

薔「気のせい、だよ……」

J「空耳、空耳」

め「こらこら、そんなこと言ってて私が死んだらどーする気だ」

J「でもめぐってさ、実際いつ死んでもおかしくない病気設定だよな」

め「…………」

J「…………」

薔「…………」

め「おお、そういえば」

J「いや、忘れるなよ」

◆マッサージチェア6◆

雪「できた! これで準備完了ですわ」

J「んじゃ早速座ってみなよ、きらきー」

雪「では、失礼して……」ピッ

うぃいいいいいん
雪「あー……気持ちいい……」うっとり

め「へえー……なんか本当に気持ち良さそうだね。ちょっと私に代わってよ」

雪「え? まあ、いいですけど……」

J「おい、やめとけやめとけ」

薔「肩こりのない人がしても……痛いだけだよ」

め「座席セット完了! あとはスイッチを入れるだけよ、桜田くん!」

J「人の話を聞こうな」

め「よし、最強でいくわよ! とりゃあああああ!!」ピッ

・ぃいいいいいいいいん
め「あだだだだ、痛い、痛い! やめろ! やめんかコラ!!」

J「だから言ったろうに」

◆マッサージチェア7◆

め「あーあ、ひどい目にあった」

薔「自業自得……」

J「だよな」

め「まったく、何よこれ。こんなのが気持ちいいの?」

雪「ええ、とっても」

め「ふーむ……きらきー」

雪「なんでしょうか?」

め「やっぱ貴女、オバサンくさいわ」

***

真「あら、なんでまためぐが倒れているの?」

J「あいつも学習能力が無いんだよ、新規」

真「ええ、そうなのでしょうね。でもね、JUM」

J「なんだい、新規?」

真「貴方も無いと思うわ」

|