※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ、
無事スネークたちと合流し、電車で帰る途中の5人。(ジュン、雪華綺晶、笹塚、蒼星石、翠星石。)
だが、蒼星石と翠星石、笹塚は、ジュンの謎の赤い石を刺され、気絶してしまう。
気絶した後に、であった物は?

第四話「死の番人」

家の中に入ると・・・誰もいない糊は、ラクロス合宿で2日前からいない。

J「ドッコイしょー!はぁはぁ・・・水・・・」
雪「はいお水」
J「ぷっはぁぁぁ!!すぅぅぅーはぁぁぁー、やっぱこの一杯が生きてる証ぜぇ!」
雪「そんな大声で、周囲の住宅に勘違いされそうな発言しないで下さい。」
J「はい、すみませんでした。」
J「この三人は、ああ、あそこでいいか」

そんなこんなで、3人はどうなってるかと言うと・・・


翠「此処は何処です?」
ラ「ようこそ夢と死の狭間へ・・・」
声のした方へ身構える、すると兎頭の人間っぽい生物がいた。
翠「!!てめぇはだれです?」
ラ「死の番人ラプラスです、以後おみお知りを・・・」
翠「私は死んだのですか?」
ラ「NONしかし、生きてもいない、それが今の貴方、後の2人も来たようですね。」

翠「?」
蒼「翠星石!?大丈夫かい?」
笹「大丈夫だろうがな。」
翠「蒼星石!笹塚!無事だったんですね!」
蒼「何とか、電車の中でジュン君の持っている何かに、刺された以降の記憶が無いんだよね・・・」
ラ「それではテストを行います、無事に出れますかな?」
ラ「私に1発食らわせなさい、一発ですからね?3人がかりでです、全力でないと勝てませんよ?」
笹「2人ともこっちに来て、ゴソゴソ、ゴニョゴニョ、いいね?」
蒼「分かったよ、笹塚くん。」
翠「分かったですぅ。」

3人はラプラスを囲んだ


矢印はラプラスの見ている方向
       
    蒼←ラ→翠
       
       
      笹

ラ「トリヴィアル!!そんなんで私に勝てるとでも?」

と言いラプラスが後ろに飛び着地して前を見ると、笹塚が居なくなっており、探そうとした瞬間、どかっと鈍い音がしてラプラスが前に㌧だ。

ラ「トリヴィアル!!一体何が?!」
笹「俺だが、どうやったかと言うと、お前がそっちの蒼星石の方を見てる内に、翠星石の後ろに隠れて、とんだ瞬間急いで走って俺を、探してる時後ろからやった訳だ。」
笹「元上級傭兵の足を舐めんなよ?」
蒼(笹塚君もなんだ・・・)
ラ「いいでしょう合格です、登録します名前は?」
蒼「蒼星石だよ。」
翠「翠星石ですぅ。」
笹「笹塚だ。」
翠「速く行ってジュンをとっちめるですぅ!」
ラ「彼ですか・・・」
蒼「!?知っているんですか?」
ラ「彼は今まで戦ってきた中で、1位2位を競うぐらいにつよかっt」

そこまで言うとラプラスは消え目が覚めた

|