※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある小さな国に存在します、立派なお城。
そこに住う王様、梅岡さんが、大きな鏡に向って何やら呟いています。
「鏡よ鏡。この世で一番のM男はだぁれかなぁ?」

すると、大きな鏡の中に一人のホモっぽい男性が映りました。
もちろん、梅岡さん本人ですが、何故か、自分自身の背中を鞭で叩いています。全裸で。

「ふっふっふ~~ん。やっぱり僕だよねぇ。誰も僕のMっぷりには敵うわけないさ。みてよ、この一人Mプレイ。」
そして梅岡さんは、変態丸出しの台詞を吐きながら満足そうに笑い始めました。一人で。
正直キモいです。
「いやぁ、この魔法の鏡は真実を映してくれる最高のアイテムだ。地デジじゃないのが残念だが。」

と、まあこんなふうに過ごしてるイカれた王様が住んでましたとさ。
ある日、そのお城に、一人の男の子が生まれました。
その男の子の名前は桜田ジュン。梅岡さんの息子ではありません。
ですが、何故かそのお城の王子様。その理由は面倒いからパス。
JUMの大きくなるまでの仮定も省略。書かなくても別によくね?

んで、そんなある日、梅岡が「鏡よ」うんたらいってました。
そしたら自分じゃなくてJUMが映ったとさ。

「こんなの変だ!僕がこの世でドMゲイ人のはずだ!!」
相変わらずキモい事を一人で叫びながら悩んだ末、梅岡はある考えに辿り着いた。
「そうだ!ジュン君をSに育てればいいんだ!ムフフフフ……。」

そして、梅岡は、JUMの姉であるのりに、JUMを自分の元へ連れて来るように命令するが、のりは、

「ジュンくんをあんな変態に売り渡すなんて……どんな展開になるのかしら、ウフフフフ♪」
ノリノリだった。

Jは第六感が働き逃げた。途中で薔薇乙女とであった。そして下僕にされた。
毎日Jは、紅茶を淹れさせられたり、ヤクルト買いにパシらされたり、卵焼き作らされたり、
鋏で襲われたり、ツンデレされたり、頭によじ登られたり、鍋の具にされかけたり、そんなかんじだった。
やがて最高のMへ成長。苦しみが快感に変わった。梅岡、嫉妬の嵐。
遂に梅岡、Jの暗殺を計画。でも実行する前に死んだ。めでたしめでたし。理由は割合。

end

|