※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「主文。被告・翠星石、被告・蒼星石。両名を、懲役3年から5年の不定期刑に処する。」


三●茶▲駅で起きた傷害致死事件。

加害者の4人のうち主犯格の2人が逮捕・起訴され、地裁での判決が言い渡されている。


蒼「……申し訳なく思います」

翠「自分という人間を根本から変えてゆきたいですぅ」


紅「……(両名の過剰防衛主張、淡々とした態度・言動……真に反省しているのかしら……?)」


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


おう。俺はベジータ。フリーザ土建で働いている大工だ。

あいつ? あいつは俺のダチの笹塚ってんだ。

郵便局……ああそうか、今日は給料日だったな。

笹塚はいつも、給料を貰ったらその足でああして郵便局に行くんだ。

口さがない同僚たちは、酔った勢いに任せて「貯金が趣味のしみったれ」とか言うがな。

あいつにとっちゃ、まるでお構いなしさ。



え? 何でって?

……まぁ、俺しか知らない事だがな。 



……実は、あいつは交通事故で人一人を死なせているんだ。



あの頃は、笹塚は配達員をやっていたんだ。

雨の鬱陶しい日だった……あいつは配達帰りで、疲れていたんだ。

だから……横断歩道の人に気がつかなかった。ブレーキも……間に合わなかった。

―――――――――――――――


銀「人殺し! ジュンを返して! ジュンを……返してよぉ……!」


笹「奥さん……申し訳ありません……本当に……申し訳ありません……!」


―――――――――――――――

笹塚の奴、被害者の奥さんの足許で、ただ泣きながら土下座してたよ……。

結局、あいつは執行猶予つきの実刑で済んだけどな……。

当然ながら仕事はクビになって、今の会社に来たんだ。

あいつ――人が変わったように生真面目になってな……。

ただひたすら働いてる。

そうして、給料を貰ったら、その足で郵便局に行って、

被害者の奥さんに仕送りをしているんだ。

損害賠償金は完済したんだがな……

「償いきれるはずも無いけど、せめてもの罪滅ぼしに……」って言って、今も続けているんだ。 



ん……誰か来たようだ。……笹塚?

笹「ベジータ……これ……これ……うっ……うっ……」

泣きながら人の部屋に飛び込んでくるなんて、なにがあったんだ?

? その手に持っているのは……手紙か?

ちょっと見せろ。


……差出人が……水銀燈?


何と、あの事故の被害者の奥さんじゃないか!

あの事故から七年になるが……手紙が来るのは初めてのはずだ。

……見せてもらうぞ。

―――――――――――――――

謹啓 笹塚様へ


初めてお手紙を差し上げます。お元気にしていらっしゃるでしょうか。

この七年間、毎月欠かさず仕送りを頂きまして有難う御座います。

貴方の優しさを、身に染みて感じております。

……つきましては、仕送りを終わりにして頂きたいと思い、筆を取りました。

私は自身の仕事で十分生活していけるだけの収入がありますし、

……何より、貴方の文字を見ることで、

主人のことを思い出すのが年々辛くなってきました。

……貴方は十分、償いをして頂いたと思っております。

ですからどうか、貴方ご自身の人生をもとに戻してあげて下さい。

どうかご自愛下さいませ。

                                          謹白

―――――――――――――――

笹「あの人から……返事が……返事が……」

あいつは泣きじゃくるばかり。

――俺も、思わず叫んじまった。

「神様――!」……ってな。無神論者にして不信心者を自認する、この俺様が、だ。

これは――そうだろ? 笹塚は赦されたと、そう解釈していいんだろ?

放っといたら、また来月郵便局に仕送りに行くような、優しいあいつを――。


人ってなぁ、悲しい生き物だぜ。

こんなに優しいのに、ちょっとした過ちで、ちょっとしたすれ違いで、

傷つけあったり、庇いあったり――。


あれ、なんだか視界が滲んできやがったぜ……。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


雛「最後に、裁判長から被告に説諭があるのー」

紅「……私はあなたがたに、執行猶予の無い実刑判決を下したわ」

紅「それは何故? ……それは、あなたがたの反省が私たちの心に響かなかったからよ」

蒼「でも、反省はして――-」

紅「唐突だけどあなたたち、○だ×さ△の『償い』という歌を聴いたことがあるかしら?」

翠「『償い』……ですか?」

紅「この歌の、せめて歌詞だけでも読めば、あなたがたの反省の弁が何故人の心を打たないか分かると思うわ」

紅「以上を以て、閉廷とする。」


~了~

|