※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆新年ですから その1◆

真「あけましておめでとう、JUM」

J「おお、おめでとう。みんなそろってどうしたんだ?」

銀「まあ、年が明けたわけですし?」

め「これから初詣というものへ行こうかなーと」

J「ニートのお前もか」

め「私はアグレッシブなニートだから」

J「そうかい」

槐「さあ、みんな行こうじゃないか! パパ張り切っちゃうぞぉ!!」

J「……こちらは?」

薔「……お父様、だよ……」

雪「昨日、日本へ帰ってきていたようですの」

J「『ようです』?」

薔「私たちの部屋には……入らせなかった……入れると話しかけてきてうっとしいから……」

J「なんと」


◆新年ですから その2◆

(ワイワイ、ガヤガヤ)

J「うわあ、人多いなぁ」

真「この辺りでは一番大きな神社だもの。でもずいぶんな人出だこと」

め「あー、やっぱ来るんじゃなかった。人ごみうぜえええ」ゲンナリ

銀「アグレッシブなニートが早くも後悔してるわね」

パシャパシャ
槐「かわいい! かわいいよばらしー、きらきー!! さすが私の娘たち!!」

薔「やめて……お父様……」

雪「私の美しい姿を写真に収めたい気持ちはわかりますが、無遠慮に撮らないでください」


(ガヤガヤ)

真「境内もすごい人の数だわ……見て、あの賽銭箱への行列」

め「たかだか10円投げ込むのにあれだけ待つとかネズミーランドかよおおお
  うぜえええみんな消え去ればいいのにいいい」ジタバタ

J「お前はいいから落ち着け」

銀「正月早々物騒なことを言う子ねぇ」


◆新年ですから その3◆

チャリーン


「「「「……………」」」」


J(……ま、こんなの何願ったって意味ないよな……形だけ拝んどくか……)

め(……やっぱ家でVIPしとくべきだった……ああ、めんどくせえ……)

銀(……神様、か……いるわけないわよねぇ……)

真(……お賽銭……1円玉と100円玉間違えたわ、最悪……)

雪(……あそこの男性……先ほどから私を見ている……いえ、見とれてるのね……)

薔(……みんなが、元気で一年間過ごせますように……)

槐(……娘たちに悪い虫がつきませんように……)


槐「……うん。みんなちゃんと拝めたね」

一同「はーい」


◆新年ですから その4◆

め「どうする? 出店寄ってく?」

J「急にいつもの調子になったな」

め「テンションって最低ラインを突き抜けると一周して元に戻らない?」

銀「めぐだけでしょ」

真「まぁ、元気になってなによりね」


槐「おーい、みんなー!! こっちでおみくじを引こうよー!!」ニコニコ

薔「お父様……恥ずかしいから大声を出さないで、周りの人が見てる……」

雪(ああ、見られている……私のこの美貌が余すところなく……)ゾクゾク


J「……いるよな、ああいうキャラ」

め「イベントの時だけ異常にテンション高くなるのよね」

銀「しかも大抵同行者には冷たくされて」

真「父親に多いタイプね」


◆新年ですから その5◆

J「なんだかんだでおみくじを引くことになったのだった」

槐「よーし、まずはパパが引いちゃうぞー!!」ニコニコ

J&め&真&銀(いいからさっさと引けよ)

パサリ
槐「ふむ……末吉、だな!」

雪「はっ、末吉なんて微妙なお父様にぴったりですわね」

槐「き、きらきー!!」

薔「末吉……道端で十円拾うとか、きっとその程度……」

槐「ば、ばらしー!!」


槐「…………」

J「え、槐さん、末吉でもあんまり気にしなくてもいいんじゃないですか!」

め「そうよ、凶とかを引くよりずっといいもの!」


槐「……娘たちに話しかけてもらえた……ありがとう、末吉……」ウルウル

J&め&真&銀(……不憫な人だ)


◆新年ですから その6◆

真「次は私ね……よし、これにしましょう」ゴソゴソ

パサリ
真「……凶」

銀「ぷっ、真紅ったら凶引いちゃったの? ダサぁい」

真「くっ……そういう貴女はどうなのかしら? 水銀燈」

銀「今引くから見てなさぁい。私がアンタみたいなヘマするわけがないからねぇ」ゴソゴソ


め「はい、たった今凶を引くフラグ立ちましたー。解説の桜田さん、どうですか?」

J「これはまたわかり易いフラグですね」


パサリ
銀「……凶」

真「ぷっ、水銀燈こそ人のこと言えないじゃない。ダサダサなのだわ」

銀「くっ……」


め「はい、たった今フラグ回収されましたー。解説の桜田さん、どうですか?」

J「見事な回収ですね、今年も彼女には期待できそうです」


◆新年ですから その7◆

薔「じゃあ次、ばらしー、いっきまーす……」ゴソゴソ

真&銀(凶引け、凶)

パサリ
薔「わお……見てみて、大吉だよ」

真&銀(なん……だと……)

め「おー、やるじゃん」

J「本当だ。すごいな」

雪「きっといいことがありますわ、ばらしー」

薔「いいこと……じゃあ、JUMがちゅーしてくれたりして……///」

J「それはない」

槐「むしろパパが許さん」

薔「じゃあじゃあ、このシリーズがJUMと私の壮大なラブストーリーに……///」

J「それもない」

槐「ぜったいにパパが許さん」

薔「……大吉のばかやろう」


◆新年ですから その8◆

雪「さあJUM様、お次をどうぞ」

J「あれ? きらきーはいいのか?」

雪「私はこういった類のものを信用しておりませんので」

J「へえ……じゃあ、遠慮なく」ゴソゴソ

め「何が出るかな、何が出るかな」

真&銀(凶引け、凶)

パサリ
J「なんだ、ただの吉だってさ」

真&銀(ちくしょう……)

め「……ふつうね。コメントしづらいわ」

薔「凡庸……」

雪「でもまあ、JUM様なら妥当かと」

J「……なんか僕への扱い悪くね?」

槐「…………フッ」

J「なんですかそのシンパシーを感じてますって目は」


◆新年ですから その9◆

め「よっしゃ、トリは私が行くわよ!!」

真&銀(凶引け、凶)

め「よし、君に決めた! とりゃあ!」

パサリ

め「…………大凶」

真&銀(いやっほううううううう)

槐「……ま、まあただのおみくじさ! おみくじ!!」

J「そ、そうそう、気にするなって!!」

め「……ねえ、桜田くん……私ね、こう思うの」

J「な、なにかな?」

め「私が大凶を引くことで、他の誰か一人は大凶を引かなくて済む。それってとてもステキじゃない?」グシャリ

J「……あ、ああ、そうだな! その通りだ!」


薔「その割にすごく悔しそう……」

雪「おみくじの紙を握りつぶしてしまいましたわね」



◆新年ですから その10◆

め「ふぃー、やっとエンジュ荘に帰ってきたぁ」

J「疲れた疲れた」

雪「はぐはぐ、むしゃむしゃ」

銀「いつまで食べてんのよぉ」

真「出店を次々と潰していくきらきーは恐怖だったわね……」

槐「HAHAHA、パパの財布はすっからかんだよ」

薔「でも、これでも抑えてるほう……きらきーにしては……」

J「本気出したらどうなるんだ?」

薔「まず……日本中でお米が不足する……」

J「なんと」

薔「そして……アメリカ、中国、オーストラリアの畑が全滅して……最終的には地球規模で食糧難が……」

J「KOEEEEEEEE」ガクガクブルブル


薔「まあ、うそなんだけどね……」

J「うん、まあ分かってた」

|