※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆彼女の事情:めぐ◆

J「なあ、めぐ」
め「あいよ」

J「お前、バイトとかする気ないの?」

め「もちろん無いわ」ニコッ

J「でもさ、水銀燈に負担がかかってるじゃないか。あいつ一人でお前も養ってるんだろ?」

め「そうでもないわよ。割とナチュラルに寄生してるし」

J「ナチュラルとそうじゃない寄生の違いはなんだよ」

め「それにね、私のパパはお金持ちだから、ほら毎月お小遣いくれるの」ピラリ

J「……何これ、月にこんなにもらってんの?」

め「いえす」

J「毎日ゲームとネットしかしてないお前が金もらえるとか納得行かねええええ」

め「……私、病気でいつ死ぬか分からないしさ。せめてもの親の情けなのよ」

J「……あ……ごめん。……お前にはお前の事情があるよな」

め「気にすんなよ、貧乏人」ニッコリ

J「やっぱ納得行かねえええええええ」


◆彼女の事情:真紅◆

ピンポーンピンポーン
真「JUM!! JUM!!」

ガチャリ
J「何だよ朝っぱらk「かくまって頂戴!!」

J「……は?」

真「今日はあいつがやってくるの!! お願い!!」

J「あいつ?……だが断る」

真「ええ!? そこは話の流れ的に了承しなさいよ!!」

J「……なんか関わるとろくな目に合う気がしない」

真「い、いいから早く中に 「見つけたですよ!! 真紅先生!!」

真「げえっ、翠星石!?」

翠「ヒィッヒッヒッヒッヒ……おとなしく観念するです……締め切りはとっくに過ぎてるですよ……?」

真「ま、待って! 後一日だけ待って頂戴!!」

翠「ダーメですぅ……先生にはこれから格安ビジネスホテルのシングルルームに閉じこもって書いてもらうです……」

真「や、やめて、ひきずらないで、いやああああああぁぁぁぁぁ…………」

…………

……

J「……何だったんだ、結局?」

め「いつものことよ」

J「あ、めぐ」

め「原稿の締め切りに間に合わなかったら、ああやって編集者の人に連れていかれるの。
  ホテルに缶詰め状態にされて、書き上げるまでは帰ってこないわ」

J「……なるほど。新規も新規の事情があるんだな」

め「そういうこと」

J「…………」

め「…………」

め「……本人の代わりに一応突っ込んでおくけど、新規じゃなくて真紅よ」

J「ああ、悪い」


◆彼女の事情:水銀燈◆

雪「エンジュ荘の大掃除をしようかと思います。皆さんも協力していただけますか?」

銀「えー、めんどくさい。私パスねぇ」

真「我がまま言わないの。いつもお世話になってるんだから」

J「そーだそーだ」

め「異議なーし」

銀「何よぉ、アンタ達まで。ぜーったい、イヤよ」

真「あら……いいのかしら、そんなこと言って」ニヤリ

め「おおっと、いつもよりも強気な真紅さんだ」

J「これは何かあるぞぉ」

銀「……はっ、何を企んでるんだか知らないけど、お断りよお断り」 

真「仕方のない子ね。では……ここに、極秘に入手した一冊の卒業文集があります」スッ

銀「ふーん……!!??」

真「そう、お察しの通り水銀燈さんの出身中学、桃種中のものです」

J「ほほう」

雪「これはこれは」

真「そしてこれが彼女の所属していたクラスのページ。水銀燈さんの卒業作文がおさめられています」

銀「し、真紅!!それ以上言うと……」

真「タイトルは『私は水銀燈、呪われし逆十字を「わーっ!!わーっ!!」

雪「水銀燈さん、突然大声を出してどうされたのですか?」

め「彼女には彼女の事情があるのよ」

雪「……なるほど」


◆JUMと水銀燈◆

銀「ねえ、JUM」

J「何ですか? 水銀燈さん」

銀「貴方、私に何だかよそよそしくなぁい?」

J「? そうでもないと思いますが。」

銀「……そのしゃべり方よ。めぐにも真紅にもばらしーにもきらきーにもタメ聞いてるのに、私にだけ敬語使ってるじゃない」

J「え、だって水銀燈さんが一番としうえ「バキィ!!」

銀「もう一回言ってみなさぁい……」

J「……なんでもないです」ガクガクブルブル

銀「……ふん。貴方のせいで壁に穴があいちゃったじゃない」

J「あけたのは水銀燈の鉄拳だろ」

銀「元はと言えば貴方の……!!??」

J「何だよ。タメで話してほしかったんじゃないのか?」

銀「え、それは、その……」

J「あーはいはいツンデレツンデレ。めんどくさいねー、ツン:デレが9:1の女は」

銀「……JUM」

J「なんだ?」

銀「死ぬ前の懺悔はすんだかしら?」

J「ごめんなさい調子に乗ってマジでごめんなさい」


◆JUMと真紅その2◆

真「うーん……」

J「何を血迷ってるんだ、新規?」

真「『血』は余計。それに私の名前は真紅よ」

J「ああ、悪い。で、どうかしたのか?」

真「ええ、今とある超マイナー雑誌で連載中の小説なんだけどね……。元々短編として書いたから、私は来週で終わらせるつもりだったのよ」

真「……でも、読者からの評判がそれなりに良いみたいで、編集者からはもう少し続けろって言われてるの」

J「ふむふむ」

真「確かに、続ければ一定数の読者が私についてくれる……だけど、私の中の構想ではすでに来週で完結しているのよ」

J「読者は得たいし、編集者からも続けるよう催促されてるけど、無理に続けたくはない……そういうことか?」

真「そう。だって、無理やり続けたところでグダグダになるだけじゃない? そんな作品を私は書きたくないの」

J「ふーん……作家ってのも大変だな。でもさ、神秘」

真「私の名前は真紅だけど、何かしら?」

J「元からグダグダしてる作品は、どう終わらせればいいんだ?」

真「……さあ?」


◆風邪 その1◆

J「あー、だりぃ……熱っぽいし風邪ひいたな、こりゃ」

J「幸いにして今日は休日……寝て過ごそう」

J「…………ZZZ」


ガチャリ
め「さっくらっだくーん!! あーそぼー!!」

銀「遊びに来てやったわよぉ」


J「……うん、話の展開的に大体予想はできてた」

め「大腿骨? 何言ってるの? それよりスマブラするわよスマブラ」

銀「ええ!? あれめぐ強すぎて勝負にならないじゃなぁい」

め「へへへ、ニートなめんなよ」

銀「人生ゲームにしましょうよぉ。あれなら半分運任せだし」

め「ちっ、しゃーねえなあ。じゃあ桜田くん、プレステの準備お願いね」

銀「あ、ドリンクはヤクルトで」

J(予想はできてたけどUZEEEEEEE)



◆風邪 その2◆

J「……あのさ、悪いけど今日は帰ってくれ」

め「えー、何よそのノリの悪さ……もしや」

銀「女か? 女ができたのねぇ!?」

め「今日はデェトか? そうなのか!?」

J「……お前らは自分が女である認識はないのか」

銀「いや、むしろ」

め「桜田くんを男として見てない、みたいな」

J「ちょっと傷ついたけどちょっと安心した」

ガラッ
薔「私は男として見てる……///」

J「そうかい。ところで、なんでお前は僕の部屋の押し入れから出てくるんだ?」

薔「ふふ……ひみつ、だよ……」

め「秘密は女を美しくする、ってね」

J「いやちょっと本気で怖いんですけど」


◆風邪 その3◆

め「で、何ゆえ断るのよ」

銀「やっぱり女かしらねぇ」

薔「事と次第によっては……もぎるよ、JUM」

J「何をですか」

薔「ナニを、だよ……」

J「KOEEEEEEE、ただの風邪だよ、風邪!!」

め「風邪?」

銀「JUMが?」

「「「…………」」」

め「ははははは! そんなウソ通用しないわよ!!」

銀「アンタが風邪引くとかwww太陽が西から登るくらいありえないわぁww」

J「おい」


薔「やっぱり……もぎろっかな……」

J「やめてマジでやめて」


◆風邪 その4◆

J「……ほら、見てみろ、この体温計の数値」

め「38.1……桜田くんって平熱高いのね」

J「いつまでボケる気だ」

銀「ま、本当に風邪なら仕方ないわねぇ」

め「ちぇっ、つまんねーの」

J「そういうことだから、今日は一人にしてくれ」

め「しょーがねえなぁ。じゃあ水銀燈、帰りましょうか」

銀「そうね、さっさと治すのよぉ」

(バタン)


J「はあ……これでやっとゆっくり寝れ……」

薔「やあ」

J「……なぜ僕のベッドに寝ている」

薔「ふふ……風邪を治すには汗をかくのが一番、だよ……」ジュルリ

J「めぐーッ!! やっぱ戻ってきてーッ!!」

◆JUMと真紅その3◆

真「ねえ、JUM」

J「なんだ、新規?」

真「いい加減、私の名前を覚えてくれてもいいのではなくて?」

J「? 何言ってるんだ、進歩?」

真「……私の名前は真紅よ。真紅」

J「え、マジで?」

真「マジよ。っていうか素で間違えてたのね」

J「……ごめん」

真「まあ、いいわ。これからは間違えないでよ?」

J「ああ、わかったよ、真紅」

真「……JUM」

J「なんだい、真紅?」

真「……私の名前の読み方は、『まことくれない』ではなく『しんく』よ」

J「なんと」



◆猫になりたい◆

め「♪猫になりたーいー♪」

J「歌うまいな、相変わらず」

め「あーでも、本当に猫になりたいなぁ。毎日何もしなくてもご飯もらえるのよ」

J「今年度初の『お前が言うな』を言いたい」

め「きめた、私猫になる。猫になるニャ」

J「ご自由に」

め「桜田くん、お腹がすいたニャ」

J「そうかい」

め「コンビニでポテチとコーラ買ってきてほしいニャ」

J「パシリかよ」

め「ポテチは断固としてコンソメ以外受けつけないニャ」

J「知らねえよ」
|