※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話「目覚め」

目が覚めた、此処は何処だ?何の匂いもしない、何の感じもしない頭がおかしくなりそうなので、声を出してみる。

蒼「すみません、誰かいませんか?」
J「ん?起きたか。」

パチッとボタンを押した音の後に、電気がつく・・・

J「おはよう、顔洗って飯を食う準備しとけ。」
蒼「あ、ああうん、おはよう・・・」
蒼(少し寝ぼけてんのかな?ジュン君の後ろに何かいるような・・・)
蒼「ジュン君、その人誰?」

ジュンの後ろの人の様なものを指を刺す

J「後で話すから、服着替えて顔洗ってしたいなら、風呂に行って来い。」
蒼(昨日の後どうやら、下着で寝ていたようだ・・・ん?昨日の倒れたとき服着てたよね?てか今の姿桜田君にみられ・・・)
J(うはwww蒼星石の下着姿オメガモエスwwww)
蒼(そう言えば駅で倒れてんだから此処まで来てそれで・・・!!!!)

きゃああぁぁぁー!?と数秒後に叫び声がしたのは、気のせいじゃ無いと思われた。

10分後・・・

蒼「ジュン君・・・僕は男じゃないから、あんまり分からないけどその・・・女の人の服を勝手に脱がすのは、どうかと思うよ?(ううっジュン君に下着姿見られた・・・)」
J「へ?ああ、それは俺じゃないよ(笑)雪華綺晶だよ。覚えて無かったかな?」
J(うはwwwwけど下着見れたwwww喜んでる俺キモwwww)
蒼「へ?あ、ああそう何だ・・・」
J(なんで少し残念そうなんだろう・・・)
蒼「ああ!そうだ、姉さんは!?」
J「まだ寝てるよ、笹塚も、同じ部屋に居なかったっけ?」
蒼「そうだっけ?良かったー、今のが聞かれてたら如何なってかと。」
翠「どうかしたですか?」
蒼「(危なかったー)う、ううんなんでもない。」
笹「・・・お早う。」
J「流石元上級傭兵、仕事が速いな。」
笹「・・・所でお前の後ろの、[ソレ]は何だ?」

三人が見てる方には筋骨隆々の黒い服を着た若い人(?)が立っていた

J「ああ今から説明しよう、まずお前らスピードワゴンって、会社知ってるか?」
翠「そんな大きな会社、知っていないわけがないですぅ、之だからチビ人間は。」
蒼「姉さん、それは言いすぎだよ」
J「そこの会社からこの石を預かっていてな、この石には人の才能、隠された能力を実体として発現させる能力が有るらしい」
笹「凄いな・・・それがお前のそれか?」

笹塚が筋骨隆々の男を指差す。

J「ああそうだ、僕達はスタンドと呼んでいてそれで、この石の名はローザミスティカと呼んでいる。」
蒼「それじゃああの試験は、スタンドを発動させるためのもの何だ。」
J「だが失敗すると死ぬ・・・」
双子「!!??じゃ、じゃあそんなリスクを負いながら、やってたの!?」(ですか)
J「心配するな石は人を選ぶ、発現するほどの才能が有る奴を。」
笹「そんなんだろうと思った・・・」

雪華綺晶が入ってきて、皆に言う。

雪「これから、スタンドの操作練習をしますので、この部屋に入ってください。」

そこにあるのは・・・水色のドラ○エで、お馴染みのスライ○だった。

蒼「之は・・・まあ練習だしね。」

と言うと、外から声が聞こえる。

雪「各自1匹ずつ狩って下さい、尚そのスライムは攻撃をして来るので、ご注意を。」
翠「マジで、ですか・・・」
笹「しょうがない、殺るか。」
蒼「よっと、随分早いな・・・ん?!」
笹「・・・アレを殺すって思ったらスタンドが出てきた、そうか闘争本能かそれが鍵なんだ・・・」

笹塚が自分のスタンドを見ると、それは茶色で人の様な姿をしていた、試しに殴ってみると。
スライムの殴られたところが鉄になって落ちた、次に試しに血を連想しながら殴ると、殴った所が血になった。

笹「そうか之は能力だ!触れたところから、考えている物質に変えるという!」
蒼「(このス○イム何か翠星石にしようとしてる・・・コロス・・・コロスコロスコロス!!)あっ出た?!」

蒼星石が少し重くなった手を見ると、金に宝石を鏤めて作ったような大きな鋏を持っていた。

蒼「之が僕のスタンド!」
蒼(?スライムが止まって見える?)
蒼「これは・・・違う何も遅くなんてなってない僕が早くなったんだ!!」

蒼星石はそういうと、鋏で○ライムを切りすてた。

翠「なかなかでないですぅ?!」

スラ○ムが翠星石の尻を撫でていた

翠「(ブッコロス!!)あっ之は?!」

翠星石は手を見ると、一杯に水ではない何か不思議なものを入れたような、綺麗に宝石で作られた如雨露を持っていた。

翠「試しにまいてみるですぅ」
翠「こう、木に撒く感じでいいんですかぁ?」

そうすると、ズドンという音と友に、大きな木がスライムを突き刺した!

翠(ある意味一番エグイですぅ)

そう言うと凄いことになってる、スライ○に水如雨露の水が垂れた、そうするとそこの部分が回復した!!

翠「之は!水が掛かった所が再生しだしたですぅ?!」
翠「ある意味一番役に立つですぅ♪」

蒼星石の後日談曰く、凄くうれしそうな、翠星石が見えたと言う。

雪「お疲れ様でした、では出てきてください。」

そういうとドアが開いた。

|