※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆幼馴染再び◆

め「ああ! 幼馴染キャラがやっぱり必要なのよ!!」

め「天の啓示が! ガイアが私に『もっと出落ちじゃない幼馴染を』と囁いている!!」

J「よくわからないけど、ベジータ呼ぼうか?」

め「ノンノン。需要と供給のバランス的にあのM字じゃあ採算がとれないわ」

J「何の採算だよ」

め「というわけで、今回は出落ちじゃない幼馴染を用意しました。トゥモエちゃーん、出番よぉ」

ガチャリ
巴「こんにちは、桜田くん」

J「……どちら様ですか」

巴「やだなあ、トゥモエだよ、トゥモエ」

J「トモエ?」

巴「違うよ、全然違うよ! トゥモエ! トゥ・モ・エ!!」

J「え? だからトモエだろ?」

巴「馬鹿野郎!! トゥモエだと言っとるだろうが!!」

J「え、いや……なんかすいません」


◆幼馴染再び2◆

巴「久しぶりね、桜田くん」

め「彼女は柏葉トゥモエちゃん。桜田くんの幼馴染よ」

J「なんで僕の幼馴染をお前が僕に僕の幼馴染だと説明するんだ」

め「桜田くん、ツッコミに普段の切れがないわよ?」

J「どう簡潔にツッコめばいいのかわからないんだよ」

巴「ふふふ、こうして会うのって十年ぶりくらいかな? 桜田くん」

J「五分前に初めて会ったばかりだろ」

巴「ねえ、覚えてる? 私たちが幼い時、離れ離れになる前にした約束……」

J「知らんがな」

巴「また会った時……その時……
   

  その時が貴様の最期だとなぁっ!!」


J「これはまた急展開だな」


◆幼馴染再び3◆

め「説明するわ。トゥモエちゃんは桜田くんと幼いころに戦い一度敗れ、十年の修業を積み再び戦いを挑みに来たの」

J「それは幼馴染じゃなくてむしろ宿敵だ」

巴「桜田くん! 私はこの十年間、貴方を倒すことだけを考えてきた!」

J「僕はこの十年間お前の存在すら知らなかった!」

巴「舐めた口を……でも、そんな事を言っていられるのも今のうちだけよ!」シュバッ

J「竹刀?」

め「説明するわ。トゥモエちゃんは十年間山奥で剣道を学び、更なる強さを身につけ帰って来たの」

J「そういう設定なんだ」

巴「桜田くんが丸腰だとフェアじゃないわ。さあ、これが貴方の竹刀よ」

J「あ、これはご親切にどうも」

め「レフリーは私がするわね。さあ、両者構えて……試合開始!」

巴「先手必勝! くらええええ! 柏葉流奥義いいい!!」ビシュゥゥゥ

J「てい」ポコ

巴「あたっ」


◆幼馴染再び4◆

め「勝負あったわ、一本! 桜田くんの見事な面が決まった!」

J「ざっとこんなもんでい」

巴「そんな……なぜ? 私に何が足りなかったというの?」

め「……身長、かな?」

J「身長だな。お前、見た目中学生程度じゃん」

め「中学生女子VS大学生男子じゃあねえ」

J「腕の長さとか違うからリーチの差がかなりあるし」

巴「ちくしょおおおおおおお! YJに! YJに19歳の私さえ出ていれば! 斎藤のバカヤローッ!!」ダンダン

J「地面を殴りながらよくわからないこと叫んでるな」

巴「桜田くん、私はまだあきらめたわけじゃないわ! 更なる修業を積み、貴方に勝ってみせる! あいるびーばっく!!」タタタタ

J「捨て台詞残して去って行ったな」

め「去って行っちゃったわね」


J「……出落ちだったな」

め「……出落ちだったわね


◆JUMと水銀燈2◆

J「コンビニにやってきました」

銀「ヤンジャンとヤクルトを買うわよぉ」

『♪こなぁーーーゆきぃーーー♪』

銀「あら……このBGM、聞いたことがあるわね」

J「ん、レミオロメンの『粉雪』じゃん、知らないの?」

銀「え!? ええっと、し、知ってるわよぉ、そりゃあもう」

J「だよな、日本中で有名だし、誰でも知ってるよな」

銀「え、ええ、そうよねぇ、知らない方がおかしいわぁ」

J「紅白でも歌われてるもんな、もはや常識レベルだよな」

銀「そ、そうそう、常識よぉ、常識!」

J「お前知らなかっただろ」

銀「」


◆DQNネーム◆

『最近、子供につけられる一風変わった名前がはやっており……』

め「あら、TV見てるの?」

J「うん、子供につけられた変わった名前特集っての見てるんだ」

銀「それにしても、光宙で『ぴかちゅう』とかはちょっと」

真「金星ならまだしも、火星で『ヴィーナス』は将来可哀想だわ」

雪「『ハルヒ』とかも由来がわかりやすすぎて逆に来るものがありますわね」


め「……真紅、水銀燈、雪華綺晶……」

J「おっとめぐ、それ以上言ったら消されるぞ」

め「あぶねええええええ」ガクガクブルブル


◆踊る水銀燈◆

~♪~♪~

銀「……誰もいないわね。よし」

銀「ふんふんふーん♪」クルクル

銀「いえい♪ いえい♪」ピョンピョン

銀「らーららー……あ」

薔「やあ」

銀「……いつから見てた?」

薔「水銀燈が音楽をかけて、踊りだす辺りから、だよ……」

銀「……ばらしー」

薔「なに?」

銀「今のは忘れなさい」

薔「……しゅうまい二箱」

銀「……しゅうまい一箱にヤクルト二本」

薔「オーケー、忘れよう……」


◆パブロフの犬◆

J「えーっと、『新規フォルダ』作成っと……」

真「JUM。今私のこと呼んだ?」

J「? いや、呼んでないけど?」

真「あら、そう?」

***

め「見てみて、水銀燈。この写真、とっても神秘的じゃない?」

銀「そぉねえ……」

真「ねえ、めぐ。今、私のこと呼んだかしら?」

め「え? ううん、呼んでないよ?」

真「あら、ごめんなさい。聞き間違いだったわ」

銀(……JUMに毒されてるわね)


◆真紅とJUMその4◆

真「『……これは自殺じゃありません、他殺ですよ』、マル、と……」

J「…………」

真「『な、なんてことを言うんだ、ぐんぐん探偵』、びっくりまーく……」

J「……なあ」

真「『みなさん……この事件は巧妙なトリックを使った殺人事件なのです』、びっくりまーくを二つ、と……」

J「……なあ!」

真「あら、JUM。何かしら? 執筆中は邪魔されたくないんだけど」

J「ここ、203号室。僕の部屋だよな?」

真「何をいまさら」

J「新規は、なんでいつもいつも僕の部屋で小説を書いてるんだ?」

真「私の名前は新規でなく真紅だけど、なんだか落ち着くのよね、こっちの部屋の方が。それに、筆も速く進むの」

J「なるほど。そんなもんか」

真「ええ。そんなものよ」


◆お前は働け◆

真「ああ、また一次審査で落ちた……。私、文才無いのかしら……」

銀「会社に不況の波が押し寄せてきてるわぁ……。私のクビ、切られないといいんだけど……」

雪「はぁ……お父様の仕事もうまくいっていないようだし、これからはもっと切り詰めないといけませんわ……」

薔「……まずはきらきーの食費をもう少し節約しようよ……」


め「どうしたの? みんな鬱々とした顔しちゃって」

J「この不景気だし、社会人は大変なんだろうな」

め「そっか……みんな苦労してるのね……」ホロリ

J「いいからお前は働け」

|