※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【薔薇水晶とジュン】しあわせなはなし。後編

 ――ある、一方的な会話。

『ねえ、薔薇水晶』
 …………。
『ジュンは、貴方の事も、私の事も想ってくれてる。あは、どちらかといえば、貴方の方が上なんだろうなぁ。ちょっと、悔しい』
 …………。
『そんなに、気持ち良さそうに眠っちゃってさ。ズルイなぁ。私は、いつも一緒に居たのに。私とは、一緒に居てくれないんだ?』
 …………。
『うん、ごめん。判ってる。私のためだよね。私は、自分の恋心に――違うか。私の、双子の姉妹に助けられたんだよね。……あはは、あのままだったら、きっ

と私、薔薇水晶のことを殺しちゃったかもしれない』
 …………。
『それは、何てひどいんだろうね。私は、ひどい。やっとわかったよ。愛するということ。幸せということ。人を、想うということ。それを、薔薇水晶とジュンは教え

てくれた』
 …………。
『だから、ねえ、私は、貴方に返すよ、薔薇水晶。……あは、大丈夫。ちょっと寂しいけど、私、後悔しない自信があるの。貴方だから、大丈夫なの』
 …………。
『ね、愛しい薔薇水晶。私は、ジュンが大好きだよ? 貴方は、どうなのかな――』

 …………………………………………………ジュ、…………ン………。

 雨はまだ降り続いていた。それは、暗雲。まるで、この世界を現す鏡のようで。誰もの心を暗くする。
「…………」
 それは、真紅ですら例外でなかった。雨。それだけで、憂鬱になる。今まで、そんなことを感じたことはなかったけど。
 ――ジュンは、眠った。暴れて、暴れて、暴れて眠った。ジュンは、真紅と水銀燈のことさえ、わからなかった。
 それは、ジュンの想いが強い証拠でもある。しかし、だから何だと言うのだ。真紅は、苛立つ。
 強い想いがあれば、皆が幸せになれる――そんなのは嘘だ。それこそ、夢物語としたっていい。どんなに想っていても、叶わない想いだってある。想いすぎ

て、壊れてしまうことだってある。その世界を、自分たちは生きている。
 そして、ジュンは幸せになれるはずだったのだ。いや、なってもらわなければ、困る。
「……あらぁ、真紅。ずっと居たの?」
「ええ、こんなのでも、一応は下僕だもの」
 といっても、最近はジュンと二人で過ごした記憶など、皆無だった。ジュンの横には、いつも薔薇水晶が居たから。
 それを見て、自分は何を想ったのだろう、と真紅は回想する。それは、嫉妬だろうか。素直になれない、自分。その想いを、ちゃんと伝えられる薔薇水晶に

、嫉妬を覚えたのだろうか。
「何を考えているのか知らないけど……」
「何?」
「薔薇水晶とジュンはね、幸せそのものなの。それは、二人が、という意味じゃなくて。周りの人間だって、幸せにできる、本当の幸せ」
「――ああ、なるほど」
 確かに、そうなのかもしれない。真紅は、水銀燈とジュンが付き合っていたときのような、醜い嫉妬の感情は覚えなかった。ただ、心から祝福できた。
「だから、後は貴方に任せるわ、真紅」

「は?」
「ジュンのことよぉ。私の役目じゃないわ」
「何を言っているの?」
「あはは、真紅ったらおバカさぁん。そんなのもわからないの?」
 いつもの水銀燈。だけど、それはどこか寂しそうに見えて。
「……私じゃあ、ジュンを慰めることができても、立ち直らせることなんて、出来ないのよ。私は、それこそ雪華綺晶が言ったように、一つになって、堕ちちゃう」
「そんなことないわ。今の貴方なら、きっと――」
「そういうの抜きにしてもね? 真紅、ジュンを立ち直らせるのは、貴方の役目でしょう?」
 水銀燈は、自分のその論を何も疑っていないようだった。ジュンを助けることが出来るのは真紅。だって、真紅。貴方は、私を助けてくれたでしょう?
「……ああ、そう。そうね。いいわ。私の下僕だもの。そのくらいしてやるのが、主人の務めというものね」
「そうそう。そのくらいで、ちょうどいいのよ。――ジュンを、よろしくねぇ」
 そう言い、水銀燈は部屋から出て行く。背中からは、どんな顔をしているのか、わからなかった。
「さて――」
 真紅は、ジュンに向き直る。そして、言うのだ。まだ、自分たちが主人と従者、なんていう、ちょっと変わった絆で結ばれていた頃のように。
 今だって、その絆があると、信じている。それよりも強い絆があっただけで。……ダメだ。今、それを想うな。今は、ただジュンのために、凛々しい主人であれ。

「こら! いつまで眠っているの!」

「え、うわ、……!?」
「ジュン、貴方、いつまで眠っているのかしら? 私は、そんな軟弱な下僕を持った覚えはないわ」
「しん、く……? ここは、」
 ジュンは、頭を押さえる。何か、悲しいものを思い出しそうだった。それは、それは、――忘れもしない、彼女の想い出。
「――そうだ! 彼女は!」
「黙りなさい!」
 真紅は一喝する。ジュンを想って。
「貴方、そんな腑抜けた顔して、お姫様に逢いに行くの?」
「お姫様?」
「そうよ。彼女は、ヒロインよ。貴方たちの物語のヒロイン。そして、彼女がお姫様ならば、貴方は王子様」
 本当は、自分の王子様であってほしかったけど――それは、言葉にはしない。しなくても、いいことだから。
「いいこと、ジュン。一つだけ教えてあげるわ。お姫様はね、どんなことがあっても、どんなことがあってもよ? ――王子様を、望むものなの。だって、それが“幸せ”なんだもの」
 だって、それが運命だから。自分の、唯一。幸せを、くれる人。幸せを、あげる人。大好きな、人。
 お城の中で一人だったお姫様は、ずっと、一度だけ出逢うことが出来た王子様を想い、
 一人ぼっちだと泣いていたお姫様は、孤独を優しく包み込んでくれる王子様と過ごし、

 そして、その二人の王子様は――

「……なあ、真紅」
「何?」
「まだ、間に合うかな?」
 ジュンは、聞く。それは、意志のこもった声。揺るがない、意志。
「違うわ。間に合わせなさい。私の下僕でしょう」
 それに応えるように、真紅は笑う。もう、大丈夫だ。もう、いつものジュンだから。決して言葉にはしないけど、自分の、一番信頼している人。
「ありがとう」
 ジュンは、それだけ言って、走り出した。力強く。それは、風よりも早く、彼女のもとに辿り着けるように。
「…………」
「あはは、あれでよかったのぉ?」
「水銀燈……っ。見てたの?」
「あら、顔真っ赤にして。別に、そこまで恥ずかしがるようなことじゃないと思うけど」
 くすくす、とおかしそうに水銀燈はおかしそうに笑った。
「でもまあ、流石よね。上出来よ」
「当たり前なのだわ。私の下僕は、そんなに弱くない」
「私の王子様、でしょう?」
「――――っ」
「だから、今さらでしょうに。……私の前でくらい、隠さなくてもいいのよぉ?」
「…………」
 はあ、と一息。
「そうね、そうかもしれない」

 真紅は、続ける。
「ホントは、ずっと好きだったわ、ジュンのこと。雪華綺晶に言われた、縛り付けるだけでは、決して愛されない。あの言葉は、正直、泣きそうになったわ」
「ええ、それで?」
 水銀燈は、静かに待つ。それは、真紅が自分にしてくれたように。
「……でも、ダメなのね。きっと私は、どこかで間違ってしまった」
 真紅は、想う。どこで間違えたのか。どこで、手を離してしまったのか。ずっと、一緒に居て欲しかった。隣で、笑っていて欲しかった。
「真紅」
「何かしら」
「泣いてもいいわよ?」
「……そういうことを、言わないで欲しいものだわ」

 そして、真紅は涙を流す。始まっても居なかった恋心のために。そして、何より。自分の王子様の、幸せのために――。

「薔薇水晶! 雪華綺晶!」
 ジュンは、走っていた。何も気にせず。ただ、彼女たちのことだけを考えて。
「どこだ……っ」
 もどかしい。今すぐにでも、逢いたいのに。逢って、声を聞いて、抱きしめて、キスをしたい。どちらかではなく、二人に。
 自分が、どちらを好きなのか。そんなの、もう関係なかった。ただ、ジュンは、彼女たちに逢いたいと想った。それだけが、真実。
 王子様は、お姫様に逢わなければならない。幸せのため。でも、幸せとは何だろう、とジュンは想う。
『――しあわせ?』
 いつだったか、彼女に聞かれたこと。幸せとは、何か。あの時、自分は笑顔があるから幸せがあると答えた。
 それは違うのだ。本当の幸せとは、隣に居るだけで、充分なのだ。隣に居て、笑いあって、たまに喧嘩して、もしかしたら泣いてしまうかもしれない。
 それだって、幸せ。でもそれは、隣に居るから出来ること。きっと、通じているから。二人は、分かり合えているから、言葉はいらない。
 ――ジュンは、そんな日々を過ごしてきた。彼女と、二人で。
「だから、ダメなんだ……!」
 欠けてはいけない。隣に、彼女が居なくなったら。ああ、なんて世界はつまらないものに成り下がるのか。
 想像するだけで、絶望してしまいそう。それは、何よりも恐ろしかった。……きっと、真紅が居なかったら、それに飲み込まれてしまっていたほど。
「僕は、僕は――」
 きっと届く。そんなことを、思ったわけじゃない。だけど、言わなければ気が狂いそうだった。彼女のことを、想いすぎて。

「――僕は、君のことを、愛しているから!」

 ――彼女は、夢を見ていた。夢のような日々を。

「ジュンっ」

 王子様と過ごす日々のかけら。いくつもいくつもあって、きっと両手で抱えきれないくらい。そのどれもで、自分は輝いていた。

「ジュン、あのね、」
 
 甘い甘いひと時。キスをした。抱きしめあった。愛を確かめた。思い返すだけで、頬が緩んでしまう。

「私は、ジュンのことを――」

 これで、充分。私はきっと、大丈夫。ジュンの優しさとか、ジュンが愛してくれた記憶とか、ジュンの想いとか――。それで、きっと、大丈夫。

「ジュンのことを、誰よりも愛しています」

 だから、流れる涙は嘘。私は、貴方のことを、いつまでも想っていられるのだから。何も、悲しいことなんて、ない。

 ――私は、幸せでした。

 ――そして王子様は辿り着いた。お姫様の、居る場所に。
「あ……」
 それは、なんて幻想的だったのだろう。気付けば雨があがっていて、その空間だけ別世界の色を見せる。差し込んでくる光すら、この世界のために用意されたもののよう。
 そして、そんな世界の、中心に――
「――――」
 彼女は、居た。
 眠っている。ジュンは、想う。自分は王子様。そして、眠っている彼女はお姫様。ねえ、だったら、王子様が、することは、たったひとつでしょう?
「…………」
 ジュンは一歩一歩、ゆっくり歩いていく。きっと、今なら伝わる。いつも伝わってきた。自分の愛しい気持ち。彼女を想う心。

 それは、いつも、キスをすれば伝わっていた。

 そしてジュンは彼女のもとに辿り着く。ジュンは、何も言わない。言う必要がなかった。今までの、全ての葛藤が、彼女を見たら消える。それだけだ。運命。つまり、そういうことだった。
「――“      ”」
 そう、ジュンが呼んだ名前は、どっちのものだっただろう。

 そして、王子様は、眠っているお姫様にキスをして――

「――私は、幸せでした」
『ダーメ』
「……え?」
 声がした。どこからか、とても優しい声が。
『あはは、そんなの、誰もが許さない結末だよ』
「だれ……?」
 私は、ここで朽ちていくのに。誰にも気付かれず、誰にも忘れられて、ここで、一人、消えていくのに。
『……そーいうのは、私の役割だよ。やっと見つけた幸せを、手放しては、いけない』
 その声は、いつも聞いている声だった。でも、誰の声だったか思い出せない。
『さあ、目を覚まして、愛しい貴方。大丈夫。心配しないで。目を覚ませば、――そう、王子様が、待っているから』
「おうじ、さま?」
 王子様。王子様。……何か、引っかかる。大事な、何か。
『そうだよ。優しい、私のことが大好きで、それ以上に貴方のことが大好きな王子様』
「……ねえ、おうじさまは、しあわせをくれる?」
『――あは、もちろん。私は、しあわせだったよ?』
 その声は、本当に幸せそうで――何故か、涙が出た。
『さあ、本当に行きなさい。ここは、暗くて冷たい場所。貴方の居るべき場所は、ここではないから――』
 その声を合図とし、彼女は意識が消えていくのを感じた。
「――まって。でも、まって!」
 彼女は必死に言う。まだ、貴方が誰かわかってないから。貴方のことを、思い出していないから。
『……え? 私? あはは、そんなの簡単だよ』
 そして、彼女の意識は。

『鏡を見れば、私が居るよ』

 その微笑と共に、消えた。

 ――そして、眠り姫は目を覚ます。

 ――キスをして、一体どれだけの時間が経っただろう。それは永遠のようにも思えるし、ほんの一瞬のことのようにだって思える。
 ただ、愛しかった。この時間すら、ジュンにとっては愛しいものだった。
 しかし、時間は有限だった。……二人の、唇が離れる。

「……ねえ、薔薇水晶」

 これは、何の物語だろうか。誰かが言っていた。幸せな物語。【薔薇水晶とジュン】の物語は、幸せなものなのだ、と。

「……ジュン?」

 ――そして、お姫様が目を覚ました時。

「愛してるよ」
「――うん、私も、愛している」

 この物語は、確かに“しあわせのはなし”となる。言葉なんて要らない。ただ、二人のキスと共に。

エピローグ【薔薇水晶と、ジュンと、そして――】

 幸せな時間が流れていた。
「……ねえ、夢じゃないよね?」
「当たり前だ。もう、離さないから」
 いつもよりも強い抱擁。いつもよりも伝わる鼓動。そして、何よりも信じられる、想い。
「あ、あのね、私ねっ」
「うん」
「ホントは、イヤだったんだ。怖かった。ジュンのことを思うと、ぼろぼろ泣いて」
「うん」
「だけど、だけど、雪華綺晶が大事で。ジュンと逢わせてくれた人だから。雪華綺晶が、幸せにならないのって、すごくイヤでっ」
「うん」
「だから、私逃げたんだ。どうしたらいいのかわからなくて。ジュンのそばに居たら、私、雪華綺晶を幸せにできないから」
「うん」
「……でも、それでもジュンは見つけてくれるんだね。もう二度と逢えないって諦めていた私を、見つけてくれるんだね。いつもと変わらず、起こしてくれるんだね」
「――だって、薔薇水晶が好きだから」
 それだけなんだ。ようは、それだけ。好きだから。ジュンを動かす力。好きという、その気持ち。それは、尊いものだ。その先に、必ず幸せがある、尊い想い。
「私も、大好きだよぉ……っ」
 そして彼女は涙を流す。信じられないくらいの幸福に。信じられないくらいの想いに。――目の前に居る人に、ただ感謝して。

「ちょっと、待った。誰か忘れてない?」

「え?」
「……あー、もしかして?」
 ぽかん、と、薔薇水晶は自分の口から出た言葉を不思議に思い、ジュンは期待を隠せない表情を見せた。
「何さ何さ、二人してらぶらぶいちゃいちゃしてさ! 私のこと忘れてたでしょう?」
「え、嘘、何これー!?」
 そりゃあ、薔薇水晶だって慌てる。自分が喋ってないのに、自分の口から言葉が出るのだ。まるで、自分の中にもう一人誰かが居るみたいに。
「――おかえり、雪華綺晶」
 そんな彼女たちを見ながら、ジュンはそう言った。

「うん、ただいまっ、ジュンっ」

 そして彼女――雪華綺晶は、ジュンに抱きつく。やっと。彼女の、ずっと描いていた世界。それは、【薔薇水晶と、ジュンと、雪華綺晶】という物語。

 ――これから始まる、幸せな物語の名前。

fin


おまけ。

「ジュン、キスして」
「いいよ」
「えー! ダメダメ! 私もしたいー!」
「いいじゃん、薔薇水晶のケチ。身体は変わらないんだし」
「それでもダメ!」
「そんなこと言うと、薔薇水晶がキスしようとしたとき、全部私が出てきますよ?」
「ひ、ひどいっ。脅迫だっ」
 わーわー、ぎゃーぎゃー。ジュンは、騒がしいなぁ。と思う。また、それを愛しくも思う。
「……っていうか、二人にすればいいんじゃない?」
「「…………(ぴた」」
 変な話だけど、二人は同時に止まった。いや、同じ身体だから、当たり前といえば当たり前なんだけど。
「そんなわけで、」
「ジュン」
「「二人まとめて、これからもよろしくお願いしますっ」」
「……えっと」
 どうしよう。照れくさい。だけどいいか、言っちゃおう。
「――こちらこそ、よろしく」
 目の前には、瞳を閉じた彼女。ジュンは、唇を近づけながら、そう言った――。

おまけのおまけ。


「……と、言うことなので、ジュンは私たちのものなので、不要に近づかないようにお願いしますね」
「へぇ……そういう結末になったとはねぇ」
 水銀燈が、楽しそうに言う。
「でもつまり、それって二股よね?」
「ぶっ」
 ジュンが吹いた。あえて考えないようにしていたことを。
「それならぁ、一人くらい増えても、問題ないわけよね?」
「え、そ、そりゃあ――」
「「ダメです!!」」
 何だか、思わずころっといってしまいそうな笑みだった。というか、ジュンがつられそうになっていた。
「っていうか、ジュン、私たちだけじゃ物足りないの?」
「そーそー。何でもしちゃうよ?」
「え、あの、その……」
 しどろもどろなジュンに、二人が詰め寄る。早くも尻に敷かれていた。
「……何か、すごいことになったのだわ」
「あらそう? 幸せそうで、いいじゃなぁい?」
「それは、そうだけど」
 何か釈然としない。真紅は思う。あれだろうか、自分の想いに素直になったからだろうか。
「ねえ、水銀燈?」
「なぁに?」
「――二人でジュンを攫いましょう」
「乗ったわ」

 ――そしてジュンを巡る争奪戦が始まり、他の姉妹も巻き込んではちゃめちゃな物語を繰り広げたりするのは、また別の話。

 今度こそおしまい。
|